株式会社Hi-Bit(現株式会社ハイホー)が提供している光ギガをご存じですか?

光ギガは株式会社Hi-Bitが提供している光回線サービスですが、現在は事情報通信事業の一部を株式会社ハイホーに事業を承継(2019年6月1日)されています。

今回は株式会社Hi-Bitの光ギガについて、

  • 評判
  • 料金
  • キャンペーン

この3つを中心に調べてました。

結論、光回線で光ギガを契約するのは一切おすすめできません。

その理由を順に解説していきます。

1.光ギガとは?

1.光ギガとは?

光ギガとは、株式会社Hi-Bitが提供している光回線サービスですが、現在は事情報通信事業の一部を株式会社ハイホーに事業を承継(2019年6月1日)されています。

ですので、現在は株式会社ハイホーがプロバイダ事業を引き継ぎ光回線サービスを提供しているようです。
承継された事業をHPで確認したところ、

  • Toppa! プロバイダーサービス
  • Toppa! モバイルデータサービス
  • Toppa! 各種コンテンツサービス
  • 光ギガ 光コラボレーションサービス
  • 光ギガ 各種コンテンツサービス
  • ダントツひかり 光コラボレーションサービス
  • ダントツネット プロバイダーサービス
  • ダントツネット モバイルデータサービス
  • ダントツネット 各種コンテンツサービス
  • その他HB社が提供する各種コンテンツサービス

引用元:株式会社Hi-Bit

上記のサービスが株式会社ハイホーに承継されていることが確認できました。
光ギガは勿論、Toppaなどのサービスを聞いたこともある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、事業が承継されてもカスタマサポート関係は株式会社Hi-Bitが継続しているようです。
さらに光ギガへの加入を検討されている方は、代理店などは存在しておりませんので、現提供元の株式会社ハイホーへ問い合わせる必要があります。

2.光ギガの料金

2.光ギガの料金

では、株式会社Hi-Bit(現株式会社ハイホー)が提供している光ギガの料金を見ていきます。
参考までに他社と比較してみましたが、他社と比べるとかなり差がついているようです。

<戸建てプラン

光ギガ フレッツ光(プロバイダ込) au光 NURO光 softbank光
月額利用料 4400~5300円 6400円 5100円 4743円 4700~5200円
初期工事費 24000円 15000円(実質無料) 37500円(実質無料) 40000円~60000円(実質無料) 24000円(実質無料)
契約手数料 3000円 800円 3000円 3000円 3000円
特典 なし あり あり あり あり
解約手数料 9975円 11000円 7000~15000円 9500~20000円 9500円

※光ギガの光回線のみサービスは4400円でプロバイダサービス+セキュリティは5300円になります。
※フレッツ光のプロバイダ料金は1,000円で計算しています(平均料金)

<マンションプラン>

光ギガ フレッツ光(プロバイダ込) au光 NURO光 softbank光
月額利用料 3400~4200円 3750~4850円 3800円 1900円〜2500円 3800円
初期工事費 24000円 15000円(実質無料) 37500円(実質無料) 40000円~60000円(実質無料) 24000円(実質無料)
契約手数料 3000円 800円 3000円 3000円 3000円
特典 なし あり あり あり あり
解約手数料 9975円 11000円 7000~15000円 9500~20000円 9500円

※光ギガの光回線のみサービスは3400円でプロバイダサービス+セキュリティは4200円になります。
※フレッツ光のプロバイダ料金は1,000円で計算しています(平均料金)

単純に光ギガと他社の料金を比較してみると、戸建てプランは大差はないようですがマンションプランは他社より安価です。

月額利用料だけでみるなら光ギガのマンションプランは安価で検討の余地が出てきます。

しかし、他社に比べて特典がなく、初期工事費が必要になります。

加えて、他社は月額利用料の割引などがありますので実際のところは光ギガの方が高額になる可能性があります。
光ギガは新規加入される方には初期コストが掛かるためあまりお勧めできません。

3.光ギガの口コミや評判

 

3.光ギガの口コミや評判

光ギガを料金の面で他社と比べてみた結果、マンションプランに関しては他社より安価な面がありました。
月額利用料だけで見れば検討の余地がありそうです。

では、光ギガの口コミや評判はどうでしょうか?

どうやら接続が途切れる時があるようです。

さらに、回線速度が遅いという口コミあるようです。

問題なく使えている口コミもあるようです。
しかし、圧倒的に評判を下げる口コミが多く、株式会社Hi-Bitは過去に電話営業のやり方に問題があり、行政指導を受けています。

そう言った経緯から鑑みても光ギガはおすすめできるプロバイダではありません。
他の選択肢がなくても豊富な特典がある別のプロバイダをおすすめします。

3-1.メリット

光ギガに加入した際のメリットとして、あるとしても

  • 光コラボが可能
  • 工事費の分割支払いが可能

この2点です。

ただ、この2点は他の会社でよくあることなのでそこまでメリットと言えないかもしれません。

光コラボが可能

光ギガを提供している株式会社Hi-Bitは光コラボ事業者なので転用での申し込みが可能です。

光ギガを申し込みする方は、新規契約するより工事費が必要ありませんので転用申し込みをおすすめします。

また、光コラボによる回線転用をする際は転用承諾番号をNTTからあらかじめ取得しておく必要があります。
転用承諾番号取得後に株式会社Hi-Bitのサポートへ連絡しましょう。

転用承諾番号取得webからの手続き(NTT西日本):CLUB NTT-West
転用承諾番号取得webからの手続き(NTT西日本):フレッツ光メンバーズ
転用承諾番号手続きダイヤル(NTT西日本):0120-553-104
転用承諾番号手続きダイヤル(NTT東日本):0120-140202

株式会社Hi-Bitサポートダイヤル:0570-064-102

工事費の分割支払いが可能

光ギガでは新規契約の際に発生する初期工事費を、一括で支払うか分割で支払うか選択することが可能です。

新規契約の際にできるだけ出費を安く済ませたいか方は分割支払いを選択しましょう。
また、分割支払いを選択した場合は24回払いですので、2年間は光ギガを使うようにしてください。

分割支払いを選択して途中で解約した場合、違約金の他に工事費の残額を支払うことになります。

因みにau光やsoftbank光では、契約乗り換えの際に発生する違約金などをある程度負担してくれる特典があります。
契約途中で乗り換えたい方は、そちらの特典が使えるプロバイダに乗り換えると出費も安く抑えられおすすめです。

3-2.デメリット

次に光ギガのデメリットについてですが、

  • 特典がなく初期工事費が必要
  • 回線が不安定で遅い
  • 最低利用期間がある

上記のデメリットが挙げられます。
光ギガは加入の際に他社と違い初期工事費が必要になります。
初期工事費は光コラボ業者ですので環境によっては必要が無くなります。

また、光ギガは回線が不安定で接続不良が起きる場合があり回線速度も地域によりますが遅いという口コミが多いです。
光回線の最大メリットは回線速度ではなく、ISDNやADSLの頃になかった回線の安定性です。
回線の不安定では、ネットで仕事をしている方にとって死活問題です。

さらに光ギガのプランは最低利用期間があり、最低利用期間内で契約を解除してしまうと違約金が発生してしまいます。
他社と違い継続なしにはできません。

4.光ギガはおすすめできない

4.光ギガはおすすめできない

光ギガの料金、評判、メリット・デメリットをまとめると光ギガはおすすめしません。
光ギガの月額利用料は安くもく、他社のあるキャッシュバックや割引などのキャンペーンがないため、比較すると割高になります。
新規加入される方は特典が豊富な他社をおすすめします。

また、回線が不安定で速度も遅いという口コミが多く光回線のメリットを打ち消しているようにも見えます。
さらに、光ギガを提供している株式会社Hi-Bit(現株式会社ハイホー)は、販売勧誘のテレアポに問題があり総務省に行政指導を受けています。
行政指導を受けていると聞くと大丈夫なのか不安になりますよね。

さらに光ギガには通常のプランがなく、最低利用期間という他社で言うところの継続プランしかありません。不便を感じてもすぐに解約できません。

途中で解約する場合は解約手数料が必要になります。
光ギガの契約を検討してる人は他社の光回線のプロバイダと契約しましょう。

おすすめの契約方法は、契約しているスマホ会社が提供している光回線サービスをまとめる方法です。

総合的に光ギガと契約するより安くなるのでおすすめです。

5.あなたにおすすめの光回線は?

あなたが光回線を契約する時に何を重視するかによって最適な光回線は違ってきます。

・月額料金
・速度
・キャンペーン(キャッシュバック)

大枠として、このようになると思います。

そこであなたが重視すべき点にぴったりな光回線を紹介します。

月額料金 速度 キャンペーン
NURO光
ソフトバンク光
ドコモ光
auひかり
enひかり

*料金は初期費用、工事費用も含めた金額で計算してます。
*キャンペーンは代理店、公式から受け取れる内容をしっかり加味してます。

en光以外は、スマホとセットで割引が1台ごとに500円〜1000円受けれます。(スマホのギガの契約によって違ってきます)
ただ、ドコモ光以外は光電話(+500円)の契約が必要になるので単身や一人暮らしの人にはあまり料金メリットはありませんが、無線ルーターやIPv6が使えるメリットがあります。

実は、家族で2台,3台とスマホ契約していないとそこまで料金だけでいうとメリットはありません。

それをしっかり考慮して、あなたにぴったりな光回線が見つかればと思います。

NURO光

提供元:NURO光公式

速度 月額料金 特典 工事費用 違約金
NURO光 最大2Gbps 4,743円 45,000円CB
無線ルーター無料
0円(実質無料) 9,500円

*初期費用が別途3,000円かかります。
*契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。

NURO光は、速度に特化した光回線になり、NTTと違い独自の光回線を提供しています。

また、特典としてキャッシュバックが45,000円の高額がオプション条件がなく、最短で開通後2ヶ月後に受け取ることができます。
無線ルーターも無料になり、IPv6接続も完備。これから一人暮らしを始める方にはピッタリな回線になってます。

おすすめできる方としては、

  • 速度が早い回線を使いたい
  • キャンペーンが豊富なところで申し込みしたい
  • 無線ルーター含め用意を全部して欲しい、設定もして欲しい

そういった方に、おすすめできる光回線になってます。
ちなみに、ソフトバンク携帯が2台以上あれば、固定電話(+500円)を使って1台500円以上の割引も受けることができます。

\期間限定45,000円キャッシュバック開催中/

【NURO光公式サイトはこちら】

NURO光の注意点

NURO光の提供エリアは、下記になります。

・北海道
・関東(東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、栃木県、茨城県、群馬県)
・東海(静岡県、愛知県、岐阜県、三重県)
・関西(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県)
・九州(福岡県、佐賀県)

上記の一部地域になるので、上記の公式サイトで提供エリアを確認することができます。

ソフトバンク光

ソフトバンク光のメリット・デメリット

速度 月額料金 特典 工事費用 違約金
ソフトバンク光 最大1Gbps 一戸建て  5,200円
マンション 3,800円
工事費用キャッシュバック
他社違約金キャッシュバック
開通前WiFiレンタル無料
0円(*1条件あり) 9,500円

*初期費用が別途3,000円かかります。
*契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。
*1 引越し先で契約する場合、乗り換えで契約する場合に限ります。(例:今住んでるところで、ネット契約ない場合にソフトバンク光を申し込んだら工事費用が2,000〜24,000円かかります。)

ソフトバンク光は、NTTのコラボ光回線になり、ソフトバンク携帯があれば1台500〜1,000円の割引を受けることができますので月額料金も台数が多いほどやすくなります。

公式でも申し込みする際に1つだけネックなのは、現住所で乗り換えではなく新規でソフトバンク光を申し込みした場合に、工事費用がかかった場合は満額かかってしまうことです。
お引越しする予定で、引越し先に導入する場合の新規申し込みは工事費がかかりません。

そのようなユーザーが損をしないようにソフトバンク光を契約するときに特筆する点としては、代理店から申し込んでも公式キャンペーンが受けれることです。

現住所で、乗り換えではなく新規で申し込みする際の工事費用分を代理店は31,000円キャッシュバックしてくれますので乗り換えでも新規で申し込みしても損はない形が取れます。
乗り換えでしたら違約金と工事費用が公式キャンペーンで無料なので、キャッシュバック分が手元に残る形にもなります。

おすすめできる方としては、

  • 開通前にWiFiを無料でレンタルできるので、すぐにネットを使いたい人におすすめ。(代理店特典)
  • 工事費用が無料で使いたい・乗り換えで違約金負担なく使いたい。(代理店・公式特典)
  • 固定電話が必要な人は、設定が不要で使えるのでカンタン。

そういった方に、おすすめできる光回線になってます。
ちなみに、ソフトバンク携帯が2台以上あれば、固定電話(+500円)を使って1台500円以上の割引も受けることができます。

\期間限定31,000円キャッシュバック開催中/

【ソフトバンク光公式代理店はこちら】

ソフトバンク光の注意点

・無線(WiFi)を利用する場合はルーターを自身で用意するか、レンタルになります。1,457円かかるのであまりおすすめしません。
・IPv6接続をする場合は、BBユニットが必要になります。別途467円。固定電話使える方は無料でついてきます。

ドコモ光

提供元:ドコモ光正規代理店ネットナビ

速度 月額料金 特典 工事費用 違約金
ドコモ光 最大1Gbps 一戸建て  5,200円
マンション 4,000円
・工事費無料キャンペーン
・20,000円キャッシュバック
・dポイント5,000Pt付与
・開通前WiFiレンタル無料
・無線ルーター無料
0円(実質無料) 一戸建て  13,000円
マンション  8,000円

*初期費用が別途3,000円かかります。
*契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。

ドコモ光はスマホ割適応の会社で唯一「固定電話」の契約がなく割引ができる光回線です。
ドコモ光契約スマホ1台で100円〜2,500円の割引が受けれます。割引金額が大きくする方法は、ドコモ光継続年数になります。

携帯をドコモで長期利用してる方、今後携帯を乗り換える予定がない方は絶対におすすめです。

さらにドコモ光の公式特典として、dポイントが5,000Ptもらえるのでドコモユーザーは間違いありません。

おすすめできる方としては、

  • 開通前にWiFiを無料でレンタルできるので、すぐにネットを使いたい人におすすめ。(代理店特典)
  • 携帯がドコモユーザーで長期で使ってる、使う予定の人。(公式特典)
  • 無線ルーターが無料で、IPv6も接続できるので速度も欲しい人にも好評。

そういった方に、おすすめできる光回線になってます。

キャッシュバックは、オプションなしで15,000円貰えるのでオプションなしの方がお勧めになってます。

\期間限定15,000円キャッシュバック開催中/

ドコモ光正規代理店ネットナビはこちら

auひかり

提供元:auひかり

速度 月額料金 特典 工事費用 違約金
auひかり 最大2Gbps
*マンションタイプの速度は建物によります。
一戸建て  5,100円
マンション 3,800円〜
・工事費無料キャンペーン
・キャッシュバック複数あり
・他社違約金キャッシュバック
0円(実質無料) 15,000円

*初期費用が別途3,000円かかります。
*契約期間中に解約すると違約金の他に工事費用の残債が請求されます。

auひかりは、コラボ事業者とは違い、独自の光回線になります。回線速度も最大2Gbpsあるので速度にも定評があります。

auひかりの速度ももちろんですが、光回線のキャンペーンの中でキャッシュバック金額が業界No.1になってるのが魅力的です。
公式から、乗り換えの場合「違約金キャッシュバック最大30,000円」+「上乗せキャッシュバック25,000円」が特典になり、プラスで代理店からのキャッシュバックが貰えます。

通常、公式でキャッシュバックをしてた場合は、代理店と公式のキャッシュバックの併用はできないのですが「auひかり」ならできます。

おすすめできる方としては、

  • 最大速度2Gbpsなので、速度を求める人にもおすすめ。(さらにIPv6標準接続)
  • キャンペーン(キャッシュバック)は多くもらいたい人(公式+代理店特典)
  • 工事費用が無料で使いたい・乗り換えで違約金負担なく使いたい。(公式特典)

そういった方に、おすすめできる光回線になってます。
ちなみに、au携帯が2台以上あれば、固定電話(+500円)を使って1台500円以上の割引も受けることができます。

次に、キャッシュバックのおすすめの代理店を紹介します。

auひかり公式代理店「25」:最大115,000円のキャッシュバック

提供元:auひかり代理店「25」

auひかりの公式代理店の中でもキャッシュバックの金額が最大級の代理店「25」

最大115,000円のキャッシュバックがくればオプションも付いてきます。

キャッシュバック金額 オプションや条件
115,000円(戸建の場合) ・auひかり回線(ずっとギガ得プラン)
・ひかり電話
・プロバイダ指定(BIGLOBE)
・オプション(セキュリティセット・プレミアム/BIGLOBEお助けサポート/あんしんバックアップ/エンジョイプラス/
暮らしのあんしん相談)
・即日申し込み
95,000円(マンションの場合) ・auひかり回線(ずっとギガ得プラン)
・ひかり電話
・プロバイダ指定(BIGLOBE)
・オプション(セキュリティセット・プレミアム/BIGLOBEお助けサポート/あんしんバックアップ/エンジョイプラス/
暮らしのあんしん相談)
・即日申し込み

簡単にいえば戸建てかマンションでキャッシュバック金額が違うだけで、オプションや条件などは変わりません。

一度、問い合わせだけしてみて詳しく聞けばあなたにぴったりなオプションになるかもしれません。

\業界最大115,000円キャッシュバック/

【auひかり代理店「25」の窓口はこちら】

auひかり公式代理店「フルコミット」:オプションなし、ネット回線のみで50,000円キャッシュバック

提供元:auひかり代理店「フルコミット」

auひかり公式代理店「フルコミット」はオプションなし、ネットのみで50,000円をキャッシュバックしてくれるのが魅力的です。
もちろん、公式のキャンペーンも併用できるのでオプションの解約が面倒な方はこちらがおすすめです。

ちなみに、光電話(固定電話)を利用するのであれば+10,000円キャッシュバックしてくれるので十分なキャンペーンになります。

\オプションなしで50,000円キャッシュバック開催中/

【auひかり代理店「フルコミット」の窓口はこちら】

enひかり

画像元:enひかり

速度 月額料金 特典 工事費用 違約金
enひかり 最大1Gbps
*マンションタイプの速度は建物によります。
一戸建て  4,300円
マンション 3,300円〜
なし 2000円〜18,000円 なし

*初期費用が別途3,000円かかります。
*転用・事業者変更につきましては、工事費用なしの2,000のみになります。

光回線では珍しく、違約金や縛りが一切ないのが特徴の「enひかり」
工事費用は有料で2,000円〜18,000円かかるので初期費用として高めなイメージです。

今まで、シンプルな契約で縛りがないので手続き自体も面倒なく申し込みができます。

おすすめできる方としては、

  • 契約の縛りがないので、転勤族の方や単身赴任先で利用しやすい。
  • 今までインターネットの契約でトラブルにあった人はシンプルな契約なのでおすすめ。
  • インターネット速度が70Mbps以下の場合の窓口があるのでサポートの評価が◎。

そういった方に、おすすめできる光回線になってます。

\契約の縛りが一切なし!業界最安値の月額!/

【enひかり公式サイトはこちら】

enひかりの注意点

・IPv6接続する場合は別途オプションで月額180円かかります。

6.光ギガのよくある疑問点を解説

6.光ギガのよくある疑問点を解説

光ギガと契約した際によくある疑問点をまとめました。
現在光ギガを利用されている方で疑問点がある方は参考にされてみてください。

7-1.速度が遅い

光ギガの回線速度が遅く感じる方は、まずネットを使用する時間帯を変えてみましょう。

マンションで利用されている方は、同じマンションでネットを利用している人数によって回線速度が分割されてしまいます。
ですので、利用者が少ない時間帯であれば回線速度が改善される余地があります。

個人宅で使用されている方はお使いのブロードバントルーターを一度再起動されてみてください。
ルーターの不具合で回線速度が低下している可能性があります。

また、無線LANでホームネットワークを確立されている方は、ホームネットワークに接続しているPCやスマホの数で回線速度が低下します。
無用な接続が無いか併せて確認しましょう。

それでも、回線速度が改善されない際は敷設された光回線に問題がある可能性があります。光ギガカスタマーサポートに一度相談してみましょう。
根気よく説得すれば調査してくれるかもしれません。

光ギガサポートセンター: 0570-064-102

7-2.工事費用はかかる?

新規契約の場合、工事費用が必要になります。
光コラボによる切り替えの場合は工事費用は発生しません。

代わりにNTTから光回線転用承諾番号を受け取る手続きが必要になります。

転用承諾番号取得webからの手続き(NTT西日本):CLUB NTT-West
転用承諾番号取得webからの手続き(NTT西日本):フレッツ光メンバーズ
転用承諾番号手続きダイヤル(NTT西日本):0120-553-104
転用承諾番号手続きダイヤル(NTT東日本):0120-140202

7-3.無線ルーターは無料?

残念ではありますが、有料です。
下記のようにプランによって月額利用料が異なります。

エリア ご利用回線種別 光ギガ電話利用 光ギガ電話なし
東日本 ギガタイプ 1ギガ対応
無線LANルーター
200円 1ギガ対応
無線LANルーター
300円
ハイスピードタイプ
(ファミリー、マンション、
ライトプラス)
無線LANカード 100円 無線LANルーター 750円
無線LANカード 350円
西日本 スーパーハイスピードタイプ
ハイスピードタイプ
(ファミリー、マンション、
ライトプラス)
無線LANカード 100円 ホームゲートウェイ 300円
無線LANカード 100円

引用元:光ギガ公式

7-4.申し込み方法は?

光ギガには代理店が存在していませんので、テレアポの加入勧誘からか直接提供元に連絡する必要があります。

光ギガ申し込みナビダイヤル:0570-064-102

7-5.解約方法は?

光ギガを解約する際は光ギガサポートダイヤルに連絡する方法と、HP上から折り返し連絡希望フォームを送信する方法があります。

光ギガサポートダイヤル:0570-064-102
HPからの手続き:折り返し希望フォーム

7-6.光ギガの問い合わせ先一覧

最後に各問合せ先とまとめますと下記に通りになります。

  • 光コラボ転用承諾番号取得先

転用承諾番号取得webからの手続き(NTT西日本):CLUB NTT-West
転用承諾番号取得webからの手続き(NTT西日本):フレッツ光メンバーズ
転用承諾番号手続きダイヤル(NTT西日本):0120-553-104
転用承諾番号手続きダイヤル(NTT東日本):0120-140202

  • 光ギガお問い合わせ先

光ギガサポートダイヤル:0570-064-102
HPからの手続き:折り返し希望フォーム

7.まとめ

光ギガはおすすめできるプロバイダではありません。特に回線速度が遅いという口コミが多いです。

さらに、提供元の株式会社Hi-Bit(現株式会社ハイホー)はテレアポによる契約勧誘のやり方に問題があり、総務省に行政指導を受けています。
そのため評判が悪く、サポートにもつながりにくいという口コミも見かけられます。

また、回線契約に縛りなしのプランがなく、最低利用期間2年の縛りのみのため、契約途中で解約すると違約金が発生してしまいます。
新規契約で光ギガを検討されている方は、新規特典が充実している他社光回線をおすすめします。

選ぶ決め手は、携帯キャリアと一緒の回線、もしくは最安値の光回線で申し込みをしましょう。