NECの「Aterm HT100LN」は、SIMフリーのホームルーターです。

工事や面倒な申し込み等も無く、お手軽に設置できるホームルーターとして一定の評価を得ています。

このAterm HT100LNがどのようなユーザーに向いているのかはご存知でしょうか?

この記事では以下の点を重点的にリサーチしました。

・HT100LNの特徴

・Aterm HT100LNのスペック

・Aterm HT100LNの評判

・Aterm HT100LNをおすすめできる人、できない人

・Aterm HT100LNの流通価格

これらを確認していただき、導入の検討にしていただけると嬉しいです。

それでは細かく解説していきますのでご覧ください。

1.Aterm HT100LNの特徴とは?

2017年8月、国内大手メーカーのNECから「Aterm HT100LN」は発売されました。

HT100LNはいわゆる無線ルーターなのですが、どのような商品かご存知でしょうか?

まずはHT100LNの特徴を把握していきましょう。

1-1.SIMフリーの据え置き型ルーター

HT100LNの大きな特徴の1つが、据え置きタイプのホームルーターなのにSIMフリーという点です。

SIMフリールーターの多くはモバイルルーターなので、珍しいタイプのホームルーターと言えるでしょう。

HT100LNをホームルーターとして使用する場合、もちろん工事不要で簡単に導入できるのがポイントです。

1-2.アプリ or クイック設定Webで簡単設定

how

Aterm HT100LNの設定に関して説明します。

HT100LN本体にはディスプレイが付いていないため、無線を受信する子機側での設定操作になります。

スマホやタブレットとPCではおすすめの設定方法が異なりますので、それぞれの方法をシェアします。

スマホ、タブレットの設定方法

HT100LNの設定は、スマホとタブレッドであれば簡単と言えるでしょう。

1, LTE通信環境で「Aterm らくらく設定アシスト」というアプリをインストールします。

Aterm らくらく設定アシスト 画像元:App Store

2, アプリを開き、トップ画面から「かんたん設定ウィザード」をタップします。   かんたん設定ウィザード

画像元:aterm.jp

3, かんたん設定ウィザードから「パスワード設定」をタップします。 aterm.jp

画像元:aterm.jp

4, 任意の文字列にてパスワード設定をし、保存をタップしてください。 aterm.jp

画像元:aterm.jp

5, パスワードの設定ができたら、Wi-Fi設定をします。

  6, かんたん設定画面の「Wi-Fi設定」をタップします。 aterm.jp

画像元:aterm.jp

7, OKをタップすると、スマホorタブレッドのカメラが起動します。

8, HT100LN本体に添付の「らくらくQRスタート用QRコード」を読み取ります。

9, Wi-Fiの設定内容が表示されますので、「設定適用」をタップします。

10, APN設定をします。

かんたん設定ウィザードのAPN(接続先)設定をタップします。 aterm.jp

画像元:aterm.jp

11, 表示されたAPNリストから契約した通信業者を選択し、「OK」をタップします。 aterm.jp

画像元:aterm.jp

これで設定は完了です。

アプリトップ画面で「インターネット接続確認」をタップして、接続状況の確認をすることもできます。

PCの設定方法

PCでの設定は手動で設定するのがシンプルです。

PCのネットワークアイコンをクリックします。

Windowsは画面の右下、Macは画面の右上にアイコンがあります。

お持ちのHT100LNの本体に記載されているネットワーク名を選択します。

パスワードを求められるため、HT100LN本体に記載の「暗号キー」を入力します。

入力が完了したら接続完了です。

1-3.Wi-Fi接続通知機能を搭載

Wi-Fi接続通知機能

画像元:aterm.jp

HT100LNに搭載されている「Wi-Fi接続通知機能」はご存知でしょうか?

接続通知設定をしておくことで、Wi-Fiに子機が接続されたタイミングでメールorアプリで通知されます。

・遠方に住む両親の安全確認

・子供の帰宅確認

このような状況で利用されている方が多く、便利な機能と好評です。

1-4.Aterm HT100LNの外観

HT100LNは平置き型のホームルーターですが、本体裏面に壁掛け用の穴があるため、壁に掛けて使うことも可能です。

サイズは縦13cm×横13cm×高さ3.7cmです。

真上から見た時に、スマートフォンを2台横に並べたくらいのサイズ感と考えてください。

ディスプレイやアンテナなども付いていないため、とてもシンプルでインテリアの邪魔もしづらい見た目と言えるでしょう。

1-5.Atermは国産NECブランド

国内の無線ルーターシェアには、NETGEARやASUSなどの海外ブランドが台頭してきていますが、NECは国産のブランドです。

NECの無線ルーターは通信の安定性が高いという声も多く、国産ブランドを好むユーザーが一定層いるのは事実です。

2.Aterm HT100LNのスペックを紹介

Aterm HT100LNのスペックを紹介

例えば自宅に無線環境を導入しようと考えた時、あなたは何を基準に商品を選びますか?

価格、サイズ、見た目など様々な判断基準がありますが、その中でやはりスペックを重視するという人も多いでしょう。

ここではHT100LNのスペックの詳細に迫ります

2-1.HT100LNのスペックは?

HT100LNのスペックを表にまとめました。

対応通信方式 FDD-LTE
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
最大受信速度 150Mbps(LTE) 433Mbps(Wi-Fi)
最大送信速度 50Mbps(LTE) 150Mbps(Wi-Fi)
外形寸法 約130(W) × 130(D) × 37(H)mm
重量 約200g
電源 AC100V±10% 50/60Hz
SIMカードスロット nanoSIM × 1
最大接続台数 10台

 

2-2.気になる通信速度は?

HT100LNの通信速度の表を用意しました。

下り 上り
LTE 150Mbps 50Mbps
Wi-Fi 433Mbps 150Mbps

 

使用するSIMにも左右されるものですが、ここではあくまで本体の性能と考えてください。

3.Aterm HT100LNの評判は?

HT100LNの評判は?

無線ルーターに限らず、商品を購入する際に事前に評判を見てから判断する人は多いかと思います。

ここではAterm HT100LNを実際に使った人のレビューをリサーチします。

良いレビューと悪いレビューを紹介しますので、購入前の参考にしてください。

3-1.HT100LNを使った人の良いレビュー

HT100LNを使った人の中で良いレビューを紹介していきます。

https://twitter.com/kgo_legmin/status/1236450733307748352?s=20 https://twitter.com/Amahim/status/1205421636972769281?s=20

車内用、催事用での利用の口コミですが、このように固定回線が引けない場所での利用が便利というレビューが目立ちます。

とても良いです。光回線も検討しましたが私の様なライトユーザーにはこちらの方がコストパフォーマンスが良く満足しています。

とても良いです。
光回線も検討しましたが私の様なライトユーザーにはこちらの方がコストパフォーマンスが良く満足しています。

引用元:amazon

また、このような「コスパが良い」という口コミも多いです。

ただしコスパが良いと評価している方の大半は、ライトユーザーです。

ライトユーザーにとってはコスパが良いと考えるのが良いでしょう。

3-2.HT100LNを使った人の悪いレビュー

悪いレビューを抜粋していきますのでご確認ください。

これは想像よりも大きかったというレビューです。

特に通販の場合は、購入前にしっかりサイズを確認した上で購入するようにしましょう。

隣の部屋までしか飛ばない。無線がもう少し飛べばよいのですが・・・・・

引用元:amazon

IIJmioのデータSIMで使っています 最初200Kしか出ませんでした。
使っていると5Mbps程度出るようになりました。
SIMはスマホに入れると50Mbps程度でます。
回線の問題って言われました。
5Mでるので我慢して使っています

引用元:amazon

無線の範囲や速度に不満があるという口コミもわずかながらあります。

速度に関しては、メーカー公表の速度数値は最大値です。

光回線などの固定回線と比べるとやはり速度は劣りますので、自身の使用用途を考えた上で判断してください。

4.Aterm HT100LNをおすすめできる人

Aterm HT100LNをおすすめできる人

HT100LNは長所も短所もあるホームルーターです。

おすすめできる人、おすすめできない人は使用環境により変わってきます

ここでは良い評判をピックアップしていきます。

4-1.固定回線を引けない場所で使う人

固定回線を引けない場所で使うのであれば、HT100LNはおすすめです。

HT100LNのユーザーは下記のようなシーンで利用しています。

・防犯カメラ用

車内のWi-Fi用

・ショートステイのホテル用

このような場所で使うには、コスト面も考えると使い勝手が良いと考える人が多いようです。

また、モバイルルーターだと充電切れや電池の膨張を気にする人も多い中、HT100LNは電源さえ確保できればこれらの心配は無用です。

その点も重宝しているという口コミが多いです。

4-2.ランニングコストを抑えたい人

現在、格安SIMはとても簡単に手に入る時代です。

Aterm HT100LNはSIMフリールーターのため、使用頻度により格安SIMをチョイスすることができます。

リサーチをしたところ、IIJmioの格安SIMを使っている人が多いです。

IIJmioには3GB/900円のSIMがあり、wimaxや固定回線に比べるとかなりランニングコストを抑えられます。

最初にHT100LN本体を購入する必要はありますが、長く使う事を想定すれば間違いなく安いと言えるでしょう。

4-3.国産ブランドのルーターにこだわりがある人

国産のブランドに安心感を覚える人には、HT100LNはおすすめと言えます。

NECとバッファローは、国内の無線ルーターの人気を二分するブランドです。

これは多くの人に評価されていることにも繋がります。

「初めての無線ルーターを買うのであればNECかバッファローがおすすめ」という記事も見つかります。

HT100LNは少し特殊なルーターですが、国産ブランドのNECということで購入の後押しになる人もいるでしょう。

5.Aterm HT100LNをおすすめできない人

Aterm HT100LNをおすすめできない人

HT100LNのデメリット、短所を調査しました。

その特徴を把握することで、自身にあっているかどうかの判断をしてください。

5-1.速度を求める人には向かない

結論、無線ルーターを選ぶ時の最重要視している点が速度なのであれば、HT100LNはおすすめできません。

HT100LNのメーカー公表の数値はこのようになっています。

Wi-Fi 下り433Mbps 上り150Mbps LTE 下り150Mbps 上り50Mbps これはベストエフォート(最大値)になります。

速度が最優先なのであれば、迷わず固定回線を引く事にしましょう。

2020年3月現在、対応エリアであればNURO光が上り下り2GBと最速です。

5-2.ネットのヘビーユーザーには向かない

ネットを1日中使うような生活なのであれば、HT100LNはおすすめできません

これは使用するSIMの容量に関係してきますが、HT100LNを使用している人は3GB/900円前後のSIMを使用している人が多い印象です。

容量制限の無いモバイルルーターや固定回線の方が安くなることもあるため、使用頻度に応じて判断することをおすすめします。

6.Aterm HT100LNの流通価格をリサーチ

Aterm HT100LNの流通価格をリサーチ

使用頻度、使用環境によってはコスパが良いと言えるAterm HT100LNですが、本体を購入する必要があることを忘れてはいけません。

新品と中古の本体流通価格をリサーチしましたので参考にしてください。

どこで購入するかで結構な金額の差がありましたので、購入を検討している方は必見の内容です。

6-1.「Aterm HT100LN」新品の価格

HT100LNの新品価格をリサーチしました。 新品価格

画像元:価格.com

これはSIMの価格は含めず、あくまで本体の価格になります。

2020年3月現在の、通販最安値はヨドバシカメラの13,140円になります。

6-2.「Aterm HT100LN」中古の価格

HT100LNの中古品の価格をリサーチしました。

amazonや楽天などでは中古の流通が少なく、ヤフーオークションやメルカリで相場感を確認しました。

・ヤフオクで9,000円〜

・メルカリで7,500円〜

このような価格での取引が確認できました。

自身でSIMを用意する必要はありますが、少しでも安く本体を購入したいのであれば、中古品も探してみるのが良いでしょう。

7.絶対に失敗しないポケットWi-Fi選び

ポケットWi-Fiは、無制限の契約も多く、使い方を気にしなくてもいいのですごくメリットに聞こえます。

ただ、目安はないが使いすぎると制限がかかり384Kbpsまで、速度が落ちてしまいます。

実質無制限と言った方が適切でもあり、目安がないので実際に使ってみて制限かかってしまうと契約をした意味がなくなります。

今回の無制限のポケットWi-Fiの他に、同じく実質無制限のWi-Fiがあります。

それが「WiMAX」です。

WiMAXの特徴として、

  • ポケットWi-Fiより全然速い。
  • 制限速度がかかった場合は、1Mbpsまで落ちる。
  • 3日で10GBまで使える

そこで、あなたの使い方によって、無制限のポケットWi-Fiが本当に必要なのか?を判断する必要があります。

①インターネットの使い方を把握する

人によって、インターネットの使い方は様々です。

ポケットWi-Fiを使うのか?

WiMAXを使うのかはあなたが使うインターネットの使い方で決めましょう。

3日で10GBを超えないなら「WiMAX」を契約した方が速度が速いのでおすすめで、それ以上超えそうなら、無制限の「ポケットWi-Fi」がおすすめとシンプルです。

下記は、7GB利用した場合の使い方です。

あなたが普段どのくらい使ってるのかを把握しましょう。

内容 画質 データ量 再生数
YouTube (5分間)
超高画質 約113MB 約60回(約7時間)
高画質(HD) 約60MB
約110回(約13時間)
標準画質(SD) 約17.5MB
約400回(約47時間)
低画質 約10MB
約700回(約83時間)
内容 1GBで利用できる目安
ブログやホームページの閲覧 約40,000回
メール送受信 約12,000通以上
LINEの通話時間 音声通話:約280時間前後 ビデオ通話:約21時間

*あくまで目安です。閲覧するサイトやメールの容量(添付ファイル)などにより前後します。

ちなみに、オンラインゲームはあまり容量を実は使わないです。

ゲームによって前後しますが、1時間で大体30-50MBくらいです。

1GBの容量を使うとしたら約25時間前後になります。

②ポケットWi-FiかWiMAXの契約先を選ぶ

ここまでで、自分の使い方(容量)を把握したらあとは「WiMAX」で契約するのか?

ポケットWi-Fiで契約するのか?の判断になります。

使い方でどちらを使うか判断できますが、毎月お支払いするものになりますので料金を紹介します。

回線 ポケットWi-Fi WiMAX
容量 10GB〜無制限 3日で10GBまで
料金 3,000円〜3,980円 3,500円〜4,300円
速度 最大下り速度 150Mbps〜50Mbps 最大下り速度 1.2Gbps〜440Mbps
提供エリア 全国(一部地方を除く) 全国(一部地方を除く)

*WiMAXの提供エリアの確認はこちら
*無制限Wi-Fiの提供エリアは携帯の電波と同一になりますのでWiMAXより広い範囲になります。
*最大速度は、契約する端末によります。

実際に料金の差額もそこまでなく、使い方と料金でどちらを契約するか判断しましょう。

「WiMAX」がおすすめな人は

  • 速度がなるべく速い方がいい
  • オンラインゲームなど多種多様な使い方をしたい人

「無制限Wi-Fi」がおすすめな人は、

  • 容量を気にしないで使いたい人。
  • 少しでも安い方がいい

あなたの使い方を認識して契約すると失敗しないでポケットWi-Fiを使うことができます。

失敗しないWiMAXのプロバイダ選び

WiMAXはプロバイダで月額料金・キャンペーンなどが違います。

「結論、プロバイダでWiMAX契約すればお得なのか?」

「どこのプロバイダが速度が早いのか?」

「比較してもよくわからない」

そういった、迷ってる人向けにおすすめのプロバイダを詳しく解説します。

当研究所は、WiMAXを10年間販売してきた経験があります。

ここでは、絶対に失敗しないWiMAXのプロバイダ選びをご紹介していきます。

WiMAXが2020年3月で終了
WiMAXは2020年4月から完全に「WiMAX2+」に移行しました。
それによって、月額料金や最大速度が旧WiMAXと違います。
これから紹介するのは、WiMAX2+の選び方になりますのでしっかり使えるWiMAXの案内になりますのでご安心ください。
①端末で選ぶ

WiMAXのプロバイダ選びは、「端末」が最新端末で提供されているプロバイダを選びます。

理由として、WiMAXはプロバイダで速度が変わりません。速度は「端末」で変わるからです。

プロバイダで月額料金の差はありますが、倍違うということはもちろんありません。

ただ、「端末」が最新端末でないと「実際の速度」に関して何倍も差が出てきます。

毎月、月額料金を支払って全く使いものにならないのであれば意味がありません。

次に、2020年最新端末を紹介します。

製品名 Speed Wi-Fi NEXT WX06 Speed Wi-Fi NEXT W06
製造元 NECプラットフォームズ株式会社 ファーウェイ・ジャパン株式会社
対応ネットワーク WiMAX2+、au 4G LTE WiMAX2+、au 4G LTE
下り最大速度 440Mbps 1.2Gbps(440Mbps)*1
上り最大速度 75Mbps 75Mbps

*1 <東京都、埼玉県、愛知県、大阪府>の一部エリアとなります。
また有線接続で、
USB3.0以上対応のType-Cケーブル(別売)が必要です。
ハイスピードプラスエリアモードでの利用に限られます。

「W06」と「WX06」が2020年の最新端末になり、どちらもおすすめです。

理由は、一見W06の方が最大速度が2倍以上違うように見えます。

「W06」の最大1.2Gbpsで使う場合、場所が限定されるのと有線接続を考えたときにそれはWiMAXじゃなくていいですし、さらにハイスピードプラスエリアモードは月間7GBまでしか使えません。

万が一、7GB超えた場合は速度制限が1ヶ月かかりますので少しデメリットにもなるからです。

ハイスピードプラスエリアモードとは?
WiMAXは「WiMAX+2」回線を利用していますが、これに「au 4G LTE」回線を加えたものがハイスピードプラスエリアモードになります。
このモードの方が通信速度が速く、通信エリアも広いです。
しかし、このモードでは月に7GB以上使うと通信速度が128kbpsまで落ちてしまいます。
一度この制限がかかると翌月まで戻りません。

色々なサイトで「W06」を押してますが、「WX06」も通常の使い方をするなら「W06」と速度や性能はそこまで変わりません。

「WX06」は電波を場所に合わせて飛び方を変えてくれるので「W06」より安定して繋がります。

簡単にいうなら、「W06」は限定的に速度に特化した端末で、「WX06」は広範囲で使う際におすすめの最新機種になりますのでお好きな方で選びましょう。

②料金で選ぶ

次に、最新機種「W06」と「WX06」が対応したWiMAXプロバイダの料金を比較しました。

初期費用 3年間の月額料金 端末料金 キャッシュバック 3年間トータル料金
JP WiMAX 現在新規受付停止中 3,000円 131,100円 0円 amazonギフト10,000円 124.100円
GMOとくとくBB 3,000円 152,160円 0円 27,000円 128,060円
DTI WiMAX 3,000円 126,670円 0円 なし 129,670円
BroadWiMAX 3,000円 128,626円 0円(条件あり) なし 131,626円(条件あり)
カシモWiMAX 3,000円 130,368円 0円 なし 133,368円
Tikiモバイル WiMAX 0円 143,640 0円 なし 143,640円
hi-ho 3,000円 144,960円 0円 なし 147,960円
BIGLOBE 3,000円 136,300円 19,200円 7,000円 151,500円
UQWiMAX 3,000円 139,680円 15,000円 なし 157,680円
@nifty 3,000円 150,890円 20,000円 なし 174,652円

*全プロバイダWIMAX2+のギガ放題での料金計算になります。
*ギガ放題とは「通信量無制限の使い放題」+「au 4G LTEハイスピードエリアモード」が併用できるサービスです。(3日で10GBの制限はあります)

この中で、キャッシュバックが多い「GMOとくとくBB」がトータル料金が最安値になりますが、少し落とし穴があるのでおすすめはしません。

GMOとくとくBBをおすすめしない理由
GMOとくとくBBのキャッシュバックは34,800円と飛び抜けています。
圧倒的なキャッシュバック金額なのですが、貰えるのは契約してから実は12ヶ月後になります。
しかも手続き方法も相当面倒で、 11ヶ月後にGMO専用メールアドレスに届くキャッシュバック特典メールを翌月までに返信する必要があります。
これを忘れるとキャッシュバックを受け取れないというリスクがあります。

キャッシュバックの手続きが必要なく、月額料金が最安値のDTI WiMAX」がおすすめです。

WiMAXのキャッシュバックは条件があるので、月額料金が一番安いプロバイダを選ぶのが賢い選び方になります。

WiMAXのプロバイダの多くは4年目以降料金が上がることが多いですが、「DTI WiMAX」は料金変わらないのでそのまま最安値で使えます。

③3年間の月額料金が最安値「DTI WiMAX2+」

提供元:DTI WiMAX公式

月額料金 3,760円
1ヶ月〜2ヶ月目 0円
3ヶ月目 2,590円
事務手数料 3,000円
端末代金 0円
LTEオプション月額料金 0円

「DTI WiMAX2+」で契約すれば以下のようなメリットとデメリットがあります。

おすすめといってもメリットだけではないのでデメリットを把握して選びましょう。

「DTI WiMAX2+」のメリット
  • 月額料金がどこよりも安い。
  • 最新端末の「W06」と「WX06」が無料。
  • ○ヶ月無料のキャンペーンを行っている。
    「DTI WiMAX2+」のデメリット
    ・キャッシュバックがない。
    ・キャッシュバック含めた、トータル料金だと「GMOとくとくBB」に若干劣る。

    DTI WiMAX2+」は、キャッシュバックがありません。

    GMOとくとくBB」のキャッシュバックを受け取れる方や、キャッシュバックが欲しい方は「GMOとくとくBB」をおすすめします。

    ただ、「DTI WiMAX2+」は「GMOとくとくBB」のようなキャッシュバックが無い代わりに、どのプロバイダよりも月額料金が安いです。

    2020年5月現在では最初の2ヶ月が無料となるキャンペーンを行っており、3ヶ月目は2,590円で、4ヶ月目~3,760円と月額料金としては最安値になってます 。

    また、キャッシュバックを受け取る必要がないので、手続きし忘れるといったことがありません。

    GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取り忘れて、結果高額になってしまう可能性を考えると、おすすめです。

    最新端末「W06」と「WX06」の端末料金も無料なので、お得に利用ができます。 「DTI WiMAX2+」公式窓口はこちら

    失敗しないポケットWi-Fiの選び方

    ポケットWi-FiもWiMAX同様に契約先で「料金」と「端末」が違います。

    ただ、そこまで大きく差が出るわけでありません。

    各社で提供してる端末の最大速度が150Mbpsになっているのが理由です。

    その中でも、端末によって特徴や使い方によっておすすめの端末は違ってきます。

    ①ポケットWi-Fiの端末を選ぶ

    ポケットWi-Fiの最新端末でおすすめの2機種を紹介します。

    これは、大手のポケットWi-Fiで提供してる端末のこともあり、スペックもポケットWi-Fiの中でおすすめの端末です。

    製品名 GlocalMe U2s FS030W
    通信規格 IEEE802.11b/g/n IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
    下り最大速度 150Mbps 150Mbps
    上り最大速度 75Mbps 75Mbps
    連続通信時間 約12時間 20時間(Bluetooth通信24時間)
    端末サイズ 約127×65.7×14.2mm 74.0 × 74.0 × 17.3mm
    重さ 約151g 約128g
    同時接続 5台 15台

    どちらも最大速度は150Mbpsで変わらないですが、通信時間に「FS030W」に軍牌は上がります。

    そして、本当に端末で速度が変わらないのかも調べてました。

    「GlocalMe U2S」の時間帯別の平均速度情報(直近3ヶ月)
    時間帯 Ping 下り 上り
    55.36ms 27.52Mbps 16.36Mbps
    39.5ms 7.46Mbps 8.63Mbps
    夕方 51.49ms 22.84Mbps 17.83Mbps
    58.55ms 23.37Mbps 11.61Mbps
    深夜 74.85ms 19.11Mbps 6.94Mbps
    「FS030W」の時間帯別の平均速度情報(直近3ヶ月)
    時間帯 Ping 下り 上り
    131.57ms 27.14Mbps 14.13Mbps
    139.88ms 24.2Mbps 9.72Mbps
    夕方 130.28ms 22.71Mbps 11.92Mbps
    117.71ms 22.48Mbps 11.8Mbps
    深夜 120.74ms 19.79Mbps 10.97Mbps

    提供元:みんなのネット回線速度

    下りや上りの実測は差ほど変わりませんでしたが、顕著に差が出たのは「Ping値」です。

    GlocalMe U2s」の方が「Ping値」は優秀なので、オンラインゲームやLINE通話の品質が安定します。

    Ping値とは?
    Ping値は、応答時間の早さを表してます。 最大速度と違い数字が低いほど、早い数値になります。
    Ping値が高い(遅い)とオンラインゲームやLINE通話で向こうからの応答が遅くなり「ラグ」が発生します。
    相手がいるインターネットのやり取りに関して快適に使えるかどうかを判別できる数値です。

    FS030W」の通信時間20時間はメリットに聞こえますが、20時間も外で使うことはあまりないのかなと考えます。

    通信時間は、充電すればユーザーで解決できます。

    逆に、通信速度はユーザーで改善することはできません。

    結果、「ping値」含め通信速度が安定している「GlocalMe U2s」がおすすめです。

    2.料金で選ぶ

    あとは、「GlocalMe U2s」を提供している会社と契約するだけになります。

    ここでは、しっかり無制限で使えるポケットWi-Fiのキャリアを比較した料金を紹介します。

    2年間の月額料金 初期費用 端末
    ギガWi-Fi 78,000円 3,000円 GlocalMe U2s
    ポケットモバイルcloud 78,000円 3,000円 GlocalMe U2s
    Mugen wifi 新規受付停止中 78,720円 3,000円 GlocalMe U2s
    どこよりもWi-Fi 81,120円 3,000円 GlocalMe U2s
    よくばりWi-Fi 82,800円 3,000円 GlocalMe U2s
    どんなときもwifi 83,520円 3,000円 GlocalMe U2s

    *2020年4月「Mugen WiFi」は、在庫不足で新規受付を停止しています。

    結論、無制限Wi-Fiを使う場合のおすすめは「ギガWi-Fi」になります。

    理由は、ソフトバンク・ドコモ・auの電波対応の「トリプルキャリア」だからです。

    トリプルキャリア」は、ソフトバンク・ドコモ・auの繋がりやすい電波で場所に合わせて適切なWi-Fiが利用できます。

    トリプルキャリアは、本来決まったキャリアの電波しか使えないものが全て対応できるので、通信障害があった場合なども柔軟に対応して接続することができます。

    ③無制限のポケットWi-Fi「ギガWi-Fi」

    提供元:ギガWi-Fi公式

    月額料金 3,250円
    事務手数料 3,000円
    端末代金 0円
    契約期間 2年
    違約金 0〜24ヶ月目 18,000円 26ヶ月目以降 9,500円 更新月(25ヶ月目) 0円

    ギガWi-Fiは、無制限のポケットWi-Fi業界では最安値の金額になっており、速度の評判も良くポケットWi-Fiを始めるなら「ギガWi-Fi」をおすすめします。

    同じ端末の「どんなときもWi-Fi」と速度が違ってる様子が伺えます。

    GlocalMe U2s」で最安値は「ギガWi-Fi」「ポケットモバイルcloud」の2社ですが、速度の評判もいいのが「ギガWi-Fi」 2年以内の解約につきましては、違約金が高いのであなたが毎月支払ってもいい料金なのかしっかり考えてみてください。 「ギガWi-Fi」公式窓口はこちら

    コロナ蔓延で、在宅ワークが急増→申込殺到→キャリアで在庫がなくなる状況が発生しています。
    今回紹介した、ギガWi-Fi以外も遜色ないポケットWi-FiなのでギガWi-Fiが申し込めない場合はチェックしてみてください。
    ・ポケットモバイルcloud公式サイト:https://pocket-m.jp/
    ・どこよりもWi-Fi公式サイト:https://wifi.dokoyorimo.com/

      8.まとめ

      まとめ

      この記事では「Aterm HT100LN」に関して、細かい部分まで調査しました。

      結論、HT100LNは長所と短所があり、使用環境や頻度によってはおすすめできるホームルーターです。

      自身の使用環境や頻度を考えていただき、HT100LNがマッチするのであれば購入を検討してみるのが良いでしょう。

      今の時代、インターネットは日々の生活に欠かせないものになっています。

      最適な無線環境を導入して、日々のインターネットをお楽しみください。