NEXT mobileは、多くの方が利用しているポケットWi-Fiサービスです。

先に結論を言うと、

  • 月額費用安く最新のルーターを無料で利用できる
  • 通信が安定していて動画を見る場合に向いている

ということが言えます。 ただ、実際に利用するにあたってはメリットだけでなくデメリットも認識しておく必要があります。

では、NEXT mobileとは一体どのようなサービスなのでしょうか?

ここでは、NEXT mobileについて詳しく解説します。

1.NEXT mobileとは?

NEXT mobileは、 株式会社 グッド・ラックという会社が運営しているモバイルWi-Fiサービスです。

モバレコエアーやどんなときもWi-Fiなどのサービスを展開しており、とても注目を集めている会社です。

株式会社オールコネクトという会社の子会社であって、「スマホEC事業」、「オウンドサービス事業」、「ライフイノベーション事業」の3つの事業を展開しているのが特徴です。

この「スマホEC事業」の一環として、NEXT mobileが存在しているのです

モバレコエアーやどんなときもWi-Fiのノウハウを活かして、質の高いサービスを提供しているのが特徴です。

1-1.回線はSoftBankを使用

NEXT mobileは、利用回線としてソフトバンクを選択しています。

とてもつながりやすく、全国の広いエリアで利用可能なソフトバンク回線というのは魅力的です。

また、SoftBank 4GLTEプラチナバンドエリアの安定した高速通信も可能で、家の中でも外でも好きなところで好きなタイミングで快適なWi-Fiが利用できるのです。

1-2.提供エリアは?

NEXT mobileは、東京、大阪、札幌などの全国の主要都市で人口カバー率が99%以上という高い数値をマークしています。

よって、出張の際もレジャーなどで出かける際にも良き相棒として活躍します。

ソフトバンクの回線を利用しているので、安心、安定のつながりやすさも確保しているのが特徴です。

他にも、利用希望の方が全員満足してもらうために、順次提供エリアを拡大しているという点も評価できます。

具体的な提供エリアについて見ていきましょう。

画像提供元:Softbank

東京都内はほぼすべてのエリアをカバーしていますね。

海上についてもしっかりとカバーしており、使用する場所を気にすることなく利用可能です。

画像提供元:Softbank

北海道では、札幌周辺のカバー率が高いことがわかります。

山間部は流石に圏外となってしまいますが、居住地のフォロー率が高く普段使いするに苦労しません

特に、電車の路線や幹線道路沿いのカバー率は特筆すべきものがあります。

画像提供元:Softbank

仙台を中心とした東北エリアも、山沿い以外の平地ではカバー率が高いのが特徴です。

山間部にある温泉街もカバーしているのが魅力的ですね

画像提供元:Softbank

新潟エリアは平地な場所が多いこともあって、カバー率の高さがあります

また、佐渡沖の海沿いもカバーしているのが特徴となっています。

画像提供元:Softbank

東海地区は、名古屋エリアでは山沿いを除けばほぼすべてのエリアをカバーしています。

画像提供元:Softbank

関西エリアも、山間部を除けばすべてカバーしています。

特に、兵庫県のカバー率が高いことが特筆すべき特徴となっています。

画像提供元:Softbank

九州の博多周辺も高いカバー率となっています。

海沿いもしっかりと繋がるという点も魅力的です。

以上のように、全国で広くカバーできるNEXT mobileはとても使い勝手の良いモバイルWi-Fiであると言えます。

1-3.回線スピードは?

モバイルWi-Fiを使用する上で、気になるのが速度です。

いくら繋がりやすくても、速度が遅いと使用している中でイライラするものです。

NEXT mobileの速度は、ベストエフォート方式で表現されています。

ベストエフォートとは、その場の状況や状態によって提供される通信速度や品質などの性能が変化するようなサービス形態のことを指します

速度の保証やコントロールを通常は行わないので、回線の混雑などで通信速度が遅くなってしまうことがあります

もし通信速度のコントロールを行うとなった場合、1回線ごとに管理が必要となるので内部機器の動作が複雑になり高コスト化する傾向があります。

コントロールを排除して、管理を単純化することでコストを下げてインターネット接続サービスや利用料金においてベストを尽くしてるのですが、同時接続ユーザー数が多い場合は速度の保証はしていません

よって、ベストエフォート方式で表示されている数値は、あくまでも理論値でありその速度が出ることはまずありえません

NEXT mobileは、下り150Mbps、上り50Mbpsという速度となっています

ただ、実測では下りで21Mbps程度、上りは10Mbps程度となります。 他のポケットWi-Fiサービスと比較した独自の調査結果がこちらです。(SNSなどでユーザーの速度を平均化したものになります)

ポケットWi-Fiサービス 実測平均速度
NEXT mobile 下り平均:21Mbps 上り平均:10Mbps
Y!mobileのPocketWiFi 下り平均: 25Mbps 上り平均: 4Mbps
BroadWIMAX 下り平均: 29Mbps 上り平均: 4Mbps
GMOとくとくWIMAX 下り平均:30.17Mbps 上り平均: 3.69Mbps
どんなときもWi-Fi 下り平均: 23Mbps 上り平均: 12Mbps

使用している回線などが異なるわけですが、他社と比較すると少し遅いイメージがあります

これは、デフォルトの速度が下り150Mbpsと決して高いわけではないという理由があります。

それでも、上りの速さは魅力的で、You Tubeなどに頻繁に動画をアップロードする方などには向いたサービスと言えます

2.next mobileの料金を他社と比較!

NEXT mobileは、使い放題プランの月額だけ見ると他社と比較するとリーズナブルな設定となっています。

2年間3,100円,3年以降3,600円となっていて、特に1年目の費用はどこよりもwifiに匹敵する価格となっています。

各社との料金比較は、以下のようになっています。

サービス名 端末名 通信速度 Wi-Fi規格 初期費用 月額料金
縛りなしWi-Fi 801ZT 下り最大67Mbps(ケーブル接続時最大112.5Mbps IEEE 802.11b/g/n(2.4GHz) 1,000円 無制限2,800円 WiMAX2,800円
どこよりもwifi U2s 最大下り150Mbps,上り最大50Mbps IEEE802.11b/g/n 3,000円 永年2,980円(2年自動更新契約)
ギガゴリ wifi FS030W 最大下り150Mbps,上り最大50Mbps IEEE 802.11 a/b/g/n/ac 3,000円 1年目3,050円,2年目以降3,500円
NEXT mobile FS030W 最大下り150Mbps,上り最大50Mbps IEEE 802.11 a/b/g/n/ac 3,000円 2年間3,100円,3年以降3,600円
どんなときもwifi D1(U2s) 最大下り150Mbps,上り最大50Mbps IEEE802.11b/g/n 3,000円 2年間3,480円,3年以降3,980円
mugenwifi U2s 最大下り150Mbps,上り最大50Mbps IEEE802.11b/g/n 3,000円 永年3,280円
Chat WiFi U2s 最大下り150Mbps,上り最大50Mbps IEEE802.11b/g/n 8,480円 3,380円
よくばりWi-Fi U2s 最大下り150Mbps,上り最大50Mbps IEEE802.11b/g/n 3,800円 3,450円
STAR WiFi G3000 最大下り150Mbps,上り? IEEE802.11 b/g/n 2.4GHz 3,980円 3,480円
めっちゃWi-Fi U2s 最大下り150Mbps,上り最大50Mbps IEEE802.11b/g/n 3,000円 3,480円
限界突破Wi-Fi jetfon P6 最大下り150Mbps,上り最大50Mbps IEEE 802.11 b/g/n 0円 3,500円
FUJI Wi-Fi GlocalMe G3 最大下り150Mbps,上り最大50Mbps IEEE802.11 b/g/n 3,000円 3,980円

使い放題プランの場合は、支払い方法はクレジットカードのみとなる点には注意が必要です。

口座振替したい場合はフラットプランで利用可能ですが、但し口座振替の場合は口座振替手数料200円が毎月発生します。

他にも、使い放題プランの新規受付は終了しており、受付再開の予定は未定となっているのが惜しまれます

ただ、30GBあれば外出先で使用するレベルであれば全く問題なく使用できるレベルとなっています。

3.NEXT mobileのメリットは?

NEXT mobileは、利用者にとって助かるメリットが多くあります。

具体的には、次のようなメリットがあります。

3-1.キャンペーンで端末代金が無料になる

画像提供元:NEXT mobile

NEXT mobileを利用するには、ルーターを使用する必要があります

ルーターも決して安いものではなく、中には5万円以上もする高価なものが存在しています。

通常、ポケットWi-Fiではレンタルするスタイルで月額にレンタル料が上乗せされる事が多いです。

結構負担になってしまうことが多いのですが、NEXT mobileでは最新端末を含むすべての端末を無料でプレゼントされるキャンペーンが行われています

端末代金が初期費用や月額料金に上乗せされることがないために、お得にWi-Fiをご利用開始することが可能です。

お支払い方法がクレジットカードの場合は新品端末、口座振替の場合は中古端末をプレゼントされるので、新品が欲しい方はクレジットカード支払いを選択しましょう

機種については、モバイルタイプはFS030W、ホームタイプはHT110LNとHT100LNが提供されています。

FS030WはWi-Fi利用時最大20時間、Bluetooth利用時は最大24時間の長時間バッテリーを採用した機種です。

外出先でも安心して長時間利用することが可能で、更に厚さ約17.3mm、重さ約128gなので持ち運びも簡単となっています。

APNが自動設定で利用でき、パスワードレスでアクセスできるので手間のかかる設定は不要です。

手元に届いてからすぐに利用できるのが最高です。

オプションのクレードルを使うことで、LANケーブルを繋がらなければならなかったデス クトップパソコンなどWi-Fi非対応機器との接続も可能です。

+F 設定ツールで設定も簡単で、使い勝手の良さが魅力的です。

このように、便利な最新ルーターを無料で利用できるという点が評価できます。

3-2.通信速度が安定している

最高速度については、他のポケットWi-Fiルーターと比較すると早くないのですが、速度が安定しているという点が評価できます。

通常、動画を視聴する上では10Mbps程度の速度が必要と言われていますが、NEXT mobileは安定して10Mbps以上の速度をマークしています。

競合するWiMAXと比較しても、カバー率が高いこともあって幅広い場所で快適に動画を楽しみたいならNEXT mobileがおすすめです。

また、安定感があるというのが嬉しく、途切れにくく長時間の動画もストレスなく視聴することができます。

3-3.直近3日のデータ通信量に制限がない

画像提供元:next mobile

NEXT mobileでは、速度制限が発生しないというメリットがあります。

他のポケットWi-Fiでは直近3日のデータ通信量で制限がかかるなどの場合がありますが、それが一切ありません

週末に集中的に映画を見たいといった使い方でも安心して利用可能です。

20GB/30GBプランの場合でも、月間容量を超えない限りは通信制限が発生することはありません

使い放題プランの場合でも、基本は通信制限が起こることはありません。

但し、 著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信や違法性があると判断した場合は、概ね128kbpsに速度制限が行われることがある点だけには注意が必要です。

3-4.契約期間は2年間と短い

NEXT mobileは、契約期間が2年で利用することができます

他のポケットWi-Fiでは3年間という契約期間のところが増えている中で、とてもありがたい存在となっています

3年間使用していると、ルーターのバッテリーの消耗が激しかったり最新端末と比べてルーターのスペックが大きく見劣ってしまうことがあります

その点、2年間の契約期間であれば機種変更のほか他社への乗り換えや解約も検討することが可能です。

3-4.いつでも解約サポートが便利

画像提供元:NEXT mobile

NEXT mobileでは、利用していて思うような速度が出ないなどの理由で、他社に乗り換えたい場合はいつでも解約サポートを使えば解約違約金が0円となります。

next mobileが違約金を負担して、紹介する他のインターネット回線へ乗換えが可能となります

申込み前に通信速度や使い心地などの不明点をまずは気軽に問い合わせて、乗り換え可否を判断できます。

いつでも解約サポートは、どのタイミングでも気軽に利用することができます

もし引っ越しや生活スタイルの変化などによってネット環境が変わる場合も適用可能で、環境に合わせて最適なものを紹介してくれるのも魅力的です。

3-5.ホームタイプのルーターもある

NEXT mobileでは、モバイルルーターだけでなくホームタイプのルーターが利用可能です。

デザインがおしゃれだからインテリアに馴染むので、違和感なく利用することができます

引っ越しの時も、簡単な手続きとルーターの持ち運ぶだけという手軽さがあります

HT100LNは、ホームタイプのルーターとしてはコンパクトであって、更に電波状況や節約状況をランプの色でチェックできるので離れていてもわかるメリットがあります。

使用するシーンに応じて、お好きなルーターを選べる点が魅力的です。

3-6.電話サポートが手厚い

NEXT mobileの場合、電話サポートを行っていますが、10:00~20:00と幅広い時間に対応しています

通常は、夕方までしか利用できずに仕事から帰った後では電話できないということがあります

その点で、NEXT mobileはサポート体制が充実しており、しかも年中無休というのが嬉しいですね

4.next mobileのデメリットは?

魅力的なサービスを提供しているnext mobileですが、デメリットも少なからず存在しています。

主なデメリットは以下のようなものがあります。

4-1.解約手数料が高額

NEXT mobileは、契約期間が2年と短いのですが、解約手数料が高めに設定されています

画像提供元:NEXT mobile

違約金についてより詳しく解説すると、初回の契約期間は26ヶ月となります

26ヶ月以内のご解約については契約解除料として最大29,500円が必要です。

27ヶ月目以降は、24ヶ月毎の自動更新となって契約期間中に解約した場合は契約解除料として9,500円が請求されます。

2年以内に解約するととても高い違約金が発生しますので、その点だけには注意が必要です。

いつでも解約サポートもあるのですが、あくまでもNEXT mobileが紹介するサービスへの乗り換え時のみに適用されるので、実質的に手数料がかかることが多いです。

4-2.口座振替の申し込みは審査が必要

利用料金の支払として、NEXT mobileではクレジットカードと口座振替が利用できます。

クレジットカードは使いすぎが怖いので、なるべく口座振替を利用したいという方が多くいますが、NEXT mobileの場合は口座振替を利用する場合は審査を受ける必要があります

審査状況によっては、保証金として5,000 円/台が請求される場合もあります

請求された保証金は、契約に至った場合は返却されますが大きな負担になるのは間違いありません

また、口座振替の場合は毎月200円の手数料がかかりますし、ルーターの無料提供も中古品となるので可能な限りクレジットカード払いを利用したいところです。

4-3.無制限プランの受付が停止している

NEXT mobileでは、かつてはギガ放題プランがあったのですが、2020年現在では新規申し込みが停止されています

他プランでは30GBまで利用できるので、モバイルで利用する場合には影響がありません。

ただ、自宅でも使用する場合は利用料が問題となり上限に達してしまう可能性があります。

4-4.ルーターの選択肢が少ない

他のポケットWi-Fiを提供している会社の場合、使用するルーターが自分で選択できる場合が多いです

バッテリーの持ちを重視したい、速度を重視したいなどの観点で選べるのですが、NEXT mobileではモバイルルーターは1つしか選択できないのです

もちろん、最新機種で高機能ではあるのですがより自分のニーズにマッチしたルーターを選びたいという方には、NEXT mobileは向きません

5.NEXT mobileのリアルな口コミや評判を紹介!

NEXT mobileの特徴が理解できたところで、実際に利用されている方がどのような感想を抱いているかが気になるところです。

良い評判もあれば、悪い評判もあるのは事実ですが、ここではリアルな口コミを紹介していきます。

5-1.良い口コミ

NEXT mobileの良い口コミとしては、つながりやすさがあります。

この口コミのように、他社でいまいち納得行かないという方でも、NEXT mobileであれば安定して通信できると評価しています。

速度も重要ですが、つながりやすさも重視したいところですよね。

この口コミでは、通信速度も納得されています

動画視聴に向いたサービスであると言えますね

NEXT mobileでは、のりかえサポートがあるので、もし繋がりにくくても他社に気軽に乗り換えることができます

基本、グループ会社が運営しているサービスへの乗り換えとなりますが、このような選択肢があるだけでもありがたいです。

ホームルーターが用意されていますが、ソフトバンクプラチナバンド対応なので高速通信が可能です

但し、ギガ放題プラン以外の方は使いすぎには注意しましょう。

5-2.悪い口コミ

NEXT mobileの良くない口コミとしては、対応に関するものがあります

グッドラック社は他にも多くのポケットWi-Fiサービスを提供していますが、解約時には他社を勧めるなどの多少強引な勧誘もあり注意が必要です。

他では、無制限プランが無くなったことを嘆く口コミが多く見られます

現状で契約できている方はラッキーで、これから契約したい方は再開を願うしかありません

6.NEXT mobileはこんな人におすすめ

NEXT mobileは、モバイル用途でなるべく安く利用したいという方に向いたサービスです。

20GB、30GBから選択可能で、利用状況に応じてよりお得な方を選択することができるのが魅力的です。

また、機種レンタル料がかからず、最新機種を無料で利用できる点も評価できます。

他にも、最高速度よりも安定した通信を行いたい方に向いたサービスです。

特に、動画を途切れることなく視聴したい場合は、NEXT mobileは有力な選択肢の一つとなるでしょう。

7.絶対に失敗しないポケットWi-Fi選び

ポケットWi-Fiは、無制限の契約も多く、使い方を気にしなくてもいいのですごくメリットに聞こえます。

ただ、目安はないが使いすぎると制限がかかり384Kbpsまで、速度が落ちてしまいます。

実質無制限と言った方が適切でもあり、目安がないので実際に使ってみて制限かかってしまうと契約をした意味がなくなります。

今回の無制限のポケットWi-Fiの他に、同じく実質無制限のWi-Fiがあります。

それが「WiMAX」です。 WiMAXの特徴として、

  • ポケットWi-Fiより全然速い。
  • 制限速度がかかった場合は、1Mbpsまで落ちる。
  • 3日で10GBまで使える

そこで、あなたの使い方によって、無制限のポケットWi-Fiが本当に必要なのか?

を判断する必要があります。

①インターネットの使い方を把握する

人によって、インターネットの使い方は様々です。

ポケットWi-Fiを使うのか?

WiMAXを使うのかはあなたが使うインターネットの使い方で決めましょう。

3日で10GBを超えないなら「WiMAX」を契約した方が速度が速いのでおすすめで、それ以上超えそうなら、無制限の「ポケットWi-Fi」がおすすめとシンプルです。

下記は、7GB利用した場合の使い方です。

あなたが普段どのくらい使ってるのかを把握しましょう。

内容 画質 データ量 再生数
YouTube (5分間)
超高画質 約113MB 約60回(約7時間)
高画質(HD) 約60MB
約110回(約13時間)
標準画質(SD) 約17.5MB
約400回(約47時間)
低画質 約10MB
約700回(約83時間)
内容 1GBで利用できる目安
ブログやホームページの閲覧 約40,000回
メール送受信 約12,000通以上
LINEの通話時間 音声通話:約280時間前後 ビデオ通話:約21時間

*あくまで目安です。閲覧するサイトやメールの容量(添付ファイル)などにより前後します。

ちなみに、オンラインゲームはあまり容量を実は使わないです。

ゲームによって前後しますが、1時間で大体30-50MBくらいです。

1GBの容量を使うとしたら約25時間前後になります。

②ポケットWi-FiかWiMAXの契約先を選ぶ

ここまでで、自分の使い方(容量)を把握したらあとは「WiMAX」で契約するのか?

ポケットWi-Fiで契約するのか?の判断になります。

使い方でどちらを使うか判断できますが、毎月お支払いするものになりますので料金を紹介します。

回線 ポケットWi-Fi WiMAX
容量 10GB〜無制限 3日で10GBまで
料金 3,000円〜3,980円 3,500円〜4,300円
速度 最大下り速度 150Mbps〜50Mbps 最大下り速度 1.2Gbps〜440Mbps
提供エリア 全国(一部地方を除く) 全国(一部地方を除く)

*WiMAXの提供エリアの確認はこちら
*無制限Wi-Fiの提供エリアは携帯の電波と同一になりますのでWiMAXより広い範囲になります。
*最大速度は、契約する端末によります。

実際に料金の差額もそこまでなく、使い方と料金でどちらを契約するか判断しましょう。

「WiMAX」がおすすめな人は

  • 速度がなるべく速い方がいい
  • オンラインゲームなど多種多様な使い方をしたい人

「無制限Wi-Fi」がおすすめな人は、

  • 容量を気にしないで使いたい人。
  • 少しでも安い方がいい

あなたの使い方を認識して契約すると失敗しないでポケットWi-Fiを使うことができます。

失敗しないWiMAXのプロバイダ選び

WiMAXはプロバイダで月額料金・キャンペーンなどが違います。

「結論、プロバイダでWiMAX契約すればお得なのか?」

「どこのプロバイダが速度が早いのか?」

「比較してもよくわからない」

そういった、迷ってる人向けにおすすめのプロバイダを詳しく解説します。

当研究所は、WiMAXを10年間販売してきた経験があります。

ここでは、絶対に失敗しないWiMAXのプロバイダ選びをご紹介していきます。

WiMAXが2020年3月で終了
WiMAXは2020年4月から完全に「WiMAX2+」に移行しました。
それによって、月額料金や最大速度が旧WiMAXと違います。
これから紹介するのは、WiMAX2+の選び方になりますのでしっかり使えるWiMAXの案内になりますのでご安心ください。
①端末で選ぶ

WiMAXのプロバイダ選びは、「端末」が最新端末で提供されているプロバイダを選びます。

理由として、WiMAXはプロバイダで速度が変わりません。速度は「端末」で変わるからです。

プロバイダで月額料金の差はありますが、倍違うということはもちろんありません。

ただ、「端末」が最新端末でないと「実際の速度」に関して何倍も差が出てきます。

毎月、月額料金を支払って全く使いものにならないのであれば意味がありません。

次に、2020年最新端末を紹介します。

製品名 Speed Wi-Fi NEXT WX06 Speed Wi-Fi NEXT W06
製造元 NECプラットフォームズ株式会社 ファーウェイ・ジャパン株式会社
対応ネットワーク WiMAX2+、au 4G LTE WiMAX2+、au 4G LTE
下り最大速度 440Mbps 1.2Gbps(440Mbps)*1
上り最大速度 75Mbps 75Mbps

*1 <東京都、埼玉県、愛知県、大阪府>の一部エリアとなります。
また有線接続で、
USB3.0以上対応のType-Cケーブル(別売)が必要です。
ハイスピードプラスエリアモードでの利用に限られます。

「W06」と「WX06」が2020年の最新端末になり、どちらもおすすめです。

理由は、一見W06の方が最大速度が2倍以上違うように見えます。

「W06」の最大1.2Gbpsで使う場合、場所が限定されるのと有線接続を考えたときにそれはWiMAXじゃなくていいですし、さらにハイスピードプラスエリアモードは月間7GBまでしか使えません。 万が一、7GB超えた場合は速度制限が1ヶ月かかりますので少しデメリットにもなるからです、

ハイスピードプラスエリアモードとは?
WiMAXは「WiMAX+2」回線を利用していますが、これに「au 4G LTE」回線を加えたものがハイスピードプラスエリアモードになります。
このモードの方が通信速度が速く、通信エリアも広いです。
しかし、このモードでは月に7GB以上使うと通信速度が128kbpsまで落ちてしまいます。
一度この制限がかかると翌月まで戻りません。

色々なサイトで「W06」を押してますが、「WX06」も通常の使い方をするなら「W06」と速度や性能はそこまで変わりません。

「WX06」は電波を場所に合わせて飛び方を変えてくれるので「W06」より安定して繋がります。

簡単にいうなら、「W06」は限定的に速度に特化した端末で、「WX06」は広範囲で使う際におすすめの最新機種になりますのでお好きな方で選びましょう。

②料金で選ぶ

次に、最新機種「W06」と「WX06」が対応したWiMAXプロバイダの料金を比較しました。

初期費用 3年間の月額料金 端末料金 キャッシュバック 3年間トータル料金
JP WiMAX 現在新規受付停止中 3,000円 131,100円 0円 amazonギフト10,000円 124.100円
GMOとくとくBB 3,000円 152,160円 0円 27,000円 128,060円
DTI WiMAX 3,000円 126,670円 0円 なし 129,670円
BroadWiMAX 3,000円 128,626円 0円(条件あり) なし 131,626円(条件あり)
カシモWiMAX 3,000円 130,368円 0円 なし 133,368円
Tikiモバイル WiMAX 0円 143,640 0円 なし 143,640円
hi-ho 3,000円 144,960円 0円 なし 147,960円
BIGLOBE 3,000円 136,300円 19,200円 7,000円 151,500円
UQWiMAX 3,000円 139,680円 15,000円 なし 157,680円
@nifty 3,000円 150,890円 20,000円 なし 174,652円

*全プロバイダWIMAX2+のギガ放題での料金計算になります。
*ギガ放題とは「通信量無制限の使い放題」+「au 4G LTEハイスピードエリアモード」が併用できるサービスです。(3日で10GBの制限はあります)

この中で、キャッシュバックが多い「GMOとくとくBB」がトータル料金が最安値になりますが、少し落とし穴があるのでおすすめはしません。

GMOとくとくBBをおすすめしない理由
GMOとくとくBBのキャッシュバックは34,800円と飛び抜けています。
圧倒的なキャッシュバック金額なのですが、貰えるのは契約してから実は12ヶ月後になります。
しかも手続き方法も相当面倒で、 11ヶ月後にGMO専用メールアドレスに届くキャッシュバック特典メールを翌月までに返信する必要があります。
これを忘れるとキャッシュバックを受け取れないというリスクがあります。

キャッシュバックの手続きが必要なく、月額料金が最安値のDTI WiMAX」がおすすめです。

WiMAXのキャッシュバックは条件があるので、月額料金が一番安いプロバイダを選ぶのが賢い選び方になります。

WiMAXのプロバイダの多くは4年目以降料金が上がることが多いですが、「DTI WiMAX」は料金変わらないのでそのまま最安値で使えます。

③3年間の月額料金が最安値「DTI WiMAX2+」

提供元:DTI WiMAX公式

月額料金 3,760円
1ヶ月〜2ヶ月目 0円
3ヶ月目 2,590円
事務手数料 3,000円
端末代金 0円
LTEオプション月額料金 0円

「DTI WiMAX2+」で契約すれば以下のようなメリットとデメリットがあります。

おすすめといってもメリットだけではないのでデメリットを把握して選びましょう。

「DTI WiMAX2+」のメリット
  • 月額料金がどこよりも安い。
  • 最新端末の「W06」と「WX06」が無料。
  • ○ヶ月無料のキャンペーンを行っている。
    「DTI WiMAX2+」のデメリット
    ・キャッシュバックがない。
    ・キャッシュバック含めた、トータル料金だと「GMOとくとくBB」に若干劣る。

    DTI WiMAX2+」は、キャッシュバックがありません。

    GMOとくとくBB」のキャッシュバックを受け取れる方や、キャッシュバックが欲しい方は「GMOとくとくBB」をおすすめします。

    ただ、「DTI WiMAX2+」は「GMOとくとくBB」のようなキャッシュバックが無い代わりに、どのプロバイダよりも月額料金が安いです。

    2020年5月現在では最初の2ヶ月が無料となるキャンペーンを行っており、3ヶ月目は2,590円で、4ヶ月目~3,760円と月額料金としては最安値になってます 。

    また、キャッシュバックを受け取る必要がないので、手続きし忘れるといったことがありません。

    GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取り忘れて、結果高額になってしまう可能性を考えると、おすすめです。

    最新端末「W06」と「WX06」の端末料金も無料なので、お得に利用ができます。 「DTI WiMAX2+」公式窓口はこちら

    失敗しないポケットWi-Fiの選び方

    ポケットWi-FiもWiMAX同様に契約先で「料金」と「端末」が違います。

    ただ、そこまで大きく差が出るわけでありません。

    各社で提供してる端末の最大速度が150Mbpsになっているのが理由です。

    その中でも、端末によって特徴や使い方によっておすすめの端末は違ってきます。

    ①ポケットWi-Fiの端末を選ぶ

    ポケットWi-Fiの最新端末でおすすめの2機種を紹介します。 これは、大手のポケットWi-Fiで提供してる端末のこともあり、スペックもポケットWi-Fiの中でおすすめの端末です。

    製品名 GlocalMe U2s FS030W
    通信規格 IEEE802.11b/g/n IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
    下り最大速度 150Mbps 150Mbps
    上り最大速度 75Mbps 75Mbps
    連続通信時間 約12時間 20時間(Bluetooth通信24時間)
    端末サイズ 約127×65.7×14.2mm 74.0 × 74.0 × 17.3mm
    重さ 約151g 約128g
    同時接続 5台 15台

    どちらも最大速度は150Mbpsで変わらないですが、通信時間に「FS030W」に軍牌は上がります。

    そして、本当に端末で速度が変わらないのかも調べてました。

    「GlocalMe U2S」の時間帯別の平均速度情報(直近3ヶ月)
    時間帯 Ping 下り 上り
    55.36ms 27.52Mbps 16.36Mbps
    39.5ms 7.46Mbps 8.63Mbps
    夕方 51.49ms 22.84Mbps 17.83Mbps
    58.55ms 23.37Mbps 11.61Mbps
    深夜 74.85ms 19.11Mbps 6.94Mbps
    「FS030W」の時間帯別の平均速度情報(直近3ヶ月)
    時間帯 Ping 下り 上り
    131.57ms 27.14Mbps 14.13Mbps
    139.88ms 24.2Mbps 9.72Mbps
    夕方 130.28ms 22.71Mbps 11.92Mbps
    117.71ms 22.48Mbps 11.8Mbps
    深夜 120.74ms 19.79Mbps 10.97Mbps

    提供元:みんなのネット回線速度

    下りや上りの実測は差ほど変わりませんでしたが、顕著に差が出たのは「Ping値」です。

    GlocalMe U2s」の方が「Ping値」は優秀なので、オンラインゲームやLINE通話の品質が安定します。

    Ping値とは?
    Ping値は、応答時間の早さを表してます。 最大速度と違い数字が低いほど、早い数値になります。
    Ping値が高い(遅い)とオンラインゲームやLINE通話で向こうからの応答が遅くなり「ラグ」が発生します。
    相手がいるインターネットのやり取りに関して快適に使えるかどうかを判別できる数値です。

    FS030W」の通信時間20時間はメリットに聞こえますが、20時間も外で使うことはあまりないのかなと考えます。

    通信時間は、充電すればユーザーで解決できます。

    逆に、通信速度はユーザーで改善することはできません。

    結果、「ping値」含め通信速度が安定している「GlocalMe U2s」がおすすめです。

    2.料金で選ぶ

    あとは、「GlocalMe U2s」を提供している会社と契約するだけになります。

    ここでは、しっかり無制限で使えるポケットWi-Fiのキャリアを比較した料金を紹介します。

    2年間の月額料金 初期費用 端末
    ギガWi-Fi 78,000円 3,000円 GlocalMe U2s
    ポケットモバイルcloud 78,000円 3,000円 GlocalMe U2s
    Mugen wifi 新規受付停止中 78,720円 3,000円 GlocalMe U2s
    どこよりもWi-Fi 81,120円 3,000円 GlocalMe U2s
    よくばりWi-Fi 82,800円 3,000円 GlocalMe U2s
    どんなときもwifi 83,520円 3,000円 GlocalMe U2s

    *2020年4月「Mugen WiFi」は、在庫不足で新規受付を停止しています。

    結論、無制限Wi-Fiを使う場合のおすすめは「ギガWi-Fi」になります。

    理由は、ソフトバンク・ドコモ・auの電波対応の「トリプルキャリア」だからです。

    トリプルキャリア」は、ソフトバンク・ドコモ・auの繋がりやすい電波で場所に合わせて適切なWi-Fiが利用できます。

    トリプルキャリアは、本来決まったキャリアの電波しか使えないものが全て対応できるので、通信障害があった場合なども柔軟に対応して接続することができます。

    ③無制限のポケットWi-Fi「ギガWi-Fi」

    提供元:ギガWi-Fi公式

    月額料金 3,250円
    事務手数料 3,000円
    端末代金 0円
    契約期間 2年
    違約金 0〜24ヶ月目 18,000円 26ヶ月目以降 9,500円 更新月(25ヶ月目) 0円

    ギガWi-Fiは、無制限のポケットWi-Fi業界では最安値の金額になっており、速度の評判も良くポケットWi-Fiを始めるなら「ギガWi-Fi」をおすすめします。

    同じ端末の「どんなときもWi-Fi」と速度が違ってる様子が伺えます。

    GlocalMe U2s」で最安値は「ギガWi-Fi」「ポケットモバイルcloud」の2社ですが、速度の評判もいいのが「ギガWi-Fi」 2年以内の解約につきましては、違約金が高いのであなたが毎月支払ってもいい料金なのかしっかり考えてみてください。 「ギガWi-Fi」公式窓口はこちら

    コロナ蔓延で、在宅ワークが急増→申込殺到→キャリアで在庫がなくなる状況が発生しています。
    今回紹介した、ギガWi-Fi以外も遜色ないポケットWi-FiなのでギガWi-Fiが申し込めない場合はチェックしてみてください。
    ・ポケットモバイルcloud公式サイト:https://pocket-m.jp/
    ・どこよりもWi-Fi公式サイト:https://wifi.dokoyorimo.com/

      8.NEXT mobileの契約前に知っておきたい基礎知識

      NEXT mobileの基礎情報が把握できたところで、契約する前により詳しく知っておくべき点があります。

      ここでは、NEXT mobileを契約する上で必要となる知識を紹介します。

      8-1.セキュリティ対応は?

      画像提供元:NEXT mobile

      安全に利用するために、セキュリティ対策が行われているかが気になるところです。

      NEXT mobileでは、PC、Android端末の高機能セキュリティソフトであるKINGSOFT Internet Securityを提供しています。

      第三者機関が行う性能テストにおいて数多くの認証や受賞を受けていて、世界で1億人以上のユーザーが利用している高機能セキュリティソフトとなります。

      パソコンに侵入するウイルスを監視して、万が一ウイルスが侵入した場合でも感染する前に駆除することが可能です。

      また、使いやすいインターフェースで、初心者の方でも簡単にセキュリティ対策ができるので安心感があります。

      My NEXTサポートというオプションで利用でき、他にもパソコン関連のお困りごと徹底サポートサービス、ビジネスユースにも使えるセキュリティ万全のメールサービスも同時に利用できます。 月額907円で利用できるので、選択肢に入れたいオプションの一つです。

      8-2.いつから利用できる?

      画像提供元:NEXT mobile

      契約して、すぐにでも利用したいという方が多くいますよね。

      特に、引っ越しなどで新生活で使用する場合は、すぐにでも利用できるという点で選ぶという方も多いです。

      NEXT mobileでは、契約してから即日発送なので最短翌日からモバイルWi-Fiルーターを利用可能です。

      また、送料無料で手元に届いてから簡単な設定ですぐに利用可能です。

      もちろん、開通工事なども不要です。

      すぐにでも利用したいという方でも、NEXT mobileは有力な選択肢になります。

      8-3.ルーターが故障した時は?

      NEXT mobileでは、口座振替で契約する場合は中古品が提供されます

      中古品の場合は故障のリスクも多少高くなりますが、端末発送前に動作チェックを行い、動作に問題がないことを確認して提供されます。

      ただ、それでも万が一お届け後に故障や使用に支障をきたす問題が発覚することもあります

      その際は、症状に合わせて対応してもらうことができるので、まずはカスタマーセンターまで連絡しましょう。

      カスタマーセンター
      電話番号:0570-015-154 営業時間: 10:00~20:00 年中無休

      中古端末にはメーカー保証がないために、自然故障時の修理や交換が無料になるオプションサービスの安心サポートへの加入がおすすめです。

      8-4.専用メールアドレスが使用できる?

      通常、ポケットWi-Fiサービスではメールアドレスが提供されることはありません

      ただ、MyNEXTサポートのオプション内容としてNEXTmobileメールが利用可能です。

      スパムフィルタやウィルスフィルタに対応するなど、充実のサービスとなっているのでメールを利用したい方にもおすすめです。

      8-5.月間容量を超えた場合はどうなるの?

      NEXT mobileは新規契約ではギガ放題プランは選べません

      よって、月額容量が付いて回ることになりますが、月間容量を超えた場合は月末まで通信速度が128kbpsでの通信となってしまいます

      通信制限中であっても、SNSやメールなど比較的通信量が少ないサービスはスムーズに利用することは可能です

      8-6.初期契約解除したい場合は?

      NEXT mobileは初期契約解除が可能となっています

      NEXT mobileでは、ルーターを受けとった日から起算して 8 日以内に、事前の電話申告もしくは書面によって初期契約解除の申請ができます 。

      また、商品受取日から8日以内に商品一式を弊社指定住所へ返送して頂く必要があるので注意が必要です。

      もし初期契約解除制度を受付けた場合でも、事務手数料3,000円と端末返却時の送料がかかります。

      他にも、下記のいずれかに該当する場合は機器損害金として端末代15,000円が請求されます。

      • 弊社への端末一式の返送が期日を過ぎていた場合
      • 返送端末に欠品(本体/SIMカード/USBケーブル/保証書/個装箱)がある場合
      • 返送端末が破損・故障していた場合

      8-7.契約プランを変更できる?

      契約中は、プランの変更ができません

      よって、一度解約してプラン変更しなければなりませんので、プラン選びは慎重に行いましょう。

      8-8.申込方法は?

      NEXT mobileへの申し込みは、お申し込みフォームより行います

      画像提供元:NEXT mobile

      申込時には、プランと端末の選択が必要です 。

      また、オプションの要否を選択しますがデフォルトでサポートを付ける設定となっているので注意しましょう。

      お客様情報の入力として、個人情報を入力して支払い方法を選択します。

      下の方に重要事項や契約約款があるので、よく読んでおきましょう

      その後、申請を行ってNEXT mobile側の処理が行われ、早急にルーターなどが発送されて受け取った時点で利用開始できます。

      ただ、口座振替の場合は審査を受ける必要があるので多少時間がかかる傾向があります。

      8-9.解約方法は?

      next mobileを解約する前に、まずは解約手数料がかかること、キャンペーンが適用されなくなる、メールアドレスが利用できなくなるなどの問題を認識する必要があります。

      それぞれの準備を行ってから、実際に解約手続きを行います。

      解約は、専用フォーム経由と専用電話から行うことができます

      NEXTmobile 解約専用フリーダイヤル
      電話番号:0120-020-015 営業時間:11:00 ~ 18:00  月~土( 年末年始は除く )

      解約を申し込んだと同時に、プラン29、プラン38を契約されている方は指定の住所までルーターを返却します。

      システム上の都合で、解約受付は毎月20日(非営業日の場合、翌営業日)までとなっていて、解約月は連絡いただいた当月となっています。

      もし21日以降に申請した場合は、翌月解約となりますので注意してください。

      9.まとめ

      NEXT mobileは、デメリットも少なからず存在していますが、メリットがあってより魅力的なサービスです。

      その、理由として

      • 月額費用がお得
      • 最新機種を無料で利用できる
      • 安定した通信を確保できる

      が挙げられます。

      ご自身のニーズなどを十分加味して、NEXT mobileが適すかどうかを把握して利用することをおすすめします。