競争率の激しいモバイルWi-Fi-ルーター。 家電量販店のビックカメラもWiMAXを提供しています。

業界2位の売上を誇る家電量販店ということもあり、そのネームバリューや安心感からBIC WiMAXの契約を検討されている方もいるでしょう。

しかし、BIC WiMAXはおすすめできません。 なぜなら、WiMAXの中でもBIC WiMAXは価格が高くキャンペーンが弱いからです。

この記事ではBIC WiMAXがおすすめできない理由を詳しく解説していきます。

1.ビックカメラWiMAX(BIC WiMAX)とは?

  BIC WiMAXのロゴ

画像元:BIC WiMAX公式

BIC WiMAXとは、ビックカメラがプロバイダとして提供しているWiMAXです。

ビックカメラは品揃えの多さや家電製品の安さ、ポイントの付与率が高いことなどが業界最大手となった理由でしょう。

そんなビックカメラですが、2009年7月1日からWiMAXのサービスを開始させました。

1-1.UQ WIMAXとの違いは?

BIC WiMAXとUQ WiMAXの大きな違いはプロバイダです。

そもそもインターネットは、回線を提供する事業者回線を使用するプロバイダによって成り立っています。

WiMAXは、「UQコミュニケーションズ」が提供している回線です。

BIC WiMAXはビックカメラがその回線を使用してプロバイダサービスを提供しており、UQ WiMAXはUQコミュニケーションズが自社でプロバイダサービスを提供しています。

使用している回線が同じなので、速度やサービスも同じです。 しかしプロバイダが違うことで価格が変わります。

2.ビックカメラWiMAX(BIC WiMAX)の料金

画像元:BIC WiMAX公式

2020年3月時点で申し込めるプランはデータ量の上限がない「BICギガ放題」プランのみです。

契約期間に応じて料金体系が異なり、初期登録料と基本料金で成り立っています。

3年契約や自動更新ありの2年契約など契約期間が長期になると、月額の料金はやすくなるようです。

以下の金額は全て税別です。

3年 2年 期間条件なし
自動更新あり 自動更新なし
基本料 3,880円/月 3,880円/月 (自動更新なしの場合:26ヶ月目〜4,050円/月) 4,050円/月
初回登録料 3,000円
LTEオプション 無料 1,005円/月

また、3年契約はLTEオプション料金が無料で使用できます。

このLTEオプションは対応機種のみ4G/LTE通信を使用できるオプションで、携帯電話の電波を使用して通信するシステムのことです。

通信速度を安定させたい方は必須のオプションと言えます。

さらにWiMAXは端末代が無料であることが多いですが、BIC WiMAXは端末代を支払わなければいけません。

15,000円を一括で支払うか、500円で30回払いにするか選べます。

初期費用の負担を減らすために端末代金を分割にすると、月額料金に上乗せされてくることになるのでその分高い料金を支払うことになるでしょう。

端末代金 一括 15,000円
端末アシストプラン 500円/月×30回(総額:15,000円)

3.ビックカメラWiMAX(BIC WiMAX)の評判

PCの画像 今回はTwitterからBIC WiMAXの評判を探してみました。

実際に使用している方の評判を確認することでBIC WiMAXのイメージがしやすくなるでしょう。

3-1.メリット

残念ながらTwitterではBIC WiMAXのメリットと言えるような評判はありませんでした

ネット上で調査したところ、以下の2点がメリットと言えそうです。

  • ビックカメラで契約できる
  • 契約したその日から使用できる

販売員から説明を受けながら契約ができるのはメリットですが、対応が悪い販売員に当たることもあるので、必ずしもメリットとは言えないでしょう。

また、お店に在庫がなければ契約したその日からWiMAXを使用することができません。

どうしても当日中に使用したい方は契約前に確認する必要があります。

3-2.デメリット

BIC WiMAXのデメリットは料金が高いことです。

既に説明したように、WiMAXはUQコミュニケーションズの回線を使用しているので速度やサービスそのものの悪い評価はありませんでした。

店頭で契約できるので、販売員に任せて契約内容を決めていることが影響しているのか、不要なオプションを付けられて高い料金を支払っている方が多いようです。

ネット申込など自分で申し込む際は料金を確認する方が多いと思いますが、店頭申し込みだと安心感があるからかもしれません。

4.ビックカメラWiMAX(BIC WiMAX)はおすすめできない全理由

BIC WiMAXがおすすめできない理由は料金です。

どのプロバイダで契約してもWiMAXは同じ回線を使用しているので、差別化できる部分が価格しかありません。

なぜ価格が高いのかといった理由やどのように高いのかを詳細に説明していきます。

4-1.基本料金が高い

BIC WiMAXをおすすめできない1つめの理由が月額料金の高さです。

好きな契約期間を選べますが、期間条件がないプランだと4,050円とWiMAXの中でも高めの価格と言えます。

しかもデータ容量の上限がありませんので、あまり使用しない人でも高い価格を払わなければいけません

また、他のプロバイダ経由WiMAXの契約をすると初月は基本料金が無料だったり、数ヶ月間割引が適用されたりします。

しかし、BIC WiMAXには無料期間や割引期間がありません

2019年9月以前は様々な料金プランを展開して割引などをしていたようですが、2019年10月以降は1つのプランしかないことも基本料金が高いことと影響してるでしょう。

4-2.キャンペーンが弱い

BIC WiMAXをおすすめできない2つめの理由がキャンペーンの弱さです。

インターネット回線は価格競争が激しいことも影響して、様々なキャンペーンが用意されています。

WiMAXも例外ではありません。 プロバイダごとに割引や無料レンタルなどのキャンペーンを行なっています。

しかし、BIC WiMAXは公式サイトからもわかる様に2020年時点でキャンペーンを行なっていません。

過去のキャンペーンもないことから、今後も特典をつけることは考えにくいでしょう。

4-3.端末代金が発生する

お金の画像 BIC WiMAXをおすすめできない3つめの理由が端末代金が発生することです。

ほとんどのプロバイダはWiMAXの端末料金を無料で提供しています。

BIC WiMAXを契約すると、本来支払わなくても良い15,000円という金額を支払わなければならないのです。

分割で端末代を支払える「端末アシストプラン」が用意されていますが、2年半の間500円を支払い続ける必要があります。

そして、「端末アシストプラン」にした場合は解約するときも気をつけなければいけません。

例えば自動更新ありの2年プランを契約した場合、2年目で解約しようとしても6ヶ月分の端末代が残っています。

端末代の支払いを終えた31ヶ月目に解約すると、解約金が発生するので契約から4年間使用するのを待たなければなりません。

5-4.3年プラン以外はLTEオプション利用料の1005円が発生する

BIC WiMAXをおすすめできない4つめがLTEオプション利用料が発生することです。

3年プランを契約した場合は無料になるので問題ありませんが、それ以外の契約プランを選択する1,005円のオプション料金が発生します。

LTEオプションとは、携帯回線を使用して通信を安定させるシステムのことです。

接続安定性を高めたい方は必要なオプションですが、プロバイダを選べば無料で利用できます

必要ないという方でもビックカメラの店頭で契約することで勝手にオプションを付けられてしまうかもしれません。

4-5.2年自動更新なしプランは値上がりする

BIC WiMAXをおすすめできない5つめの理由がプランによって値上がりすることです。

自動更新なしの2年プランは契約期間が終わると月々4,005円まで値上がりします。

また既に受付は停止していますが、過去のプランで「長期利用割引」を利用していた方はも契約期間終了後に500円ほど値上がりするので、注意が必要です。

5.絶対に失敗しないWiMAXのプロバイダ選び

さて、それでは実際にどのWiMAXのプロバイダを選ぶのがベストなのでしょうか?

  • 「自分にあったWiMAXのプロバイダはどれ?」
  • 「比較しても、どこがお得なのかよくわからない…」
  • 「結論、どこのプロバイダを契約すればいいの?」

そんな迷いをお持ちのアナタへ、当研究所がイチオシのWiMAXのプロバイダについて詳しく解説します!

絶対に失敗しないWiMAXのプロバイダ選びをアナタの条件・ご希望に合わせてご紹介します。 インターネットを10年間販売してきた当研究所が、日本一わかりやすく解説いたします!

 

WiMAXが2020年3月で終了
WiMAXは2020年4月から完全に「WiMAX2+」に移行しました。
それによって、月額料金や最大速度が旧WiMAXと違います。
これから紹介するのは、WiMAX2+の選び方になりますのでご安心ください。

①WiMAXのプロバイダ選びポイント

WiMAXのプロバイダ選びは、「最新端末」が提供できるプロバイダを選びましょう。

ポイント : 「最新端末」で選ぶ理由
  1. 速度はプロバイダではなく、「端末」で変わる
  2. 最新端末の方が年々、最大速度が向上している
  3. プロバイダごとに月額料金の差がそこまでない

プロバイダで月額料金の差はありますが、倍違うということはもちろんありません。

ただ、「端末」が最新端末でないと「実際の速度」に関して何倍も差が出てきます。

毎月、月額料金を支払って全く使いものにならないのであれば意味がありませんよね。

次に、2020年の「最新端末」を紹介していきます。

【2020年最新版】WiMAXの最新機種を選ぶ

現在、WiMAXの最新機種は「W06」と「WX06」の2つです。

製品名 Speed Wi-Fi NEXT WX06 Speed Wi-Fi NEXT W06
製造元 NECプラットフォームズ株式会社 ファーウェイ・ジャパン株式会社
対応ネットワーク WiMAX2+、au 4G LTE WiMAX2+、au 4G LTE
下り最大速度 440Mbps 1.2Gbps(440Mbps)*1
上り最大速度 75Mbps 75Mbps

*1 <東京都、埼玉県、愛知県、大阪府>の一部エリアとなります。また有線接続(USB3.0以上対応のType-Cケーブル(別売)の購入)、ハイスピードプラスエリアモードでの利用に限られます。

「W06」と「WX06」が2020年の最新端末になり、どちらもおすすめです。

理由は、W06の方が最大速度が2倍以上違うように見えますが、最大1.2Gbpsで使う条件があるからです。

「W06」の最大1.2Gbpsで使う場合、場所が限定されるのと有線接続が条件です。

さらにハイスピードプラスエリアモードは月間7GBまでしか使えません。

万が一、7GB超えた場合は速度制限が1ヶ月かかりますので少しデメリットにもなるからです

ハイスピードプラスエリアモードとは?
WiMAXは「WiMAX+2」回線を利用していますが、これに「au 4G LTE」回線を加えたものがハイスピードプラスエリアモードになります。
このモードの方が通信速度が速く、通信エリアも広いです。
しかし、このモードでは月に7GB以上使うと通信速度が128kbpsまで落ちてしまいます。
一度この制限がかかると翌月まで戻りません。

色々なサイトで「W06」を押してますが、「WX06」も通常の使い方をするなら「W06」と速度や性能はそこまで変わりません。

「WX06」は電波を場所に合わせて飛び方を変えてくれるので「W06」より安定して繋がります。

簡単に説明すると、「W06」は限定的に速度に特化した端末で、「WX06」は広範囲で使う際におすすめの最新機種になりますので好きな方を選びましょう。

「W06」と「WX06」を提供しているプロバイダの料金を比較する

次に、最新機種「W06」と「WX06」が対応したWiMAXプロバイダの料金を比較してみました。

初期費用 3年間の月額料金 端末料金 キャッシュバック 3年間トータル料金
JP WiMAX 現在新規受付停止中 3,000円 131,100円 0円 amazonギフト10,000円 124.100円
GMOとくとくBB 3,000円 152,160円 0円 27,000円 128,060円
DTI WiMAX 3,000円 126,670円 0円 なし 129,670円
BroadWiMAX 3,000円 128,626円 0円(条件あり) なし 131,626円(条件あり)
カシモWiMAX 3,000円 130,368円 0円 なし 133,368円
Tikiモバイル WiMAX 0円 143,640 0円 なし 143,640円
hi-ho 3,000円 144,960円 0円 なし 147,960円
BIGLOBE 3,000円 136,300円 19,200円 7,000円 151,500円
UQWiMAX 3,000円 139,680円 15,000円 なし 157,680円
@nifty 3,000円 150,890円 20,000円 なし 174,652円

*全プロバイダWIMAX2+のギガ放題での料金計算になります。
*ギガ放題とは「通信量無制限の使い放題」+「au 4G LTEハイスピードエリアモード」が併用できるサービスです。(3日で10GBの制限はあります)

この中で、キャッシュバックが多い「GMOとくとくBB」がトータル料金が最安値になりますが、少し落とし穴があるのでおすすめはしません。

GMOとくとくBBをおすすめしない理由
GMOとくとくBBのキャッシュバックは34,800円と飛び抜けています。
圧倒的なキャッシュバック金額なのですが、貰えるのは契約してから実は12ヶ月後になります。
しかも手続き方法も相当面倒で、 11ヶ月後にGMO専用メールアドレスに届くキャッシュバック特典メールを翌月までに返信する必要があります。
これを忘れるとキャッシュバックを受け取れないというリスクがあります。

キャッシュバックの手続きが必要なく、月額料金が最安値のDTI WiMAX」がおすすめです。

WiMAXのキャッシュバックは条件があるので、月額料金が一番安いプロバイダを選ぶのが賢い選び方になります。

WiMAXのプロバイダの多くは4年目以降料金が上がることが多いですが、「DTI WiMAX」は料金変わらないのでそのまま最安値で使えます。

3年間の月額料金が最安値「DTI WiMAX2+」

提供元:DTI WiMAX公式

月額料金 3,760円
1ヶ月〜2ヶ月目 0円
3ヶ月目 2,590円
事務手数料 3,000円
端末代金 0円
LTEオプション月額料金 0円

「DTI WiMAX2+」で契約すれば以下のようなメリットとデメリットがあります。

おすすめといってもメリットだけではないのでデメリットを把握して選びましょう。

「DTI WiMAX2+」のメリット
  • 月額料金がどこよりも安い。
  • 最新端末の「W06」と「WX06」が無料。
  • ○ヶ月無料のキャンペーンを行っている。
    「DTI WiMAX2+」のデメリット
    ・キャッシュバックがない。 ・キャッシュバック含めた、トータル料金だと「GMOとくとくBB」に若干劣る。

    DTI WiMAX2+」は、キャッシュバックがありません。

    GMOとくとくBB」のキャッシュバックを受け取れる方や、キャッシュバックが欲しい方は「GMOとくとくBB」をおすすめします。

    ただ、「DTI WiMAX2+」は「GMOとくとくBB」のようなキャッシュバックが無い代わりに、どのプロバイダよりも月額料金が安いです。

    2020年5月現在では最初の2ヶ月が無料となるキャンペーンを行っており、3ヶ月目は2,590円で、4ヶ月目~3,760円と月額料金としては最安値になってます 。

    また、キャッシュバックを受け取る必要がないので、手続きし忘れるといったことがありません。

    GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取り忘れて、結果高額になってしまう可能性を考えると、おすすめです。

    最新端末「W06」と「WX06」の端末料金も無料なので、お得に利用ができます。 「DTI WiMAX2+」公式窓口はこちら

    6.ビックカメラWiMAX(BIC WiMAX)の疑問集

    ASKの画像 BIC WiMAXと契約してしまった場合に発生する質問についてご紹介します。

    気になる方は参考にしてみて下さい。

    6-1.ビックカメラ wimax (BIC WiMAX)の速度が遅い場合は?

    BIC WiMAXを使用して速度が遅い場合は、主に4つの原因が考えられます。

    • WiMAXからWiMAX2+へ移行していない
    • サービス対象外エリア
    • 速度制限がかかっている
    • 端末機器の場所が悪い

    回線はWiMAXそのものを使用しているので、プロバイダであるビックカメラの影響によるものではありません。

    一つずつ説明していきます。

    WiMAXからWiMAX2+へ移行していない

    使用している機器が旧モデルのWiMAXの方に該当する話です。

    WiMAXは2020年3月31日でサービスが終了します。

    使用し続けるには、WiMAX2+に変更しなければいけません。

    元々WiMAX回線は下りで最大40Mbpsでしたが、13.3Mbpsまで下がっています。

    これはWiMAX 2+のサービスが開始されたことにより、WiMAXで使用していた回線をWiMAX 2+に切り替えたからです。

    上り 下り
    WiMAX 15.4Mbps 40Mbps→13.3Mbps
    WiMAX 2+ 30Mbps 440Mbps

    以前からWiMAXを使用している方は、WiMAX2+に使用される回線が少なくなったことで速度が遅くなったと感じるでしょう。

    DTI WiMAXGMOとくとくBBのように、WiMAX2+がお得に切り替えられるキャンペーンもあるので確認してみましょう。

    サービス対象外エリア

    サービス対象外のエリアで使用している場合は、WiMAXの回線が届かないのでインターネットが繋がらなかったり遅くなったりします。

    使用している地域がWiMAXを使用できるかはUQコミュニケーションズの公式サイトから調べることが可能です。

    もしWiMAXのサービス対象エリアではなかった場合は、LTEオプションプランを利用するしか方法がありません。

    速度制限がかかっている

    WiMAXは使用しているデータ容量プランに応じて、使いすぎた場合は速度制限がかかる仕組みになっています。

    BIC WiMAXはギガ放題プランしか受け付けていないので、速度制限がかかるとすれば直近3日間で10GB以上使用した場合のみです。

    速度制限がかかる時間は、3日間で10GB以上使用した翌日の夜だけなので、少しだけ我慢すれば元の速度に戻ります。

    ちなみに、10GBとはYoutubeを標準画質で33時間以上見たときに消費される容量です。

    高画質な動画を視聴したりデータ容量が大きいファイルをダウンロードしたりすると、すぐに速度制限がかかるので注意しましょう。

    周波数の問題

    端末機器の周波数の問題で、速度が遅くなることがあります。

    WiMAX 2+で使用されている周波数は2.4GHz帯5GHz帯の2つです。

    LTEオプションを使用している場合は、800MHz帯のプラチナバンドと呼ばれる周波数を使用することもできます。

    この周波数にはメリットとデメリットがあり、端末機器の置き場所によって影響を受けやすいのです。

    周波数 メリット デメリット
    2.4GHz 障害物に強い 家電製品の周波数と干渉しやすい
    5GHz 家電製品の周波数と干渉しない 障害物に弱い
    800MHz 障害物に強い 地域によって電波が入りにくい

    速度が遅くなったと感じた場合は、使用している周波数を切り替えて見て下さい。

    WiMAXの機器本体から切り替えることができます。

    6-2.ビックカメラ wimax (BIC WiMAX)の解約方法は?

    電話の画像 BIC WiMAXの解約方法はサポートセンターへ電話をする方法解約届を郵送する方法の2つです。

    サポートセンターへ電話で解約する場合は当日から30日後までの間で解約日を指定できます。

    また、解約届を郵送する場合は公式サイトから必要書類をダウンロードするかサポートセンターから取り寄せて必要事項を記入して郵送するだけです。

    しかし、サポートセンターへの電話が繋がりにくいようですので、少し手間がかかりますが公式サイトから必要書類をダウンロードして解約届を郵送する方法がスムーズでしょう。

    6-3.ビックカメラ wimax (BIC WiMAX)の解約金は?

    ここではBICギガ放題プランの解約金について説明します。 契約期間によって解約金が変わるので注意が必要です。

    解約金 解約金が0円になる月
    3年プラン 9,500円 37ヶ月目
    2年プラン(自動更新あり) 1,000円 25ヶ月目
    2年プラン(自動更新なし) 1,000円 26ヶ月目以降
    期間条件なし 0円 いつでも

    旧料金プランを使用している方は上記の通りではありません。

    また、端末代金を分割で支払っている方は30ヶ月以内の解約で残っている端末代金を請求されるので気をつけましょう。

    6-4.ビックカメラ wimax (BIC WiMAX)の問い合わせ先は?

    フリーコール 0120-99-5151
    携帯電話から利用する場合(有料) 042-310-3710

    受付時間は9:00~21:00まで年中無休で営業しています。

    故障や盗難、紛失については24時間対応です。

    7.まとめ

    BIC WiMAXについて解説しましたが、メリットよりもデメリットが大きいのでおすすめできません。

    おすすめできない理由は以下の5つです。

    おすすめできない理由
    • 基本料金が高い
    • キャンペーンが弱い
    • 端末代金が発生する
    • LTEオプション利用料の1005円がプラスされる
    • 2年自動更新後は値上がりする

    そして、同じWiMAX回線を使用しているおすすめのプロバイダは

    おすすめのWiMAX

    の2社です。 最大の魅力が月額利用料の安さキャンペーンとなります。

    どのプロバイダでWiMAXを契約すればわからないという方は、DTI・GMOとくとくBBを検討してみてください。