BIGLOBE WiMAXは人気のポケットWi-Fiですが、色々な理由で使わなくなり解約する方も多くいます。ただ、解約して使えなくなるサービスなどありますので事前に知っておくことでスムーズに解約ができます。

そのため、BIGLOBE WiMAXの解約についての注意すべきポイントと全手順を解説していきます。

解約の問い合わせ先が知りたい方へは先に紹介します。

BIGLOBE WiMAXの解約問い合わせ先

・固定電話からかける場合:0120-86-0962
・携帯電話からかける場合:03-6385-0962

繋がりにくい場合や急いでない方は公式サイトから解約がおすすめです。
10分前後で解約できます。公式サイトはこちら

1.BIGLOBE WiMAXを解約する際の注意点

BIGLOBE WiMAXを実際に解約しようとした際に、注意すべき項目があります

この注意点を理解しておかないと、違約金がかかったりするので後々後悔することになりかねません

主なBIGLOBE WiMAX解約時の注意点としては、次のような点があります。

1-1.違約金がかかる

BIGLOBE WiMAXでは、定期利用期間というものが設定れていて、基本的には2年(24ヶ月)となっています

ただ、「Flat ツープラス auスマホ割[4年]」の契約プランの場合は48ヶ月となります。

また、「ギガ放題1年」の契約プランの場合は12ヶ月になるのですが、BIGLOBE WiMAXに新規契約した新規加入者は、定期利用期間として設定された期間は最低利用期間と考えて契約を続けることが望まれます。

その理由としては、定期利用期間よりも前に解約した場合に契約解除料という名目で違約金を支払わなければならないためです。

定期利用期間を超えた場合も、契約更新月でない月に解約を行うと違約金がかかってしまいます

新規契約時のキャンペーンによっては、キャンペーン特典に対する違約金も支払う必要も生じます。

気になる解約金は、サービス開始月を含めて更新月より前に解約する場合においては、10,000円以上の違約金がかかります。

具体的には、以下の解約金がかかってしまいます。

2年契約プラン
3年契約プラン
4年契約プラン
更新月
(違約金不要で解約できる月)
24ヶ月目、48ヶ月目、72ヶ月目…
36ヶ月目、72ヶ月目、108ヶ月目…
48ヶ月目、96ヶ月目…
違約金
契約月~12ヶ月目:19,000円
13~23ヶ月目:14,000円
25ヶ月目以降:9,500円
契約月~12ヶ月目:19,000円
13~24ヶ月目:14,000円
25ヶ月目以降:9,500円
契約月~12ヶ月目:19,000円
13~24ヶ月目:14,000円
25ヶ月目以降:9,500円

違約金がかからないタイミングは?

違約金は、基本的に契約更新月のタイミングで解約することで、免除されます

契約更新月とは、以下の表のタイミングとなります。

画像元:BIGLOBE

BIGLOBEWiMAXは契約した月を0ヶ月とした場合、契約期間によって24ヶ月目・36ヶ月目・48ヶ月目が更新月となって、違約金不要で解約可能です。

ほとんどのWiMAXプロバイダにおいては、契約した月を0ヶ月目とした場合、更新月が25ヶ月目・37ヶ月目・49ヶ月目となるのですが、BIGLOBEは特殊な算出方法を採用しています。

よく注意して、間違えないようにしましょうね。

また、当月中の解約が可能なのは25日までに解約手続きを完了した人のみであります。

もし26日以降に解約手続きした場合、翌月解約となってしまってタイミングによっては解約違約金を請求されてしまいます。

更に、解約月の利用料金は日割り計算されませんので注意しましょう。

契約してから途中でプランを変更しているケースでは、新しいプランが適用されたプラン変更月を1ヶ月目として契約月数を数えるスタイルとなっています。

新しいプランが2年契約プランの場合であれば、新しいプランが適用された月を1ヶ月目として24ヶ月目に違約金不要で解約できる更新月となります。

自分の契約期間がわからないという方は、BIGLOBEのマイページにログインして確認することが可能です。

もし電話で確認したい人は、以下の手順で行いましょう。

インフォメーションデスクへの連絡方法

0120-86-0962または03-6385-0962に電話
→音声案内が流れたら「4(モバイル)」
→「1(契約内容の確認)」
→「3(契約解除料金や契約更新月の確認)」の順にボタンを押すと音声でチェック可能

解約するタイミングをある程度事前に見計らって、場合によっては契約更新月まで待って解約するようにしましょう。

1-2.キャッシュバックの受け取りと特典違約金がある

通常の違約金だけでなく、キャンペーンの違約金が必要になる場合もあります。

BIGLOBE WiMAXでは新規契約の際に色々な特典が貰えるBIGLOBE WiMAXキャンペーンが展開されています。

例えば、次のようなキャンペーンが行われているのです。

主なキャンペーン
  • 新規キャンペーン
  • 乗り換えキャンペーン
  • ポイントバックキャンペーン
  • キャッシュバックキャンペーン

    例えば、Androidのタブレットが0円で貰えるキャンペーンがありますが、定期利用期間より前に解約してしまうとキャンペーンの違約金が発生してしまいます。

    また、ルーターの代金分を値引きするキャンペーンなどでは、定期利用期間より前の解約によってルーターの未払い分を一括で支払わなければなりません

    例えば、最低利用期間内に解約した場合、WiMAX2+の契約解除料とは別に、クレジットカードまたはBIGLOBE会員の方で口座振替以外でお支払いの場合において、WX04は20,000円(WX03/L01/W04は5,000円の特典違約金がかかります。

    この一方で、すぐにでも解約したい場合でも、キャッシュバックの特典がある場合、キャッシュバックをしっかりと受け取ってから解約するのがお得です。

    キャッシュバックの条件としては、12ヶ月間継続利用することが条件となっている場合が多いです。

    少なくとも12ヶ月間は利用して、キャッシュバックに必要な手続きを取った上でキャッシュバックを受け取った段階で、解約手続きをすると良いでしょう。

    1-3.BIGLOBEで取得したメールアドレスが使用できなくなる

    BIGLOBEに加入すると、無料でメールアドレスが付与されます。

    BIGLOBEはブランド力が高いので、メインのメールアドレスとしても大活躍します。

    また、ドメイン箇所に任意の3文字が付与されるので、意外とメールアドレスがバッティングすることなく登録できる点も魅力的です。

    但し、BIGLOBE WiMAXを解約して同時にBIGLOBEも解約してしまうと、メールアドレスが利用できなくなります。

    ショッピングサイトなどを継続して利用したいのであれば、新たにメールアドレスを作成できるプロバイダを利用するか、メールアドレスを発行できるサービスを利用する必要があります。

    意外と手間がかかる作業となるので、事前にしっかりと準備しておきましょう。

    1-4.データ端末をレンタルしている場合は返却不要

    WiMAX端末は購入することもレンタルすることもできるのですが、もしレンタルしていたとしてもルーターの返却は不要です。

    処分される場合は、燃えるゴミに廃棄すればよいわけではありません

    住んでいる自治体の指示に従い破棄する必要があり、場合によっては費用がかかるケースもあるので注意してください。

    1-5.24ヶ月以内の退会・解約は端末代金の残債がある

    BIGLOBE WiMAXでは、端末自体は無料ではなく実質無料となります。

    実質という点が実にわかりにくいのですが、端末代金が19,200円の機種を利用していれば毎月800円のレンタル料がかかりますが、BIGLOBEが毎月割引している形となります。

    よって、契約から2年以内に退会もしくは解約している場合は、端末代金の残債を一括で支払わなければならなくなります

    契約期間が短いほど、より多くの端末代金の残債を払う必要があるので、負担が多くなるので要注意です。

    1-6.退会月は1ヶ月分の利用料金がかかる

    BIGLOBE WiMAXの場合は解約月の料金は日割りされるわけではなく解約日が月初めでも日割り計算はしてくれません

    これは、BIGLOBE以外のWiMAX系サービスも同様で、WiMAXの回線元であるUQコミュニケーションズのUQ WiMAX以外のサービスでは同様となります。

    もし月初めに解約した場合、月額料金とオプション料金などすべての利用料が1ヶ月分請求されてしまいます。

    よって、解約するときは月初めよりも月末に解約手続きをした方がおすすめです。

    但し、25日締めとなるので、それを超えると翌月の解約になるので注意してください。

    2.BIGLOBE WiMAXの解約手順

    BIGLOBE WiMAXを実際に解約したい場合、公式サイト経由と電話による解約ができます

    どちらも一長一短があるのですが、ある程度解約の流れを理解していて、早急に解約したい場合は公式サイト経由がおすすめです。

    電話での場合、営業時間内に電話する必要があって、また時間帯によってはとても混み合うのでなかなか解約まで進めることができません

    但し、わからないことがあればその場で聞くことができるので、電話ならではのメリットがあります。

    よって、自分自身でメリットが大きい方を選択しましょう。

    ここでは、各解約方法について詳しく解説します。

    2-1.公式サイトから解約する方法

    以前は電話からしか解約できなかったのですが、今ではBIGLOBEの公式サイトより解約が可能となりました。

    解約する場合、まずは以下ページにアクセスしてください。

    参照元:BIGLOBE

    注意点が記載されているので、しっかりとチェックしてから手続き案内に進むボタンを押してください。

    すると、ログイン画面が表示されるのでBIGLOBE IDとパスワードを入力します。

    ログインが完了すると、契約中の接続サービスと主なオプションサービスが表示されます。

    ここで、BIGLOBE光を契約している場合は、全て解約するを選択すると必要なサービスまで解約してしまうので、モバイルオプションのみを解約する手続きへに進みましょう。

    そして、アンケートなどが表示されるのでそれぞれを回答していき、最後に手続きの前にご確認下さいという画面に移動します。

    その一番下にある、解約したいサービスの選択へをクリックしてください。

    解約サービスは全部で3種類あるので、次のように選択しましょう。

    • モバイルインターネット:解約する
    • BIGLOBEメールアドレス:利用しない/利用していない
    • BIGLOBEのセキュリティやブログ、ホームページ等ログインして使うサービス:解約/利用していない

    チェックが終わったら「最適な手続きをみる」をクリックしてください。

    もしここでメールアドレスなどは引き続き使いたい場合は、引き続き利用するにチェックを入れてください。

    最後に、退会手続きを押すと退会が完了です。

    この手続が完了した後も、月末までは問題なくWiMAXサービスは利用可能となっています。

    オンライン上で退会手続きした場合は、マイページの退会受付状況の確認・キャンセルページからキャンセルすることもできます。

    概ね、オンラインで解約手続きした場合は10分程度で完了します。

    解約ページはこちら:https://support.biglobe.ne.jp/jimu/keiyaku/kaiyaku/

    2-2.電話から解約する方法

    電話で解約する場合に注意したいのが、解約の電話受付時間です。

    受付時間は10時〜19時までとなっていて、曜日は関係なく、1年中365日受付をしています

    平日の場合、会社員であればお昼休みのタイミングであったり帰宅後のタイミングで電話する方が多いので、お昼と夕方はとても混み合います。

    また、休日は然りであり終日混み合う傾向があるので、特に繋がりやすい時間帯である11時〜13時頃、16時あたりを狙いましょう。

    もし電話で解約の申込みをする場合には、空いている時間帯に電話をかけると効率よく解約できます。

    電話番号は、以下となります。

    解約連絡先

    一般電話からかける場合:0120-86-0962
    携帯電話からかける場合:03-6385-0962

    フリーダイヤルの場合、無料である反面多くの方が電話するので、お金がかかっても良いのであれば一般電話からも03-6385-0962に電話するのもおすすめです。

    なお、お問い合わせ電話窓口の混雑状況ページから、電話の繋がりやすさを確認することも可能です。

    2-3.解約した後の返却方法

    BIGLOBE WiMAXの場合は、先に紹介したとおりルーターは返却する必要はなく処分しても構いません

    UIMカードについても、自身でハサミなどで切り込みを入れて破棄してください。

    人情報が詰まっているものとなりますので、しっかりと処理してから廃棄するようにしましょう。

    3.解約金を回避、免除する方法がある

    BIGLOBE WiMAXでは高い違約金がかかってしまいます

    無駄に費用が発生するので、うまくタイミングを見計らって解約することが重要です。

    主に、次のタイミングを見計らって解約しましょう。

    3-1.更新月に乗り換える

    先に紹介したとおり、契約更新月に乗り換えるのが手っ取り早いです。

    少しでも早く解約したほうが、月額を抑えることができると感じがちですが、解約金を考えれば1ヶ月程度であれば先延ばしするというのも良いでしょう。

    3-2.違約金がかからないタイミングで解約する

    BIGLOBE WiMAXを利用しはじめたタイミングで、使えない…と感じることがあります。

    実は、購入や契約後8日以内であれば解約できる制度があります。
    「初期契約解除制度」といい、契約書面到着から8日間以内であれば契約の解約ができます。

    月額料金などは日割り分の支払いは必要となってしまいますが、8日間以内のキャンセルであれば解約金は発生しません

    もし解約したいという場合は、8日以内にショップや電話で連絡するようにしてください

    8日間というのは、契約後に送付される契約書面を受領した日、または UIM カードが到着した日のいずれか遅い日を初日としてカウントされます。

    契約時の書類か、WiMAXのルーター(UIMカードは端末と同梱されている)が到着した日の遅い日が1日目となるので、そこから8日以内にハガキを送付してください。

    以前は契約時に必ず書面が送付されたのですがが、現在は電子交付のみも選べるようになっています

      データ端末およびオプション(クレードル等)は、初期契約解除が可能な期間の満了日を初日として14日を経過するまでに返却する必要があります。

      所定の期間に返却が行われなかった場合は代金相当額が請求されますので注意してください。

      送付先

      ハガキの場合
      〒980-8790
      仙台中央郵便局 郵便私書箱第 30 号
      ビッグローブ株式会社 BIGLOBE 登録センター 宛て

      機器の場合
      〒277-0834
      千葉県柏市松ヶ崎新田字水神前 13-1 ロジポート北柏 501
      ビッグローブ株式会社 「WiMAX 2+」返却センター 宛て

      3-3.違約金を負担してくれる回線に乗り換え

      他のインターネット系サービスを提供している会社では、多くのユーザーをすぐにでも獲得しようと多くの策を講じています

      その中で、違約金を負担してくれるキャンペーンを開催している場合があります。

      その中でも、特におすすめしたいのがBroad WiMAXです

      引用先:Broad WiMAX

       

      Broad WiMAXは、速度や品質は本家UQ WiMAXと同じですが、初期費用18,857円が無料であったりLTEオプション利用料が無料など、リーズナブルな費用で利用可能です。

      また、最短即日発送に対応していることもあって、すぐにでも利用したい方に向いています。

      店舗受け取りサービスがあるので、即日の利用も可能なのです。

      8日以内の申請で契約キャンセル可能で、解約もネットから可能で簡単に行えます

      他社WiMAXからの乗り換え違約金負担してくれて、乗り換えも指定他回線なら違約金0円なのですから驚きです。

      引用先:Broad WiMAX

      現在インターネットをご利用中の方であれば、初期費用0円、約解除料免除でBroad WiMAXにお乗換えできます。

      さらに、最新端末を含む人気のWiMAX端末が無料で選び放題となっているので、今契約しているWiMAXの契約解除料が高くて困っている方や、月額料金を少しでも安くしたい方に向いています

      キャンペーン期間は2019年12月23日 ~ 終了未定となっていますが、以下の条件を満たす必要があります。

      • 月額最安プラン(ギガorライト)お申込み
      • クレジットカード払い
      • 安心サポートプラス、MyBroadサポート加入

      また、注意点としては以下のようなものがあります。

      • 口座振替でのお申込み、auスマホ割プランはお乗換えキャンペーンの対象外となる
      • キャッシュバックお振込み前に解約もしくは初期契約解除を申請された場合は無効となる
      • 解約までに開通しない場合は一度解約金を負担いただき、開通後ご負担いただいた解約金をキャッシュバックされる
      • 乗換え後、以前利用いただいていたサービスに戻ることはできない
      • 所定の方法にて手続きを完了された方が対象となり、現在ご利用中のインターネットの解約確認書類が必要となる

      BIGLOBE WiMAXを解約したことがわかる書類が必須となるので、廃棄することなく保管しておきましょう

      「Broad WiMAX」公式窓口はこちら

      4.BIGLOBE WiMAX解約後の再契約手順

      BIGLOBE WiMAXに再度契約することは可能です

      BIGLOBE WiMAXでキャンペーンを再適用させて契約する場合は、別のIDで契約をする必要があります。

      ルール上は問題なくキャンペーンを適用できるのですが、注意したいのは退会と解約の違いです。

      退会と解約には、以下の違いがあります。

      • 退会:プロバイダのすべてのサービスを退会すること
      • 解約:プロバイダIDを残したまま、通信契約だけを解約すること

      別のIDで契約をする必要があると説明しましたが、退会が必要になることを意味します。

      解約とは、プロバイダ独自のメールサービスやホームページサービスなどが使える状態で、通信契約を解約している状態となります。

      再契約する場合、プロバイダIDが同じとなってしまうのです。

      これにより、キャンペーンが適用できないので要注意です。

      また、プロバイダと契約していると、料金の滞納やトラブルなどがあった場合においてはキャンペーンの適用がされないことがあります

      プロバイダによってその基準は違うので、もし再契約をする場合は電話などで確認することをおすすめします。

      5.まとめ

      BIGLOBE WiMAXを解約する際のポイントは以下となります。

      • 解約金がかからないタイミングの把握。
      • 解約方法は、電話か公式サイトで解約ができる。
      • 速度が遅くて乗り換えたい場合は、他社の乗り換えキャンペーンを活用するのが有効的
      • 解約後に、再契約することもできる

      ということが言えます。

      BIGLOBE WiMAX解約について、解説しました。
      あなたが、BIGLOBE WiMAXを解約する場合の参考になれば幸いです。

      また、BIGLOBE WiMAXを契約するかどうか迷ってる方は公式サイトのキャンペーンを参考ください。

      「BIGLOBE WiMAX2+」公式サイトはこちら