常に新しいことにチャレンジする印象があるソフトバンクですが、特にソフトバンク光は常識を覆すようなサービス内容で多くのユーザーを確保しています。

また、ソフトバンクスマホケータイを所有している方にとっては、割引サービスもあってリーズナブルな価格で利用することも可能です。

ただ、実際に利用されいている方がどのような印象を持っているのかが気になりますよね。

そこで、ソフトバンク光の評判についてユーザー100人にアンケートを取り、実際の評判について調査しました。
*クラウドワークスというクラウドソーシングサイトで評判を調査した結果になります。

その結果、概ね満足されているという方が多いのですが、中には不満に感じているという意見も見られました。

ここでは、ソフトバンク光のリアルな評判について徹底解説していきます。

1.ソフトバンク光とは?

ソフトバンク光は、光コラボレーションを利用して光回線を自社のサービスを提供していて、プロバイダ料金も込みでサービスを提供しています。

光コラボレーションとは、NTT東日本やNTT西日本が提供しているフレッツ光を各事業者が利用して、フレッツ光の速度や品質はそのままに各事業者が独自のキャンペーンや施策をプラスした新しいインターネットの形です。

よって、基本的にはフレッツ光との性能差はないのですが、ソフトバンク光の様々なサービスを付加しているのが特徴です。

2015年2月から事前受付を開始して、2015年3月より提供をスタートさせています。

ソフトバンク光ハイスピード(IPv6 IPoE+IPv4)の場合は、下りで最大1Gbpsをマークしています。

但し、最大1Gbpsとは技術規格上の最大速度であって実際には利用環境や回線状況などにより、低下する場合があります。

これは、いわゆるベストエフォートと呼ばれる理論値であり、実際には1Gbpsをマークすることはほぼありませんので注意が必要です。

プロバイダはYahoo! BBのみが提供されているので、プロバイダ選びで悩んでいる方にとっては一択しかないので悩む必要がないという特徴があります。

インターネットサービスだけでなく、ソフトバンク光テレビや電話サービスも利用できるのもあって、従来利用していたものを継続利用することが可能です

2.ソフトバンク光の料金

参照先:ソフトバンク光

ソフトバンク光は、リーズナブルな価格設定となっているのが特徴です。

主なプランや月額などは、以下のようにまとめることができます。

プラン名 初期費用 契約期間 月額 違約金 最大速度 無線ルーター
戸建住宅 3,000円
※1 27,000円
※2 5,000円
2年間 5,200円 9,500円 1Gbps 467円/月
5年間 4,700円 15,000 1Gbps 467円/月
自動更新なし 6,300円 なし 1Gbps 467円/月
集合住宅 3,000円
※1 27,000円
※2 5,000円
2年間 3,800円 9,500円 1Gbps 467円/月
なし 4,900円 なし 1Gbps 467円/月

※1 立ち会い工事が必要な場合
※2 フレッツ 光ネクスト/他社光コラボレーションサービスを利用しておらず、立ち会い工事がない場合

月額に関しては、全てプロバイダー料金が含まれているのが特徴です

通常、この月額に更にプロバイダー料金が必要になるのですが、含まれた金額なのでとてもリーズナブルなイメージがあります。

最大速度に関しては、フレッツ光の回線を利用していることもあって最大1Gbpsとなりますが、他のサービスと比較しても横並びとなっています。

料金は、複数年契約になると月額がお得になる仕組みを採用していて、特に戸建住宅の場合は5年契約することで4,700円で利用することができるのが魅力的です。

但し、途中で解約したい場合は15,000円の違約金が発生しますので注意してください。

集合住宅でも同様で、2年契約では900円もオトクに利用することができますが、途中解約する場合は違約金として9,500円が請求されます。

複数年契約の場合、契約期間内に解約完了しなかった場合はさらに2年間を契約期間として更新するスタイルとなっています。

無線ルーターとして、光BBユニットをレンタル可能です。

光BBユニットは、BBフォン/Wi-Fiマルチパック/光電話機能/ひかり電話機能を利用する場合に必要となるブロードバンドルータのレンタルサービスとなっています。

機種が2種類あって、E-WMTA2.2/2.3は最大1Gbps(上り/下り)となり、E-WMTA2.1の場合は最大100Mbps(上り/下り)となっています。

レンタルというスタイルで付与されて、月額467円かかります

光BBユニットレンタルを2010年5月31日以前に申し込んでいる場合は、光BBユニットレンタルは月額利用料380円となります。

2-1.携帯がソフトバンクなら安い

参照先:ソフトバンク光

ソフトバンク光では、ソフトバンクの携帯電話を利用している場合に割引サービスがあります。

おうち割光セットというプラン名で、ソフトバンクでデータプラン50GB+やデータプランミニに加入されている場合、セット割引として毎月1,000円の割引を受けることができます

これは、台数に制限がありませんので4人家族で全員がデータプラン50GB+やデータプランミニである場合、4人全員が1,000円の割引サービスを受けることができるので、トータル4,000円も削減可能です。

対象はiPhoneやスマートフォンだけでなくケータイ、iPad、タブレット、Wi-Fiルーター、モバイルシアターも割引対象となっています。

特に割引期間に制限がなく、永年でおうち割光セットを利用できる点が魅力的です。

2-2.乗り換えで違約金を負担してくれる

参照先:ソフトバンク光

ソフトバンク光と同様に、他社も基本的に複数年契約があって途中で解約すると違約金が発生します。

月額がお得になる反面、違約金によって手軽に乗り換えにくい雰囲気があるのは事実です。

ただ、ソフトバンク光の場合はなんと違約金を全額キャッシバックしてくれるサービスがあります。

ソフトバンクが提携しているケーブルテレビのインターネットは対象外となりますが、他社の光サービスを利用されている方であればこの恩恵を受けることができます

これによって、気軽に乗り換えることができますね。

また、回線工事料を最大24,000円も同時にキャッシュバックしてくれます

但し、回線工事費が24,000円の場合の特典であって9,600円または2,000円の場合は10,000円のキャッシュバックとなります。

それでも、お得感が強いサービスとして推奨できます。

最大24,000円キャッシュバック(普通為替)または、月額利用料から1,000円×24ヵ月割引するスタイルで、自分自身で選択可能です。

一括で付与してほしい方にも、毎月ちょっとずつ割引してほしい方にもうれしいサービスですね。

利用方法としては、まずはソフトバンク光を申し込みして、利用開始します。

その後、課金開始月を1ヵ月目として5ヵ月目の末日までに、専用ウェブページから証明書アップロード、または証明書貼付シートを返却することでこのサービスが適用されます。

申請しないとお得なサービスを受けることができないので要注意です。

違約金負担キャンペーンは、新たにソフトバンク光を申し込んだ場合、他社固定ブロードバンド回線または他社モバイルブロードバンド回線の違約金や撤去工事費を満額還元してくれます。

キャッシュバックの対象は、他社サービス解約時に発生する違約金や撤去費用、他社モバイルブロードバンド端末代金の残債となります。

キャッシュバック金額は合計で最大10万円までという魅力的なキャンペーンですが、他社モバイルブロードバンド端末代金の残債に対するキャッシュバック金額は42,000円が限度額となります。

申し込み方法は、工事費用のキャッシュバックと同様で課金開始月を1ヵ月目として5ヵ月目の末日までに、専用ウェブページから証明書アップロード、または証明書貼付シートを返却する必要があります。

以上のような乗り換え時の負担サービスについては、光回線の代理店が頻繁に行っているサービスであります。

ただ、事業者自身がこのようなキャンペーンを行うのは非常に珍しく、代理店からもキャッシュバックもらえるので乗り換え先にするならおすすめですよ。

3.ソフトバンク光の評判をユーザー100人に直接聞いてみた。

実際にソフトバンク光を利用しているユーザー100人に対して、サービス内容等について意見を徴収した結果、大変満足と満足で約半数の方が占めています。

満足度 票数
大変満足 9
満足 44
どちらでもない 25
不満足 16
大変不満足 6

大満足まではいかないものの、そこそこ満足できると回答された方が44名と圧倒的に多くなっています。

また、大変不満足という結果を回答された方と大変満足と回答された方がほぼ同じ数字というのも興味深いですね。

利用環境などに応じて、どうしてもベストパフォーマンスを発揮できない場合が多いですし、少数ながらも不満に感じる方がいるのは事実です。

それでも、全体T系な傾向をみるとそこそこ満足されている方が多いというのが、ソフトバンク光の特徴です。

3-1.ソフトバンク光の速度の評判

インターネットを利用している中で気になる速度に関しては、概ね100Mbps以上の速度で利用できている方が半数近く存在しています。

速度 票数
1Mbps以下 1
1〜5Mbps 5
5〜10Mbps 11
20〜50Mbps 13
50〜100Mbps 27
100Mbps以上 21
300Mbps以上 22

1Gbpsという理論値ですが、やはり300Mbps以上をコンスタントに計測できている方は決して多くありません

ただ、100Mbps以上の速度が出ていれば通常のインターネット利用程度で全然問題はありません

むしろ、それ以上低い数値の場合は読み込み速度やダウンロード時間にも大きく影響を及ぼすので問題となります。

10Mbps以下という観点で見れば約2割もいるのですが、利用者の多くが安定しないことを問題視しています。

夜中の時間帯はwifiの繋がりが非常に悪い時がある。他のものと比べて非常に通信速度が早いと言っているがあまり実感がない。(20代 男性)

などの意見も多くありますが、これはどの光回線でも同じで他の要因がある場合もあるので一概にソフトバンク光が遅いという点には繋がりません。

以前、通信速度が明らかに遅くなったときコールセンターですぐに解決してもらえたこと。(30代 女性)

と言った、サポートセンターに連絡することで解決できたという事例も多く見られます。

3-2.ソフトバンク光の良い評判

ソフトバンク光に関しての良い評判としては、まずは料金が安いという点が多く聞かれます

スマホとマンション割で、セットにすると利用料金がお得になるので、ありがたいです。(30代 女性)

初めの工賃は無料だし、ソフトバンクやワイモバイルのスマホを使っていれば、割引をしてくれること。(20代 女性)

携帯電話のソフトバンクやワイモバイルとセットで料金が安くなる。家の電話代の節約ができる。でんきセットもある。元々yahoo!BBだったので、工事はなくそのまま使えて、設置も簡単だった。(50代 女性)

ソフトバンクの携帯を利用していると少しお得に使える点。また、利用を開始するにあたって対応が丁寧だった。(20代 男性)

家族全員と親戚家族もソフトバンクユーザーだったので、契約した際に月々のプランがやすかった事、またそれどれの携帯の料金も安くなった。また取り付けが非常に簡単であったので、恒例の親戚家族でも使えると思い契約をした。(20代 女性)

などの料金に関しての良い評判が多いのですが、特にソフトバンクケータイとのセット割引に恩恵を感じている方が多いのが事実です。

また、でんきセットも魅力の一つです

ソフトバンクでは電気事業も展開しているのですが、ソフトバンクでんきとセットで対象の携帯電話、タブレット、または対象の固定通信サービスをご利用することによって、対象の携帯電話、タブレット、または対象の固定通信サービスのご利用料金を割引してくれます。

割引額は、1回線あたり100円、電気料金を1%割引という内容で、 東京電力従量電灯B(30A)で試算した場合で2年間で5,328円程度お得になります。

うまく活用することで、更にリーズナブルな価格で利用することができますよ

料金以外では、不具合発生時の対応についても良い評判が挙がっています。

もともとソフトバンクAirを利用していましたが、速度が遅かったため電話をしたところ、我がマンション地域が電波が悪いという事で光に変えてくれました。料金のことも親身に相談してくれて、満足して契約することができました。工事業者さんが来たときもスムーズに設置してもらえました。(30代 男性)

以前、通信速度が明らかに遅くなったときコールセンターですぐに解決してもらえたこと。(30代 女性)

大手ですので、信頼感、安心感あります。今までトラブルもありませんでした。(30代 男性)

サービスが豊富で、ソフトバンクのスマホと同時に契約したので、かなり格安になったこと。(30代 女性)

サポートがちゃんとしていて問い合わせしやすくていいです。料金が安くていいと思います。(30代 男性)

そもそも安定したサービスを提供しているのですが、これはソフトバンク自身でしっかりと品質を確保しているためです。

また、もし不具合があった場合には適切なサポートを行うことで満足度を高めているのです

特に、光回線に詳しくない方にとっては、手厚いサポートをしてくれるのはとてもありがたいことですよね

3-3.ソフトバンク光の悪い評判

良い評判がある反面、悪い評判があるのも事実です。

まずは、プラン内容に関する不満が多く聞かれます

2年以内の解約は、解約金が一万円近くかかるということで、途中で乗り換えたいと思っても、2年以上待たないといけないというところが不便。(30代 女性)

あまり思いつきませんが、強いて言うならもう少しプラン?パターンがあってもいいかなと感じた(20代 女性)

よくわからないサービスに2か月ほど加入させてキャッシュバックを取るのは煩雑(40代 男性)

2年未満の解約は解約金9500円~工事費残債が請求されること。(30代 男性)

オプションがいろいろ勝手についていて解約がとてもめんどくさいです。(30代 男性)

2年以内の解約は、解約金が一万円近くかかるということで、途中で乗り換えたいと思っても、2年以上待たないといけないというところが不便。(30代 女性)

2年契約プランの場合は、月額がお得になる反面、解約金として9,500円かかってしまいます。

ずっとサービスを継続するのであれば問題ありませんが、もっとお得なサービスに乗り換えたい場合には負担が大きくなるのは残念ですね。

安易にソフトバンク光を利用するのではなく、しっかりと吟味して申し込む必要がありますね。

また、ソフトバンク光では多くのオプションが用意されています

主なオプションだけでも、以下のようなものがあります

  • 光BBユニットレンタル…BBフォン、Wi-Fiマルチパック、光電話機能、ひかり電話機能を利用する際に必要になるブロードバンドルーターのレンタルサービス
  • Wi-Fiマルチパック…ソフトバンク光でWi-Fiを利用する際に必要になるオプション
  • おでかけアクセス…外出先でソフトバンクが提供しているWi-Fiスポットでインターネットが接続できるサービス
  • 海外ローミング…海外でもインターネットにつなげられるサービス
  • ダイヤルアップサービス…一般の公衆電話やPHSを利用してインターネットに接続できるサービス
  • ホームゲートウェイ…ソフトバンク光で光電話・無線LANを利用する際に必要になるブロードバンドルーターのレンタルサービス

オプションを利用するためには月額がかかりますし、中には全く利用することもないようなオプションも多く見られます。

ただ、キャンペーンで特定のオプションを付けることでキャッシュバックされるものがあったりと、加入したほうがオトクな場合もあります。

よく吟味した上で、加入可否を選択する必要があります。

場合によっては、加入後に使用しないオプションを解約することも重要ですが、加入期間が決まっているオプションもあるので注意が必要です。

プラン内容以外では、速度に関する不満が聞かれます。

実家の家が木造建築ではなく鉄骨であったため、2階にメインの本体を置いていると3階までWIFIが届かない事が多く、つながりにくかったので結局別で追加の機械を購入しなければいけなくなった。(20代 女性)

通信速度が遅くなったり、よく通信が切断してしまうことがよくある。(40代 女性)

通信の速度が安定していない点。特に夜間になると動画を見るにはちょっと不便です。(30代 男性)

たまに回線が停止し、ルーターの再起動が必要になる。18-22時は回線が重くなる。(30代 女性)

時間帯によって速度が不安定になることが多く、使用する回線が多くなると、それも速度が遅くなる原因になった。(40代 女性)

実効速度が結構遅いこと、混雑することがあるせいか、動画や音声のダウンロードに時間がかかることがあること。(40代 男性)

天候が悪い時に回線が安定しない時があります。オプションなどの契約を進めてくるので、年配の方は注意が必要だと思います。(40代 男性)

速度の問題としては、時間帯に起因している場合もあります。

これは、特に集合住宅で発生する事が多いのですが、利用者が集中してしまうとどうしても回線速度が低下する傾向にあります。

住んでいる環境に関連するので、改善するためには引っ越すなどの処置も必要になってしまいます。

他では、ルーターが停止するという評判も見られます。

基本的に、レンタルするルーターは良品であるのですが、中には不具合品である場合もあるので、カスタマーセンターに連絡するようにしましょう。

他では、カスタマーセンターの対応がまれに悪いという点もあります。

スマホをソフトバンクからワイモバイルに変えたのですが、ソフトバンク光の手続きがゼロから始まりになってしまい、口座引き落としができずに困った事案がありました。(20代 女性)

工事までに日数がかかりました。中々工事の予約が取れなくて1ヶ月程先に伸ばされました。(20代 女性)

カスタマーセンターの対応が、人によって言うことが異なり不満があった点。(30代 女性)

量販店に行くと、ソフトバンク光を契約しているだけで望んでいないものを勧められたりするから面倒くさい。(20代 女性)

事務的なミスが少し多かったです。具体的に言いますと、多重申し込みになっていました。また、その間違いを修正してもらうのに時間がかかりました。使い始めてからコールセンターの方のお世話になる機会が数回あったのですが、オペレーターさんのスキルが全体的に低かったです。それで、安心して使えないなと判断し、他社へ乗り換えました。(50代 男性)

オペレーターさんのレベルが一定しておらず、人によって言うことが異なるのは困りますよね。このあたりはしっかり教育してただき、安定したサービスを提供してほしいものです

また、工事完了まで時間がかかる場合は開通まで「ポケットWi-Fi」か「Softbank Air」を無料レンタルできるので少し時間がかかりそうな場合は利用しましょう。

一度契約したら、その後にソフトバンクから営業の電話がかかってくることがあるのですが、それも煩わしく感じている方も多く見られます

お得なキャンペーンなどを紹介してくれればよいのですが、利用者にとって決してプラスにならないものも紹介されるので、困りますよね。

4.ソフトバンク光公式のキャンペーン

ソフトバンク光は公式でも多くのキャンペーンをしております。

ちなみに代理店から申し込んでも、ソフトバンク光公式のキャンペーンは受けれるので代理店からの申し込みが一番おすすめです。

  • 工事費用無料キャンペーン
  • 他社乗り換え違約金負担キャンペーン
  • スマホ・ケータイ乗り換えキャンペーン

それぞれのキャンペーンについて、より詳しく解説します。

4-1.工事費用無料キャンペーン

参照先:ソフトバンク光

今まで光回線を使用していなかった場合は、まずは工事を行う必要があります。

工事とは、まずは電線にある光ケーブルを自宅に引き込む工事を行う必要があります。

また、自宅に引き込んだ後に屋内にルーターなどを設置する工事も同時に必要になります。

ソフトバンク光では、最大24,000円の工事費がかかかってしまうのですが、その工事費をソフトバンク自身が負担して実質無料で利用することができるキャンペーンです。

キャンペーン期間は2017年9月15日から継続して行っており、すでに多くの方が利用されています。
*条件1:キャンペーン実施期間中にソフトバンク光を申し込み、申込日より180日以内に工事完了した方が対象です。
*条件2:他社インターネット回線または他社モバイルWi-Fiから乗り換えた方が
対象です。

NTTフレッツ光から対象サービスに転用される方や他社光コラボレーションサービスから対象サービスに事業者変更される方、およびソフトバンクが提携するケーブルTVのインターネット回線をご利用中、モバイルWi-Fi回線の方は本キャンペーンの対象外となります。
*フレッツ光からは「乗り換え」ではなくて「転用」になるので工事費用はかかりません。

また、回線工事費が発生しない場合も対象となりませんが工事費自体かからないです。

課金開始月を1ヵ月目として5ヵ月目の末日までに、SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン適用条件に記載された証明書を指定の方法にて提出していることが条件となります。

他にも、他社解約時の解除料や撤去工事費用が0円の場合は、対象サービスお申込月以降の他社利用明細書や解約証明書を提出していることが条件となり、支払い方法登録をソフトバンクまたはワイモバイル携帯合算/クレジットカード/口座振替のいずれかにすることで完了します。

手続きしないことにはキャンペーンに参加できないので、忘れずに対応しましょう。

4-2.他社乗り換え違約金負担キャンペーン

参照先:ソフトバンク光

ソフトバンク光では、乗り換えをスムーズに行えるように他社への違約金や撤去工事費などを負担してくれるキャンペーンもあります。

新たにソフトバンク光に申し込みいただいた方に対して、他社インターネット回線または他社モバイルWi-Fiの違約金や撤去工事費を満額還元してくれます。

キャッシュバックの対象は他社サービス解約時に発生する違約金や撤去費用、他社モバイルブロードバンド端末代金の残債となっており、キャッシュバック金額は合計で最大10万円が限度です

ただし、他社モバイルWi-Fiの端末代金の残債に対するキャッシュバック金額は42,000円が上限となるので注意が必要です。

2016年4月15日から継続して行われているキャンペーンであり、すでに定番化しています。

2018年7月2日以降にソフトバンク光に申し込み、申し込み日から180日以内に課金開始(工事完了)となった方が対象となり、申し込み時に他社インターネット回線または他社モバイルWi-Fiを使用している必要があります。

*ソフトバンクが提携するケーブルTVのインターネット回線やソフトバンク回線を利用してるモバイルWi-Fiを利用中の方は対象外となります。

他社サービス解約時に発生する違約金や撤去費用、他社モバイルブロードバンド端末代金の残債の金額が確認できる証明書について、ソフトバンク光指定の方法で提出する必要があります。

もし提出いただいた証明書に不備があった場合においては、特典適用の対象外となりますので要注意です。

証明書に記載の契約者が、本キャンペーンのお申し込み者本人または家族であること、対象サービスをご利用中であること、そして支払い方法登録をソフトバンクまたはワイモバイル携帯合算/クレジットカード/口座振替のいずれかで完了していることが条件です。

さらに、毎月の利用料金を支払期日までに入金している必要があるので、漏れなく対応しましょう。

4-3.スマホ・ケータイ乗り換えキャンペーン

参照先:ソフトバンク光

ソフトバンク光は、ソフトバンクケータイとの同時利用で割引キャンペーンがあるのですが、他社のケータイと契約されている方に向けての乗り換えキャンペーンもあります

おうち割 光セットに加入して、他社契約解除料の証明書を貼付けした専用貼付シートを返送することで、他社のスマホ・ケータイの解約違約金相当額を毎月の通信料金から割引してくれるキャンペーンです。

他社携帯電話を利用中の方でも、更新タイミングを気にせずソフトバンクを利用できるとあってとても魅力的なキャンペーンとなっています。

docomo、au、UQモバイルの2年契約解除料が対象となり、分割払いの残債、機種購入サポートの違約金などの解約違約金は対象外ですので注意が必要です。

4Gスマートフォン/4Gケータイ/AQUOSケータイが対象で、対象料金サービスへの加入が必要となりますが、毎月950円×10回を通信料金から割引を受けることができます

適用条件としては、おうち割 光セットの対象固定通信サービスに申し込みし、申し込みから180日以内に契約が成立している必要があります。

また、キャンペーンへの申し込みから6ヵ月以内に、ソフトバンク光指定の他社携帯電話請求明細書貼付シートに他社携帯電話の2年契約解除料の請求明細書を貼付して指定の封筒で返送する必要もあります。

よりお得度を求めるなら、ぜひ携帯電話の乗り換えも検討したいですね。

5.ソフトバンク光代理店のおすすめキャッシュバック

光回線の乗り換えや新規契約時には、事業者の公式から加入するより、代理店を経由して行う方がお得です。

その理由は、代理店で申し込んでも公式のキャンペーンは対象となり公式から申し込みと代理店からキャッシュバックが受けれないからです。

NTTであればNTT、KDDIであればKDDIが、それぞれ代理店契約を結んで、販売を代行していますが、逆に言えば代理店契約を結ばない限りは販売することはできません。

代理店の数は非常に多く、選ぶ際には重視すべきポイントはキャッシュバックの有無です

代理店では、より多くの契約を確保することを目的として、公式から加入するのとは別にキャッシュバックなどのキャンペーンがあります。

キャッシュバックをうまく利用すると、よりお得にソフトバンク光に加入することが可能です。

また、キャッシュバックについては乗り換えが確定してすぐの場合と、1年後などの長いスパンで行われる場合があります。

よって、しっかりと条件を確認した上でよりお得な代理店を利用することが重要です。

主なソフトバンク光の代理店と、キャッシュバック条件などは以下にまとめましたので参考にしてください。

代理店 新記契約時キャッシュバック 転用/事業者変更キャッシュバック 適用条件 キャッシュバック時期 申込方法
LifeBank 最大70,000円 ソフトバンク光の申込と指定のウォーターサーバーの申込 開通したら12ヵ月後に現金で振込 申込月を含む10ヵ月目の1日から末日までの間に受取申請のためのフォームから口座情報を登録
STORY 33,000円 13,000円 ソフトバンク光の申込 開通したら最短で2ヵ月後に現金で振込 加入時に電話などで申し込み
Human Relations 最大80,000円 ソフトバンク光の申込と指定のウォーターサーバーの申込
24ヵ月間の利用が必要
開通したら12ヵ月後に現金で振込 開通と決済確認完了の12カ月後にキャッシュバック申請フォームが届き申請
NEXT 33,000円または28,000円とNEC製 次世代高速無線ルーター 最大15,000円 ソフトバンク光の申込 開通したら最短で2ヵ月後に現金で振込 加入時に電話などで申し込み
アウンカンパニー 33,000円または28,000円とWi-Fiルーターか中継機 15,000円
または10,000円とWi-Fiルーターか中継機
ソフトバンク光の申込 開通したら最短で2ヵ月後に現金で振込 加入時に電話などで申し込み
エヌズカンパニー 33,000円または28,000円とWi-Fiルーター 15,000円 ソフトバンク光の申込 開通したら最短で2ヵ月後に現金で振込 加入時に電話などで申し込み
S&Nパートナー 34,000円 15,000円 ソフトバンク光の申込と指定オプションの加入 開通したら最短で2ヵ月後に現金で振込 加入時に電話などで申し込み
ブロードバンドナビ 15,000円 10,000円 ソフトバンク光の申込と指定オプションの加入 申請手続きから7ヶ月後 郵送で届く書類に記載のURLにアクセスして、開通日から60日以内にキャッシュバックの受け取り手続きを行う

大きく分類して、ソフトバンク光の申込だけのパターンと、プラスアルファで指定オプションの加入や他サービスの申込が必要な場合があります。

プラスアルファの申込が必要な場合は、より高額なキャッシュバックを得ることができるのが特徴です。ただ、インターネットとは別の商品を契約しなければいけないので結局割高になる傾向が強いです。

また、キャッシュバックの時期については最短で2ヶ月以内の場合と1年以上かかる場合があります。

結論、おすすめなのは条件がなく最短で33,000円をキャッシュバックしてくれる「NEXT」「アウンカンパニー」「エヌズカンパニー」の3社なります。

一応、キャッシュバックが早い代理、キャッシュバック金額が高い代理店、キャッシュバックの条件がない代理店などの観点で見た場合、どこがおすすめなのか紹介します。

5-1.キャッシュバックが早い代理

参照先:ネクスト

キャッシュバックキャンペーンを行っていても、それを加入者が全員漏れなく利用できるわけではありません。

キャッシュバック申請して、初めてキャッシュバックを受けることができるのです

中には、数カ月後に申請しなければならないものがあって、申請忘れなどのリスクがあります。

よって、キャッシュバックされるタイミングが早い代理店というのも選択時に考慮したいファクターです。

代理店の中で、キャッシュバックされるのが早いのが「NEXT」「アウンカンパニー」「エヌズカンパニー」があります。

キャッシュバックの申請が申込と同時に行うことができるので、一番面倒なく受け取れます

また、最短で申込から2ヶ月、遅くても3ヶ月までの間に指定口座にキャッシュバックされます。

その中で、特におすすめしたいのがネクストです。

イメージキャラクターにほのかさんを起用して、清潔感あるホームページで申込やすい雰囲気があります。

また、開通までの流れもホームページで詳しく解説されているので、初めて光回線を開設する場合でも安心です。

また、毎年のようにソフトバンクから表彰されているなど、そのサービスレベルの高さも魅力的です。

お客様の声も掲載されており、素晴らしい評価を受けてることも一目瞭然ですのでとてもおすすめです。

5-2.キャッシュバック金額が高い代理店

参照先:Human Relations

単純に、キャッシュバック金額が高い代理店に申し込むというのも、一つの手段です。

代理店によっては、キャッシュバック金額が約2倍以上も違うこともあって、お得感が高まります

キャッシュバック金額という要素で魅力を感じる代理店としては、LifeBankとHuman Relationsがあります

いずれも、70,000円を超えるキャッシュバックですので、タブレット端末などを購入できるほどの金額です。

特にお得感が強いのが、Human Relationsであり最大80,000円のキャッシュバックを受けることが可能です。

申込には指定されたウォーターサーバーへの申込が必須となりますので、単純にキャッシュバック率だけを目当てにするとトータル的に損となる可能性があります。

ただ、ウォーターサーバーを探している方にとっては一石二鳥なキャンペーンとなっているので、十分検討の余地があります。

また、キャッシュバックまでの期間として1年近くかかってしまうのも難点ですので、忘れずにキャッシュバックするようにしましょう。

5-3.キャッシュバックの条件がない代理店

参照先:アウンカンパニー

キャッシュバックするためには、様々な条件をクリアしなければならない場合があります。

例えば、指定オプションを追加したり申請も郵送などで行わなければならないのは、かなり手間です。

その点、NEXTやアウンカンパニー、エヌズカンパニーでは申込と同時にキャッシュバック申請することができて余計な手間がかかりません

また、キャッシュバック条件もソフトバンク光への加入のみですので、余計なオプションなどを付ける必要もありません。

アウンカンパニーでは、実質工事費無料のキャンペーンと、新規申し込みで最大57,000円分お得に利用することができます

すでに多くの乗り換え実績があり、好評の声も多く聞かれます。

接続機器の無料レンタルやPlayStation4がプレゼントされるなど、様々なサービスがある中で条件がないのでおすすめです。

6.ソフトバンク光を契約をする際に覚えといた方がいいこと

ソフトバンク光に乗り換えることによって、多くのメリットがある反面で事前に把握しておかなければならないことがあります。

特に注意したいのが、次に挙げる項目となります。

  • 初期契約解除制度
  • キャンペーンの条件
  • 契約からネットを利用できるまでの時間

それぞれの項目について、具体的にどのように注意すべきなのかについて解説します。

6-1.初期契約解除制度

参照先:総務省

どんなに魅力的なサービスを提供しているソフトバンク光であっても、全員がその恩恵を受けることができるわけではありません。

例えば、

・周囲の環境などによって想定していたインターネット速度が遅い。
・契約した内容と違う書面がきた。

などのトラブルも発生しがちです

また、サポート体制に不備があったり、どうしても解約したくなるケースもあります。

通常の商品購入などでは、クーリングオフという制度があって、もし契約しても不備があった場合は契約を解除できるものです。

光回線などにおいてはクーリングオフ制度の対象外となっているので、一度契約したら初期解約ができないのです

ただ、クーリングオフとは違う独自の初期契約解除制度というものが用意されています。

2016年5月に初期契約解除制度が導入されましたが、電気通信事業法が改正されたことによって、インターネット契約を結んだ消費者を守るために設けられています

制度の概略としては、契約書面の受領日を1日目として8日間が経過するまでは申し込みした本人の都合により契約が解除できます

ただ、以下が適用されることになるので、全く無傷で解約できるわけではない点に注意が必要です

  • 事業者は契約者に契約内容を明らかにした書面を交付する
  • 書面には料金の仕組みや有料オプションについての記載が義務付けている
  • 「初期契約解除制度」または「確認措置」の対象である場合は書面に記載する
  • 例外を除き、契約書面の受領日を含む8日以内なら一方的に契約解除が可能
  • 事業者は契約解除までの期間のサービス利用料・工事費用・事務手数料を請求可能
  • 工事費用・事務手数料は上限額が決まっている

ここでポイントとなるのが、確認措置というものです。

確認措置とは、電波のつながり具合が不十分な場合や、事業者による説明等が不十分な場合においては、消費者の申し出によって違約金なしで契約解除できるというものです

環境や使用している機器によっては、この確認措置が適用されないというケースもあるので注意が必要です

負担する費用については、月額定額料設定をされている料金については、解除日当日までの日割り計算した料金を支払う必要があります

また、通話料・通信料・追加データ料金・コンテンツ料金・国際サービス利用分など従量料金についても全額負担が必要ですが、逆に違約金は支払う必要がありません。

万が一のことを考えて、契約する前に契約書などをしっかりチェックしておきましょう

6-2.キャンペーンの条件をチェック

参照先:ソフトバンク光

ソフトバンク光公式であったり、代理店を利用する場合においても種々のキャンペーンが用意されています。

キャンペーンを利用することで、お得にソフトバンク光に乗り換えなどができるのですが、全員に適用されるわけではありません

キャンペーンを利用する上では、事前にエントリーしなければならない場合があります。

また、利用する時期や金額、適用されるプランなどにも制限があって、指定されたものを利用しなければキャンペーン適用外となってしまいます。

申込のタイミングなども事細かく指定されているケースもあるので、キャンペーン適用条件をしっかりと読んだ上で参加するようにしてください。

せっかく適用されるのに、利用できないのはもったいないですよ。

キャッシュバックまでの時間がかかってしまうこともあるので、気長に待つ必要があります。

6-3.契約からネットを利用できるまで10日間〜1ヶ月前後かかる

参照先:ソフトバンク光

ソフトバンク光に申し込んでも、すぐに利用できるわけではありません。

これは、新規利用であれば開設工事を行わなければならないですし、事務手続きの時間もかかってしまいます。

大まかな申込から利用までの流れは、以下のようになります。

①インターネットなどからソフトバンク光、もしくは代理店に申し込み工事希望日を3つ伝える
②ソフトバンク光からSMSか郵便でお客さまIDやその他の必要情報が届き、工事日も確定する。
③回線終端装置(ONU)等を申込んだ場合は、工事日までに送付される
④開通工事後、各自でルーター等を接続し、パソコンで利用設定する

回線開設において最も時間がかかるのが工事です。

工事と言っても、NTT局内での工事(無派遣工事)だけで済む場合もあれば、自宅に訪問しての派遣工事という場合もあります。
*無派遣工事の場合は、ONUがNTTから送られてくるだけなので工事日ではなく利用開始日を決めるので工事立会いが必要なく最短6日〜8日後に利用開始できます。

全く新規である場合、電柱から宅内へのケーブル引き込みもしくはルート変更、宅内に光コンセントを設置する工事で概ね1時間程度かかります。

これ自体は決して時間がかかるわけではないのですが、問題は工事のタイミングです。

繁忙期の場合は、工事業者の手配に時間がかかり、最長では1ヶ月以上待たされることがあります。

また、週末も混雑する傾向にあって、希望日に工事を受けるためには待たなければならないケースが多いです。

引っ越し先で入居日に使いたい、なるべく早く使いたい方は「使いたい日にちの1ヶ月前に申し込み」しとくのがおすすめです。引っ越し先で入居してなくても部屋の契約さえ完了してれば、契約して工事日も決めることができますよ。

都心部や都心部近隣だと早めにできる場合がありますが、都心部から離れれば離れるほど工事日の空きが少ない傾向にあります。

工事日の延期について

工事日を決めたからといって、当日に必ず開通するとは限りません。その際は、工事業者と相談して再度日程など決める必要があります。

工事ができないケース一覧

・通常の工事では入線ができない場合(配管新設など)
・天災や天候により工事が危険と判断した場合
・賃貸物件で大掛かりになる場合(管理会社やオーナーの承諾が必要)

それ以外に、物理的に入線ができない建物もあります。その時は、工事業者や申し込み先に文句を言ってもどうしようもありません。

工事が必要ない「WiMAX」「モバイルWi-Fi」「Softbank Air」の契約を検討しましょう。

7. ソフトバンク光のよくある疑問点を解説

実際にソフトバンク光を使用している上で、不満に感じることがあります。

ただ、これはサービス自体が悪いのではなく設定などによって解消できる場合が多いです。

また、どうしても納得いかない場合は解約するというのも一つの手段となりますが、ソフトバンク光のよくある疑問点について解説、解決していきます。

7-1.速度が遅い

ソフトバンク光に限らず、光回線ではベストエフォート方式なので必ず理想値が出るわけではありません

実質的に利用できるスピードはある程度決まっているのですが、それにも届かないという場合は何かしらの対策を施す必要があります。

まずは、Ipv6もしくはV6オプションの契約にするという方法が有効的です。

従来活用されてきたIPv4というものがありますが、IPと呼ばれるインターネットに接続されたコンピュータ同士がデータをやりとりするためにデータ通信の方法を定めた規約があります。

IPv4はIPの第4版となり、1990年代後半からのインターネットの普及と共に広く活用されていて、現在も引き続き使用されています。

インターネットに接続するために、デバイスを識別するためのIPアドレスと呼ばれる固有の番号が付与されます。

IPv4ではこのIPアドレスを32ビットのデータとして表現していて、IPv4のアドレス総数は2の32乗個で42億9496万7296個が限度です。

最大約43億台のデバイスがインターネットに直接接続できることを意味していますが、現在ではIPv4だけではアドレスの数が足りなくなるという事態に陥っています。

そこで、次世代のプロトコルとして注目されているのがIPv6という方式です

IPv6においては、IPアドレスを128ビットのデータとして表現しており、アドレス総数は3.4×10の38乗個、約340澗個もあります。

これは事実上無限と言える数ですね。

IPv6の特徴としては、宅内端末などに付与されるIPv6アドレスはMACアドレスと呼ばれる各デバイスに割り当てられた固有の識別番号をベースに自動設定されます。

これによって、利用者はIPv6アドレスの設計や設定が基本的に不要となります。

また、潤沢なアドレス空間があるので、家電類も含め様々な機器がIPv6アドレスを使用可能です。

既に、携帯事業者が提供しているインターネット接続サービスではIPv6アドレスが標準的に利用されており、コンテンツ供給側はIPv4だけでなくIPv6対応も進んでいます

道路を想像してもらうと、IPv4が一車線の道路であるのに対し、IPv6が3車線の広い道路と考えると、IPv6の方が渋滞なく移動することができますよね。

逆に、IPv4は渋滞だらけで移動に時間がかかりますが、インターネット回線においても同様の問題が発生しているのです。

よって、IPv6を適用することによってインターネット速度の改善が図れる可能性高いです

IPv6高速ハイブリッドというサービス名で、対応フレッツ回線の方であれば下り最大1Gbpsでインターネットをご利用いただけます。

ソフトバンク光でIPv6を利用する方法

ソフトバンク光でIPv6接続サービスを利用する場合は

光BBユニットレンタルが必須となり、レンタル費用がかかるので全く無料で利用できるわけではない点に注意が必要です。

*おうち割を契約してる場合は、BBユニットは最初から付属しています。
*おうち割以外でBBユニットを利用する場合は別途467円かかります。

それでも改善できない場合は、Wi-Fiルーターを使用している場合はルーター自体の能力に難がある場合があります

いくら高速なインターネット回線を確保しても、その速度に対応できるものでなければ意味がありません。

また、Wi-Fiルーターに能力があっても、ルーターとデバイス間の距離が遠くて電波状況が悪いと速度が出ません。

基本的に、近ければ近いほどスピードが高くなる傾向があります。

まずは、無線ではなくLANケーブルでデバイスと接続して、速度が出るかどうかをチェックします。

有線で速度が出るのであれば、Wi-Fi自体に問題があることがわかりますよ。

もし有線でもスピードが出ないと分かったら、他の光回線に乗り換えることも視野に入れる必要があります

7-2.契約期間は?

ソフトバンク光では、契約期間がないプランと、2年自動更新プラン、5年自動更新プランがあります

契約期間が長くなるほど、月々の基本料金が安くなるのが特徴です

但し、各プランで途中解約した場合、違約金が発生します。

2年自動更新プランは、契約期間内に解約完了しなかった場合は、さらに2年間を契約期間として自動更新されます。

5年自動更新プランも同様に、契約期間内に解約完了しなかった場合はさらに5年間を契約期間として自動更新されます。

基本的に、長期利用を想定してなるべく安く利用したいなら5年契約、様子見で利用するなら2年契約を適用するのがおすすめです。

7-3.違約金は?

2年及び5年契約の場合は、途中で解約した場合は違約金が発生します

2年契約の場合、契約満了月以外で解約すると9,500円の解除料が必要となります。

もしブロードバンドサービスと付随するオプションサービスを同月内に解約し解除料が重複して発生する場合においては、10,000円を解除料の上限金額として請求されます。

5年契約でも、契約満了月以外で解約した場合では、15,000円の解除料が必要となって解除料は10,000円の上限金額対象外となるので注意が必要です。

ソフトバンク光テレビ提供エリア外などにより5年自動更新プランが提供不可の場合においては、2年自動更新プランでサービスを提供するスタイルを採用しています。

その際、5年自動更新プランに対する5年間の契約期間はリセットされて、2年自動更新プランに対して新たに2年間を契約期間とします。

5年自動更新プラン申し込みの方で回線工事完了日または切り替え完了日と同日にソフトバンク光テレビが工事完了しなかった場合においては、5年自動更新プランの利用料金にて請求開始します。

7-4.工事後に設定は必要?

設置工事が完了した後に、そのまま利用できるわけではありません。

用意したWi-Fiルーターもしくはレンタルしたものを利用できるように設定しなければなりません。

公式サイトではらくらく配線ツールというコンテンツが用意されていて、光BBユニットの有無やNTT提供機器の種類、契約中の電話サービスを選択することによって、適切な配線方法を動画やイラストで閲覧することができます

初心者でも簡単に設定できるのが良いですね。

配線方法で不明な点がある場合は、らくらく配線ツールの画面上に表示されるチャットから、ソフトバンク光のサポートセンターに相談することで困っている時にも解決できます。

次にWi-Fiルーターの設定をしますが、自分で用意されたものであれば取扱説明書を参考に設定します。

光BBユニットをレンタルしている場合は、側面のラベルに記載されたIDとパスワードを使って初期設定を行ってください。

IDとパスワードを入力すれば、光BBユニットの初期設定が完了してインターネット接続が可能になりますよ。

7-5.オプションが勝手につけらてる

他の光回線業者も同様なのですが、いざ契約してみると知らないうちにオプションが付いていることがあります

これは、代理店からの申し込みからが一番多く

電話申し込みの場合にキャンペーン(キャッシュバック)の適応条件になってるが、口頭での案内なのでオプションがついてる認識があまりない

のが原因です。

一応、SMSや書面で契約内容を確認は工事前にはできるように発光してるので必ず確認はした方がいいでしょう。

もしオプションの解除を行う場合は、My SoftBankのオプションサービスから申込可能となっています。

但し、以下を解除するとおうち割が解除されますので、注意が必要です。

  • 光BBユニット
  • Wi-Fiマルチパック
  • 光電話(N)、ホワイト光電話(N)、BBフォンの電話系オプション

7-6.解約方法は?

もしソフトバンク光を解約したい場合は、電話での申込を行う必要があります

その前に、解約に向けて事前に確認すべき項目があります。

まずはじめに、注意事項を確認してください。

契約解除料金、工事費残債の支払いが必要になったり、オプションで電話サービスをご利用の方は電話番号が利用できなくなるので、その点を加味して解約可否を決めます。

その後に、撤去工事の立ち会い準備をします。

立ち会いが可能な場合は、立会い希望日を3つすると良いでしょう。

すでに移転済みなどで、立ち会いが難しい場合ば解約の申し込み時に、サポートスタッフにその旨を伝えます。

準備が完了したら、解約希望日の6営業日前(土日祝除く)までに、以下の番号まで電話でお申し込みください。

  • 電話番号:186+0800-111-2009
  • 受付時間:10:00~19:00

もしスカパーやNetflix、ひかりTV、スマートレスキュー、がっちりパック、プレミアムTVを契約している場合は、自身で解約の手続きが必要となります。

解約を申し込んだ後は、解約後の手続きに進みます。

主に機器の返却が対象となり、解約後から14日以内に行います

SoftBank機器、NTT機器とで返却方法が異なりますので、指示されたとおり間違えのないよう返却する必要があります。

後は、機器を梱包して指定された住所に送付します。

NTT機器の場合は、NTTより回収キットが送付されるために機器を封入して返送することで完了します。

7-7.状況別問い合わせ先一覧

ソフトバンク光では、様々なトラブルに対してサポート体制を充実させて対応しています。

主な状況別の問い合わせ先は以下のようになっています。

■設定方法・困ったときは

自動診断ツール
サポートチャット
・電話:186+0800-111-2009 (受付時間:10:00~19:00)

■料金・契約内容について

My SoftBank
サポートチャット
・電話:186+0800-111-2009 (受付時間:10:00~19:00)

■オプションについて

My SoftBank
サポートチャット
・電話:186+0800-111-2009 (受付時間:10:00~19:00)

■工事について

My SoftBank
・電話:186+0800-111-2009 (受付時間:10:00~19:00)

引っ越し手続きについて

My SoftBank

■解約・キャンセルについて

・電話:186+0800-111-2009 (受付時間:10:00~19:00)

8.まとめ

ソフトバンク光の評判をユーザー100人に聞いてみた結果そこまで悪いイメージはありませんでした。

結論は

・ソフトバンクスマホユーザーはおすすめ 。
・速度の悪評などあるが、IPv6接続するば問題ない。
・申し込みする際は代理店からが一番お得。

ということがわかりました。

ぜひ今後ソフトバンクを契約するかどうか、あなたの判断材料になれば幸いです。