ずっと以前からWiMAXを利用している方の場合、手元のモバイルWi-Fiルーターが古くなっているのが気になるのではないでしょうか。

発売当初はWiMAXではじめて最大220Mbpsの通信速度に対応しもてはやされたW01も、古くなった機種の1つです。

機種変更が可能なプロバイダであれば、その旨の連絡がプロバイダから入っていることでしょう。

また、そうでないプロバイダの場合、新しい機種がどんどんリリースされていることから「改めて契約し直すべきか」悩んでおられるでしょう。

結論から言うと、W01と比較して現行機種は機能性が大幅にアップしており、変更した方がはるかに快適にWiMAXを使えるようになる可能性が高いです。

この記事では、実際どの程度機能性が異なるのか詳しく解説しています。

1.WiMAX用モバイルWi-Fiルーター「W01」とは?

参照元:UQ WiMAX公式

20151月に販売開始されたWiMAX用モバイルWi-Fiルーター「W01」は、キャリアアグリゲーションという技術に対応し、当時WiMAXで初めて最大220Mbpsという通信速度を実現したルーターでした。

それまでの最大通信速度は最大110Mbpsでしたから、単純計算で2倍になったことになります。

 キャリアアグリゲーション(carrier aggregation)とは、無線での通信を高速にする方法の1つです。

複数の電波(carrier)を束ねて(aggregation)利用することによって、高速化を図ります。W01においては、最大110Mbpsの通信を可能とする2つの電波帯を束ねることによって、最大220Mbpsを実現しました。

 またW01WiMAXだけでなく、WiMAXより提供エリアが広くつながりやすい「au 4G LTE」という電波も利用できることもメリットとしてあげられていました。

普段はWiMAXでインターネット接続をして、WiMAXの電波が届かない場所であればau 4G LTEによる通信を行うといった使い分けができるわけです。  

このように当時としては、機能性の高い最新のルーターでした。

しかし2020年現在で入手できる機種と比べると見劣りするのは否めません。実際、どこまで差あるのか、次の項でみていきましょう。 

2.W01と現行機種の徹底比較表

以下、W012020年現在入手できるWiMAX用モバイルWi-Fiルーターの現行機種との比較表です。

W01と現行の機種で、どのくらいの機能差があるのかみてみましょう。

以下表にあるように、現行のモバイルWi-Fiルーターの発売時期は、3年以上離れています。 

機種 W01 WX06 W06 WX05 W05
発売時期 20151 20201 20191 201811 20181
最大通信速度 220Mbps 440Mbps 1.2Gbps 440Mbps 758Mbps
通信技術 CA CA/4×4 MIMO CA/4×4 MIMO CA/4×4 MIMO CA/4×4 MIMO
au 4G LTE対応
最大同時接続台数 10 16 16 10 10
Wi-Fiをつながりやすくする機能 WiMAXハイパワー 高性能ハイモードアンテナ・ TXビームフォーミング機能 WiMAXハイパワー

2-1.現行機種の方が最大通信速度が2倍以上高速

ご覧の通り最大通信速度を比べると、現行の最新機種はW01と比べて2倍以上も高速となっています。

W01の最大220Mbpsも高速なのでホームページをみたり標準的な画質の動画を視聴したりする際には、特に差は感じないかもしれません。

 しかしインターネットから映画やアプリのように容量が大きなファイルをダウンロードする際や、非常に高い画質の動画を視聴したりする際には、その差をはっきり感じることがあるでしょう。

詳しくは後から紹介しますが、W01から新しい機種に切り替えて通信速度が速くなったというユーザーの口コミもあります。

 なぜ、こんなに通信速度に差があるのか

 これだけ通信速度の差がでている理由はいくつかありますが、その1つとしてあげられるのが現行機種がキャリアアグリゲーション(CA)だけでなく、4×4 MIMO(フォーバイフォーマイモ)という機能に対応していることです。

 MIMOとは無線通信において、送信側・受信側両方が複数のアンテナを同時に使って通信品質をアップさせるための技術であり、4×4 MIMOとは送信側・受信側共に4本ずつのアンテナを使うことを意味します。

現行のモバイルWi-Fiルーターは全て4×4 MIMOに対応していることから、W01より高速な通信速度を実現できているのです。

 また4×4 MIMOは、障害物に乱反射した電波も活用できる技術なので、間に障害物があっても通信が取りやすくなるというメリットもあります。

2-2.現行機種の方が同時接続台数が多い

最近ではスマートフォンやパソコン・タブレットだけでなく、ゲーム機やプリンタ、スマートスピーカーなどなどいろいろな機器をWi-Fiに接続して使います。

そのため同時に接続できる台数が多ければ多いほど便利と言えるわけですが、W01の最大同時接続台数が10台にとどまっているのに対し、W06・WX06といった最新機種では最大16台です。

これだけの同時接続台数があれば、足りなくて困るという方はほとんどいないのではないでしょう。

2-3.現行機種はWi-Fiをつながりやすくする機能を搭載

現行機種は、Wi-Fiをつながりやすくする機能を搭載しています。

たとえば表にある「WiMAXハイパワー」とは、電波状態がよくないときに電波を送信する出力をアップすることでつながりやすくする技術です。

 またW06が搭載する「高性能ハイモードアンテナ」とは従来より受信感度が向上した高性能なアンテナのことで、同じくW06が採用している「TXビームフォーミング」とはスマートフォンなどWi-Fiで接続する機器めがけて集中的に電波を送信する技術です。

これらの機能を搭載することによって、現行機種ではWi-Fiがより快適に利用できるようになっています。

 一方、W01はこれらのWi-Fiをつながりやすくする技術を搭載していません。

そのためW01ではWi-Fiがつながらない場所でも、現行機種ではつながる可能性があります。

2-4.その他、W01搭載の「新機能」を新機種は搭載している

W01の販売開始を知らせるプレスリリースをみると、以下にあげる機能をこの機種の売りとしてあげています。

  • タッチパネルで簡単に設定できる機能
  • WiMAX2+au 4G LTEの電波を切り替えて使う機能
  • 無線ではなく有線で接続するための機能

 しかし、これらは現行機種で全て当たり前に備えている機能なので、W01のメリットとは言えません。

 ここまで比べてきたように、W01は現行機種と比べて機性が大きく劣っていると言わざるを得ないでしょう。

3.W01の口コミ

 

W01の利用経験があるWiMAXユーザーの口コミを見ると、以下のように「新しい機種に変えて通信速度が速くなった」との声が見受けられます。

https://twitter.com/diary_me_cat/status/1214682361842950145

比較表でも紹介しているように、W01と現行機種を比べると最大通信速度に2倍以上の開きがあります。

また現行機種には、W01が対応していないWi-Fiをつながりやすくする機能を搭載しています。 

そういった理由から、これだけの差がでているようですね。

今現在、W01を利用している方も、「速度が遅い」「もっと速い通信速度が利用したい」ということなら、契約し直す、機種変更をするなどして新しい機種を使うことを検討してもよいかもしれません。 

4.【結論】W01でなく最新機種を選ぶべき

WiMAXの最新機種とW01を比較すると、紹介したように通信速度をはじめとして機能性に大きな差があります。

流石に発売開始日に3年以上もの差があるので、その間にWiMAXの機種が大きく進歩しているのです。

またユーザーの口コミを見ても「機種をW01から新しいものに切り替えて、通信速度が速くなった」という声を多く見受けます。  

これらの点から、現状W01を使ってWiMAXを利用されている方は、より快適にWiMAXを使いたいのであれば、最新機種を使うために機種変更をしたり契約し直したりした方がよいでしょう。

4-1.WiMAXルータおすすめ①:「W06」

現時点で最新のモバイルWi-FiルーターはW06WX06です。

そこで、ここではそれぞれの機種がW01よりおすすめできる理由を簡単に紹介します。

 最大通信速度が1.2Gbps

月間7GBまでのハイスピードプラスエリアモードで東京や大阪等の一部エリアのみ、パソコンでのUSB接続のみといった条件があるものの、最大1.2Gbps(W01は220Mbps)という通信速度を実現しています。  

これだけの通信速度があれば、映画やアプリのような大容量のデータについても、さくさくとダウンロードできるようになるでしょう。

なおWi-Fi接続なら最大867Mbps、月間データ通信量に制限がない一般的な接続の場合は最大558Mbpsとダウンするものの、W01よりも2倍以上も高速です。

いずれにしても、より快適にインターネットが使えるようになるでしょう。

 高性能ハイモードアンテナ・TXビームフォーミングの搭載

Wi-Fiの電波が届かず、インターネットにつながらないという経験は、誰もがしたことがあるでしょう。

W06はそういったことを防ぐ目的で、Wi-Fiが繋がりやすくなる2つの機能を搭載しています。

 その1つが「高性能ハイモードアンテナ」。従来より感度が高いアンテナを採用することによって、Wi-Fiを繋がりやすくしています。

もう1つのTXビームフォーミングは、Wi-Fiの機器に対して集中的に電波を送信する機能です。  

これら機能を使うことによって、今までWi-Fiが届かなかった場所でも、インターネットに接続できるようになる可能性があります。

 同時接続台数が多い

同時にインターネット接続できる最大台数について、W01は10台のところW06は16台となっています。

今では、Wi-Fiに接続する機器はスマートフォンやパソコンだけではありません。

タブレット・プリンタ・ゲーム機などなど、さまざまな機器がWi-Fi接続されるようになっています。

そのため、最大同時接続台数は多ければ多いほど便利です。

4-2.WiMAXルータおすすめ②:「WX06」

次にW01よりWX06をおすすめする理由を紹介します。

 最大通信速度が440Mbps

WX06の最大通信速度は440MbpsでW06には劣るものの、W01の2倍となっています。

これだけ通信速度の差があると、画質のきれいな動画がスムーズにみられるようになったり、ホームページがさくさく開くようになったりなど、快適に使えるようになる可能性が高いです。

 WiMAXハイパワーの搭載

WiMAXハイパワーとはWi-Fiの電波が届きにくい場合に、より強く電波を出力する機能です。

この機能があることで、今までW01ではWi-Fiの電波が届きにくかったような場所でも、WX06なら接続しやすくなる可能性があります。

 同時接続台数が多い

WX06の最大同時接続台数はW06と同じく16台で、W01の10台より多いです。

スマートフォン・パソコン・ゲーム機などなど、同時に多くの機器を接続することができます。

 ビジネスでWiMAXを利用する場合、たとえば外部で説明会や展示会を行うような際に、来場者に無料でWi-Fi環境を提供するといったこともあるでしょう。

そんなとき、同時接続台数が多い方が、多くのユーザーにWi-Fi環境を提供できて便利です。

5.絶対に失敗しないWiMAXのプロバイダ選び

さて、それでは実際にどのWiMAXのプロバイダを選ぶのがベストなのでしょうか?

  • 「自分にあったWiMAXのプロバイダはどれ?」
  • 「比較しても、どこがお得なのかよくわからない…」
  • 「結論、どこのプロバイダを契約すればいいの?」

そんな迷いをお持ちのアナタへ、当研究所がイチオシのWiMAXのプロバイダについて詳しく解説します!

絶対に失敗しないWiMAXのプロバイダ選びをアナタの条件・ご希望に合わせてご紹介します。
インターネットを10年間販売してきた当研究所が、日本一わかりやすく解説いたします!

WiMAXが2020年3月で終了
WiMAXは2020年4月から完全に「WiMAX2+」に移行しました。
それによって、月額料金や最大速度が旧WiMAXと違います。
これから紹介するのは、WiMAX2+の選び方になりますのでご安心ください。

①WiMAXのプロバイダ選びポイント

WiMAXのプロバイダ選びは、「最新端末」が提供できるプロバイダを選びましょう。

ポイント : 「最新端末」で選ぶ理由
  1. 速度はプロバイダではなく、「端末」で変わる
  2. 最新端末の方が年々、最大速度が向上している
  3. プロバイダごとに月額料金の差がそこまでない

プロバイダで月額料金の差はありますが、倍違うということはもちろんありません。

ただ、「端末」が最新端末でないと「実際の速度」に関して何倍も差が出てきます。

毎月、月額料金を支払って全く使いものにならないのであれば意味がありませんよね。

次に、2020年の「最新端末」を紹介していきます。

【2020年最新版】WiMAXの最新機種を選ぶ

現在、WiMAXの最新機種は「W06」と「WX06」の2つです。

製品名 Speed Wi-Fi NEXT WX06 Speed Wi-Fi NEXT W06
製造元 NECプラットフォームズ株式会社 ファーウェイ・ジャパン株式会社
対応ネットワーク WiMAX2+、au 4G LTE WiMAX2+、au 4G LTE
下り最大速度 440Mbps 1.2Gbps(440Mbps)*1
上り最大速度 75Mbps 75Mbps

*1 <東京都、埼玉県、愛知県、大阪府>の一部エリアとなります。
また有線接続(USB3.0以上対応のType-Cケーブル(別売)の購入)、ハイスピードプラスエリアモードでの利用に限られます。

「W06」と「WX06」が2020年の最新端末になり、どちらもおすすめです。

理由は、W06の方が最大速度が2倍以上違うように見えますが、最大1.2Gbpsで使う条件があるからです。

「W06」の最大1.2Gbpsで使う場合、場所が限定されるのと有線接続が条件です。

さらにハイスピードプラスエリアモードは月間7GBまでしか使えません。

万が一、7GB超えた場合は速度制限が1ヶ月かかりますので少しデメリットにもなるからです。

ハイスピードプラスエリアモードとは?
WiMAXは「WiMAX+2」回線を利用していますが、これに「au 4G LTE」回線を加えたものがハイスピードプラスエリアモードになります。
このモードの方が通信速度が速く、通信エリアも広いです。
しかし、このモードでは月に7GB以上使うと通信速度が128kbpsまで落ちてしまいます。
一度この制限がかかると翌月まで戻りません。

色々なサイトで「W06」を押してますが、「WX06」も通常の使い方をするなら「W06」と速度や性能はそこまで変わりません。

「WX06」は電波を場所に合わせて飛び方を変えてくれるので「W06」より安定して繋がります。

簡単に説明すると、「W06」は限定的に速度に特化した端末で、「WX06」は広範囲で使う際におすすめの最新機種になりますので好きな方を選びましょう。

「W06」と「WX06」を提供しているプロバイダの料金を比較する

次に、最新機種「W06」と「WX06」が対応したWiMAXプロバイダの料金を比較してみました。

初期費用 3年間の月額料金 端末料金 キャッシュバック 3年間トータル料金
JP WiMAX 現在新規受付停止中 3,000円 131,100円 0円 amazonギフト10,000円 124.100円
GMOとくとくBB 3,000円 152,160円 0円 27,000円 128,060円
DTI WiMAX 3,000円 126,670円 0円 なし 129,670円
BroadWiMAX 3,000円 128,626円 0円(条件あり) なし 131,626円(条件あり)
カシモWiMAX 3,000円 130,368円 0円 なし 133,368円
Tikiモバイル WiMAX 0円 143,640 0円 なし 143,640円
hi-ho 3,000円 144,960円 0円 なし 147,960円
BIGLOBE 3,000円 136,300円 19,200円 7,000円 151,500円
UQWiMAX 3,000円 139,680円 15,000円 なし 157,680円
@nifty 3,000円 150,890円 20,000円 なし 174,652円

*全プロバイダWIMAX2+のギガ放題での料金計算になります。
*ギガ放題とは「通信量無制限の使い放題」+「au 4G LTEハイスピードエリアモード」が併用できるサービスです。(3日で10GBの制限はあります)

この中で、キャッシュバックが多い「GMOとくとくBB」がトータル料金が最安値になりますが、少し落とし穴があるのでおすすめはしません。

GMOとくとくBBをおすすめしない理由
GMOとくとくBBのキャッシュバックは34,800円と飛び抜けています。
圧倒的なキャッシュバック金額なのですが、貰えるのは契約してから実は12ヶ月後になります。
しかも手続き方法も相当面倒で、 11ヶ月後にGMO専用メールアドレスに届くキャッシュバック特典メールを翌月までに返信する必要があります。
これを忘れるとキャッシュバックを受け取れないというリスクがあります。

キャッシュバックの手続きが必要なく、月額料金が最安値のDTI WiMAX」がおすすめです。

WiMAXのキャッシュバックは条件があるので、月額料金が一番安いプロバイダを選ぶのが賢い選び方になります。

WiMAXのプロバイダの多くは4年目以降料金が上がることが多いですが、「DTI WiMAX」は料金変わらないのでそのまま最安値で使えます。

3年間の月額料金が最安値「DTI WiMAX2+」

提供元:DTI WiMAX公式

月額料金 3,760円
1ヶ月〜2ヶ月目 0円
3ヶ月目 2,590円
事務手数料 3,000円
端末代金 0円
LTEオプション月額料金 0円

「DTI WiMAX2+」で契約すれば以下のようなメリットとデメリットがあります。

おすすめといってもメリットだけではないのでデメリットを把握して選びましょう。

「DTI WiMAX2+」のメリット
  • 月額料金がどこよりも安い。
  • 最新端末の「W06」と「WX06」が無料。
  • ○ヶ月無料のキャンペーンを行っている。
    「DTI WiMAX2+」のデメリット
    ・キャッシュバックがない。
    ・キャッシュバック含めた、トータル料金だと「GMOとくとくBB」に若干劣る。

    DTI WiMAX2+」は、キャッシュバックがありません。

    GMOとくとくBB」のキャッシュバックを受け取れる方や、キャッシュバックが欲しい方は「GMOとくとくBB」をおすすめします。

    ただ、「DTI WiMAX2+」は「GMOとくとくBB」のようなキャッシュバックが無い代わりに、どのプロバイダよりも月額料金が安いです。

    2020年5月現在では最初の2ヶ月が無料となるキャンペーンを行っており、3ヶ月目は2,590円で、4ヶ月目~3,760円と月額料金としては最安値になってます。

    また、キャッシュバックを受け取る必要がないので、手続きし忘れるといったことがありません。

    GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取り忘れて、結果高額になってしまう可能性を考えると、おすすめです。

    最新端末「W06」と「WX06」の端末料金も無料なので、お得に利用ができます。 「DTI WiMAX2+」公式窓口はこちら

     6.まとめ

    W01」は20151月に販売開始となった、WiMAX用モバイルWi-Fiルーターです。

    現行のモバイルWi-Fiルーターと比較すると販売日が3年以上かけ離れており、その間で最大通信速度が2倍以上にアップするなど、機能性に大きな差が出ていることは否めません。

    現在もW01を使い続けている場合、プロバイダで機種変更したり契約し直したりして新しい機種を入手した方が、WiMAXが快適に使えるようになる可能性が高いです。