参照:ドコモ光

今使っている光回線に不満があったり、新しく回線を契約したいと考えている方は多いのでは無いでしょうか。

今回はドコモ光の評判について、100人のユーザーに聞いて徹底的に調査し、良い評判も悪い評判もまとめてみました。

結論から言うと、多くの人が満足していると答えており、おすすめできる光回線の1つであると言えます。

そんなドコモ光について、この記事ではドコモ光の料金プランや契約時の注意点、そしてドコモ光の評判について詳しくお伝えしていきます。

1.ドコモ光とは

参照:ドコモ光

ドコモ光は、NTTドコモが運営するフレッツ光回線を使用したインターネットサービスのことです。

フレッツ光回線は、フレッツ光とプロバイダを別々に契約するタイプのサービスもありますが、ドコモ光はプロバイダ一体型の契約なのが特徴。手続きが簡単で手軽に利用することができます。

さらにドコモの携帯を利用している方は「セット割」というドコモの携帯料金が家族1人あたり約1000円お得になる割引があるため、ドコモユーザーには特におすすめの回線となっています。

2.ドコモ光の料金

ドコモ光の料金(月額、工事費用)について紹介します。

ドコモ光は他社光と比較しても、月額料金などは差がなく料金面としては安くも高くもない所になっています。

光回線 月額料金(戸建) 月額料金(マンション) 工事費用
ソフトバンク光 5,200円 3,800円 条件により無料
auひかり 5,100円or5,200円 3,400円〜5,000円 実質無料
ドコモ光 5,200円〜5,400円 4,000円〜4,200円 実質無料
OCN光 4,650円or5,100円 3,400円or3,600円 実質無料
BIGLOBE光 4,980円or5,180円 3,980円or4,080円 実質無料
So-net光 3,980円〜5,480円 2,980円〜4,480円 実質無料
NURO光 4,743円 4,743円 実質無料

2-1.ドコモ光の料金体系

下に基本的な料金プランを表にしました。

ドコモ光は居住タイプがマンションか戸建てかによって異なった料金体系をとっています。

またタイプA、タイプBと書かれているものは後のプランの違いは?の見出しで解説します。

ドコモ光の料金体系 マンション(タイプA) マンション(タイプB) 戸建て(タイプA) 戸建て(タイプB)
月額 4000円 4200円 5200円 5400円
初期費用(工事費込み) 18000円(工事費15000円) 18000円(工事費15000円) 21000円(工事費18000円) 21000円(工事費18000円)
契約期間 2年 2年 2年 2年
違約金 8000円 8000円 13000円 13000円
最大速度 上り:1Gbps

下り:1Gbps

上り:1Gbps

下り:1Gbps

上り:1Gbps

下り:1Gbps

上り:1Gbps

下り:1Gbps

無線ルーター プロバイダによって無料レンタル プロバイダによって無料レンタル プロバイダによって無料レンタル プロバイダによって無料レンタル

初期費用について

ドコモ光では契約時に事務手数料として3000円が請求されるほか、家に光回線の設備が整っていない場合は工事代としてマンションで15000円、戸建てで18000円が請求されます。

ただし現在ドコモ光でドコモ光新規工事料無料特典というキャンペーンを行っており、新規で初めて光回線を引く場合は工事費を割引し、事務手数料のみでの契約ができます。

無線ルーターについて

スマートフォンやタブレット等、無線でWiFi接続を行う機器を使用する場合は無線ルーターが必要になります。

ただしこちらもプロバイダによっては無料でレンタルできるサービスがあります。

無線ルーターが必要だけど持っていないという方はプロバイダのキャンペーンを気にしてみると良いでしょう。

おすすめのプロバイダについては、ドコモ光のおすすめプロバイダは?の見出しで解説します。

追加のオプションサービスについて

ドコモ光を使用する際、追加料金を支払うことでオプションが付けられるサービスがありますので、解説していきます。

  • ドコモ光電話 月額500円

これは自宅の固定電話を、ドコモ光回線で使用できるサービスです。

固定電話サービスの中でも非常に低い基本使用料になっているため、固定電話も追加で導入を検討している方におすすめです。

また月額1500円のドコモ光電話バリューというプランもあります。

こちらは発信者番号表示などの付加サービスが付けられたサービスです。詳しくはドコモ光電話の料金プランを参照してください。

  • ドコモ光テレビオプション 月額660円

BS、CS用のアンテナを付けずに光回線でBS、CSが見られるサービスです。

アンテナの設置費用がかからない他、悪天候に強いなどのメリットもあります。

 

※その他のオプションサービスはこちらから見ることができます。

2-2.スマホがドコモなら安い

ドコモ光では携帯キャリアとのセット割を行っており、携帯キャリアのドコモで利用しているプランごとに以下の割引が受けられます。

具体的に表にまとめていきます。

  • ギガホ、ギガライトを契約している場合
料金プラン ドコモ光セット割(割引額)
ギガホ 1000円
 

ギガライト

〜7GB 1000円
〜5GB 1000円
〜3GB 500円
〜1GB

 

  • 「カケホーダイ&パケあえる」を契約している場合
パケットパック ドコモ光セット割(割引額)
ウルトラシェアパック100 3500円
ウルトラシェアパック50 2900円
ウルトラシェアパック30 2500円
 

ベーシックシェアパック

<ステップ4:~30GB> 1800円
<ステップ3:~15GB> 1800円
<ステップ2:~10GB> 1200円
<ステップ1:~5GB> 800円
ウルトラデータLLパック 1600円
ウルトラデータLパック 1400円
 

ベーシックパック

<ステップ4:~20GB> 800円
<ステップ3:~5GB> 800円
<ステップ2:~3GB> 200円
<ステップ1:~1GB> 100円

 

このように、使用しているプランによっては通信費が年間4万円以上も割引される、非常にお得なプランになっています。

2-3.タイプAとタイプBのプランの違いは?

ドコモ光では契約できるプロバイダによってプランが分けられています。

プロバイダとは、インターネットと回線をつなぐためのものです。インターネット通信を利用するためには光回線とプロバイダの両方を契約する必要があります。

ドコモ光では、契約できるプロバイダ別にタイプA、タイプB、単独タイプの3つに分けられています。

プランごとに契約できるプロバイダは

  • タイプA

ドコモNET、plala、GMOとくとくBB、BB.excite、BIGLOBE、DTI、エディオンネット、SYNAPSE、楽天ブロードバンド、TikiTiki、@ネスク、Ic-net、hi-ho、Tigers-net、01光コアラ、SIS、andline

  • タイプB

@T COM、OCN、@nifty、TNC、AsahiNet、ワクワク、@ちゃんぷるネット

となっています。

プロバイダをを独自で契約する単独タイプ

上の2つのプランに加えて、ドコモ光ではプロバイダを利用者が独自で契約する単独タイプも用意されています。

単独タイプの料金は

  • 戸建て:5000円
  • マンション:3800円

です。

これに加えてプロバイダ料金がかかるので、少し割高なプランになります。独自で契約したいプロバイダがある方は、単独タイプの契約がおすすめです。

3.ドコモ光の評判をユーザー100人に直接聞いてみた。

実際にドコモ光を利用しているユーザー100人にアンケートをとりました。
※アンケートはクラウドソーシングサイトのクラウドワークスで募集、アンケートを取ったものになります。

まずドコモ光に満足しているのか、100人に聞いてみました。

満足度(4段階) 人数 割合
大変満足 10人 10%
満足 57人 57%
どちらでもない 28人 28%
不満 5人 5%
大変不満足 0人 0%

このような形になりました。

現状ドコモ光に満足している方は全体の約7割程度で、逆に不満を持っている方は5%でした。

ほとんどの人は満足しているか、満足はいかないまでも不満を感じてはいないようですね。

3-1.ドコモ光の速度の評判

ドコモ光の実際の回線速度がどれだけ出ているのか、計測した100人分のデータを表にしました。

マンションタイプ、戸建てタイプ、両方合わせた3つの表にまとめています。

  • マンションタイプ(合計43人)
回線速度 人数 割合(%)
300Mbps以上 6人 14%
100Mbps以上 8人 19%
50〜100Mbps 17人 40%
20〜50Mbps 8人 19%
10〜20Mbps 0人 0%
5〜10Mbps 0人 0%
1〜5Mbps 1人 2%
1Mbps以下 0人 0%

まずはマンションタイプの通信速度です。

全体的に50Mbps〜300Mbps程度の通信速度でインターネットを利用している人が多いようです。

ちなみにYoutubeでフルHD動画を快適に視聴するのに必要な通信速度が5Mbps程。この速度に関しては全体の98%が上回っているため、基本的なインターネットの利用で苦労することはほとんど無いと考えて良さそうですね。

  • 戸建てタイプ(合計57人)
回線速度 人数 割合(%)
300Mbps以上 6人 11%
100Mbps以上 22人 39%
50〜100Mbps 14人 25%
20〜50Mbps 10人 18%
10〜20Mbps 0人 0%
5〜10Mbps 1人 2%
1〜5Mbps 2人 4%
1Mbps以下 2人 4%

続いては戸建てタイプの通信速度。

こちらは100Mbps以上と高速でインターネット通信を行える人が50%と、マンションタイプの33%に比べてかなり多いことがわかります。

戸建て住宅の場合は一つの回線を1世帯で独占することができるため、マンションに比べて安定して速い速度が出るためこのような結果になったと考えられますね。

なお、YoutubeでフルHD動画を視聴するに耐えうる速度である5Mbps以上出ている人は全体の92%とマンションよりも少ない数値でした。

光回線自体の速度は構造上マンションよりも戸建ての方が速く、安定しているため何とも言えませんが、光回線が混雑しやすい地域に住んでいたり、建物の構造的に無線LANが届きにくいといったことが考えられます。

  • マンション、戸建て両方(合計100人)
回線速度 人数 割合(%)
300Mbps以上 12人 12%
100Mbps以上 30人 30%
50〜100Mbps 31人 31%
20〜50Mbps 18人 18%
10〜20Mbps 0人 0%
5〜10Mbps 1人 1%
1〜5Mbps 3人 3%
1Mbps以下 2人 2%

最後にマンション、戸建て両方を合わせた回線速度です。

合計すると5Mbps以上の通信速度が出ている回線が全体の95%で、一般的な使い方であればほとんどの人が快適な通信を行えるレベルの速度が出ていることがわかります。

さらに100Mbps以上の高速なインターネット通信を行える人が42%と、充分な速度を出している人も多くいるようですね。

 

以上が実際にユーザー100人が測った通信速度でした。ほとんどの人は日常利用に問題ない速度を出しているため、Youtubeの動画が頻繁に止まったり、重たいサイトを表示するのにいつも時間がかかるといったことの無い快適な通信が行えるでしょう。

3-2.ドコモ光の良い評判

こちらではドコモ光を利用していて良かったことをピックアップして紹介していきます。

全体的に回線の速度やドコモの割引に満足している方が多いようでした。

ドコモのスマホなので、セット割が安い
料金の支払いが一緒で分かりやすい
30代 女性
スマートフォンをドコモで契約しており、セット割に満足しているようです。
バラバラになりがちな請求書もまとめて来るので便利ですね。
どこも光テレビも利用していました。50チャンネル以上見れるので大変満足していました。回線速度は早く、動画や画像編集をするのにはうってつけです。
20代 男性
オプションサービスのドコモ光テレビに魅力を感じているようです。回線も快適に利用できているようですね。
・サポートデスクがしっかりしている。困ったことがあれば年中無休、24時間体制で改善してくれた。
・普段速度が遅いなど気にならないくらい速い
20代 女性
こちらの方も回線速度の速さを上げています。また大きな会社ということもあり、サポート体制が整っている点も魅力的ですね。
山間部で利用していましたが、都市部と同様に設置の対応は早かった。
50代 男性
人が少ない場所でもスムーズに対応してもらえたようですね。
このように、回線速度が速い、ドコモの割引が安いといった意見が多かったほか、サポートの充実性や対応の早さ、会社の信頼性などに満足しているという意見も見られました。

大手企業ということもあり、開通後も安心してサービスを利用できるのは嬉しい点ですね。サポート体制や割引に魅了を感じている方はドコモ光がおすすめです。

3-3.ドコモ光の悪い評判

続いてはドコモ光を利用していて良くなかったことを紹介していきます。

特定の時間帯に通信速度が遅くなったり、料金が割高だと感じる人が多く見られました。

時間帯によって通信速度がかなり落ちてしまうことがあったのでそういう時間帯はイライラします。

 

30代 男性

19時を過ぎたあたりから深夜まで回線速度が極端に重くなるところ。
40代 男性
繋がる時と繋がらない時が結構あり、大事な仕事をしている時は困りました。
20代 女性
特定の時間帯、特に夕方から深夜にかけて通信速度が落ちてしまうようです。

利用者が多く回線が混雑する時間帯ではありますが、それでも作業に困るほど速度が落ちたという方もいるようですね。

 

現在、仕事場を変えて自宅仕様にするために、光回線の業者を変えました、サービス自体は満足なのですが、自宅仕様には月額料金が高いです。

60代 女性

 

使用料は正直に言うと高いと感じています。他の会社と比べてしまうのは料金です。

30代 女性

サービスに満足しているものの料金の高さに不満を持ち、業者を変えたようです。

安心感はあるものの、他の光業者と比べて割高だと感じる人もいるようですね。

 

やはり混雑時の通信速度と料金にあまり満足していない人が多いようです。

混雑時の通信速度は仕方がない部分もありますが、割引やサポートはあまりいらないから料金を安くしたいという方にはドコモ光はあまり向かないかもしれませんね。

4.ドコモ光のおすすめプロバイダは?

先程もお話したように、ドコモ光はプランによってプロバイダを選ぶことができます。

ここでは、契約するプロバイダによって何が変わるのか。おすすめのプロバイダはどれかなどをお話していきます。

4-1.プロバイダによって何が違うの

契約するプロバイダによって変わるのは主に

  • 独自のキャッシュバック
  • WiFiルーターレンタルの有無
  • セキュリティサービスの有無
  • 通信速度
  • 月額の料金

です。これらはプロバイダによって大きく変わってくるので、プロバイダ選びはかなり重要になってきます。

独自のキャッシュバック

プロバイダによって一番変わるものがこのキャッシュバックです。

NTTドコモの公式サイトではなく、各プロバイダのサイトからドコモ光を契約することで、実質工事費無料や一定金額のキャッシュバックなど様々な恩恵を受けることができます。

 

WiFiルーターレンタルの有無

ドコモ光で契約できるプロバイダの中には、WiFiルーターを無料でレンタルできるサービスがあります。

スマホやタブレットでインターネットを使う場合はWiFiルーターが必要になりますし、自費で購入すると10000円ほどの費用がかかりますので、WiFiルーターの無料レンタルでプロバイダを選ぶことも一つの方法と言えるでしょう。

 

セキュリティサービスの有無

12ヶ月間など期間は限られているものの、プロバイダの中にはセキュリティサービスを無料で提供してくれる業者もあります。

すでに導入している方でもスマホなどに使えますので、活用するといいでしょう。

 

通信速度

通信速度も利用しているプロバイダによって変わります。

プロバイダによってエリアごとの設備や利用人数などが変わるため使用しているプロバイダによって混雑時の速度などが変わってくるのです。

またプロバイダによっては特殊な技術を使って通信速度を向上させている業者もあります。

代表的なのが「V6 プラス」などと呼ばれるもので、これは従来の回線システムでは通信が混雑する場所をなくすことで快適にインターネットが利用できるようになるというものです。

このようにプロバイダによって通信速度が変わることがあるため、こういった点も着目してみると良いでしょう。

月額料金

先程もお伝えしましたが、ドコモはタイプA、タイプB、単独タイプの3つのプランがあり、それぞれ契約できるプランが変わってきます。

月額料金が高いタイプBだから良いプロバイダが多いというわけでは無いため、基本的には月額料金の高いタイプBが良いでしょう。

単独タイプは別途プロバイダ契約料がかかってしまうので、あまりおすすめしません。

4-2.一番のおすすめプロバイダは「GMOとくとくBB」

参照:GMOとくとくBB

ドコモ光で契約できるプロバイダのうち、最もおすすめなのが「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBBはGMOインターネットが運営しているプロバイダ。ドコモのプランAで契約できるため、安く利用することができます。

そしておすすめできる一番の理由は豊富なサービスにあります。

最高クラスのキャッシュバックや高性能ルーターの貸し出し、V6プラスへの対応など、他のプロバイダと比べてもサービスの内容が群を抜いて良く、正直ドコモ光で契約するべきはGMOとくとくBB一択と言って差し支えないレベルでしょう。

それでは具体的なサービスについて解説します。

計20000円分のキャッシュバック

GMOとくとくBBの公式サイトからドコモ光を契約することで、20000円のキャッシュバックを受けることができます。

これは他のプロバイダと比べても最高水準のキャッシュバックとなっているため、非常にお得ですね。

注:20000円のキャッシュバックには独自サービスを一定期間契約するなどの条件があります。

高性能無線LANルーターを無料でレンタル

無線LANルーターのレンタルは多くのプロバイダで行っていますが、GMOとくとくBBの特徴は高性能の無線LANルーターがレンタルできるところにあります。

GMOとくとくBBでレンタルできる無線LANルーターの「Aterm WG1900HP2」は最大通信速度が1733Mbpsと他のプロバイダでレンタルできる無線LANルーターに比べて群を抜いて速いことが特徴。

V6プラスにも対応しているため、通信速度ではGMOとくとくBBが1番と言えるでしょう。

 

このように通信速度が他のプロバイダと比べても速く、サービスも最高クラスとなっています。

「多すぎでどのプロバイダと契約すればわからない」「通信速度の速いプロバイダが良い」

といった方は「GMOとくとくBB」を契約すれば間違いないでしょう。

4-3.キャッシュバックで選ぶなら「@nifty

参照:@nifty

キャッシュバックで選ぶなら「@nifty」がおすすめです。

@niftyのキャッシュバック額はドコモ光プロバイダでは最高水準の20000円。これだけではGMOとくとくBBと同じですが、@niftyの場合はキャッシュバックを受け取るための条件がありません。

GMOとくとくBBでは20000円のキャッシュバックを受け取るために独自のオプションサービスに加入する必要がありますが、@niftyではそのまま受け取ることができるため、2020年1月時点で実質一番のキャッシュバック額となっています。

さらにV6プラスに対応、無料で無線LANルーターのレンタル、1年間のセキュリティサービスなどサービスも充実。

タイプBのため月々負担額が多少高くなってしまうのが難点ですが、充実したサービスと高いキャッシュバックを受け取りたい場合は@niftyがおすすめです。

4-4.セキュリティサービスで選ぶなら「ic-net」

参照:ic-net

セキュリティサービスで選ぶなら「ic-net」がおすすめです。

ic-netの特徴は、契約期間中はずっとセキュリティサービスが使えるということ。

パソコンだけでなく、AndroidやiOSにも使用できるため、安全に端末を使用することができます。

こちらもV6プラスに対応、無料で無線LANルーターのレンタルなどサービスも充実しており、高い通信速度で安心して使用することができます。

キャッシュバックはつかないものの、お使いの端末を安全に利用したいという方におすすめです。

5.ドコモ光の契約から開通まで状況別に解説

ドコモ光を無事申し込みが完了すれば、あとは工事の立会いが必要になってきます。

ドコモ光の契約後〜開通までの流れを説明していきます。

新規契約や乗り換えなどによって工事の内容た流れなど違ってくるので状況別に解説していきます。

5-1.ドコモ光を新規契約する場合

ドコモ光を新規契約する場合、大まかな順序はこのようになります。

ドコモ光 新規契約の手順

1,Webで申し込み

2,電話連絡

3,工事日の調整

4,開通工事

5,利用可能

1,Webで申し込み

申し込みの方法は窓口などもありますが、キャッシュバックなど、特典を考えるとWebでの申込みがおすすめです。

最もおすすめのプロバイダであるGMOとくとくBBのキャンペーンページはこちらです。

なお、申込みは「住所」「電話番号」「名前」で行うことができます。

その他に連絡希望日時を入力する必要がありますので、都合のつく日時を入力しましょう。

2,電話連絡

GMOとくとくBBで申し込んだ場合、申込みページで入力した日時に電話がかかってきます。

ここで細かい契約内容やキャッシュバック等のキャンペーンについて確認します。

また疑問点などがあれば、ここで解決しておくと良いでしょう。

3,工事日の調整

新規でNTTの回線を引く場合、回線工事が必要になります。

どこの窓口でドコモ光の申込みをしても、基本的に「ドコモ光サービスセンター」へ連絡し工事の予約を取る必要があります。

ドコモ光サービスセンター

電話番号:0120-766-156

ドコモケータイから:15715

受付日時:10:00〜20:00 年中無休

なお、電話連絡から実際に工事が始まるまでの目安は約2週間ほどです。

ただし2月〜4月の引っ越しが多くなるシーズンは混み合いますので、できる丈早めに連絡をしたほうが良いでしょう。

4,開通工事

実際に工事を行う際は、立ち会いが必要になります。

もし留守にすると工事の日が伸びてしまい回線を使用できるのが遅くなってしまうので、必ず在宅できる日を予約し、指定された時間に在宅するようにしましょう。

また新規で工事を行う場合は、この工事が終了して初めて契約が結ばれたとみなされます。

工事前に何らかの理由でキャンセルを行うことができますし、どうしても家に回線を引き込めなくてキャンセルになることもあります。

WiFiルーターの申し込みについて
GMOとくとくBBで回線を申し込んだ場合、WiFiルーターレンタルはの申し込みは光回線の契約とは別に行う必要があります。
発送するタイミングによって申し込み方法が変わりますので、詳しくはWi-Fiルーターレンタルサービスのお手続きについてを確認してください。

5,利用可能

新規でドコモ光を申し込む場合、ここまでの手続きで、実際に回線が利用可能になります。

 

5-2.フレッツ光からドコモ光に転用する場合

参照:フレッツ光

フレッツ光からドコモ光に転用する場合、手続きの順序はこのようになります。

ドコモ光 フレッツ光から転用の手順

1,Webで申し込み

2,転用承諾番号の準備

3,電話連絡

4,利用可能

フレッツ光から転用の場合、フレッツ光の回線をそのまま利用できるので工事の必要がありませんが、そのための手続きを行う必要があります。

転用承諾番号の準備

フレッツ光からドコモ光に乗り換えた際に必要な手順について解説していきます。

まず転用承諾番号を取得するために、以下の4つの情報を用意してください。

  1. フレッツ光のお客様ID、ひかり電話番号、連絡先電話番号のいずれか一つ
  2. フレッツ光の契約者名
  3. フレッツ光の利用場所住所
  4. フレッツ光料金の支払方法

上記の4つの情報を手元に用意したら、NTT東日本またはNTT西日本から転用承諾番号を取得します。

転用承諾番号の取得方法

転用承諾番号はNTT東日本またはNTT西日本から電話、もしくはWebで取得することができます。

  • NTT東日本の場合

Webで取得する:こちらのサイトから申し込み。受付7:0025:00(年中無休)

電話で取得する:0120-140-202へ連絡。受付9:0017:00(年中無休)

  • NTT西日本の場合

Webで取得する:こちらのサイトから申し込み。受付8:3022:00(年中無休)

電話で取得する:0120-553-104へ連絡。受付9:0017:00(年中無休)

これで転用承諾番号の準備は完了です。

プロバイダ、オプションサービスの引き継ぎについて

フレッツ光を利用している際に契約中のプロバイダ、オプションサービスの中で、ドコモ光でも対応しているものはそのまま引き継いで利用することができます。

なお、ドコモ光を契約する際に利用中のプロバイダが対応していなかったり、プロバイダを変更したい場合は

  • 現在契約しているプロバイダを解約し、プロバイダがセットになった「タイプA」または「タイプB」を契約する。

この手続きを行うことでドコモ光を利用することができます。

オプションサービスの引き継ぎについて

現在NTT東日本/NTT西日本でご利用しているひかり電話とフレッツ・テレビの契約内容は、「ドコモ光電話」「ドコモ光テレビオプション」へ引き継ぐことができます。

詳しくは「ドコモ光電話」「ドコモ光テレビオプション」を参照してください。

5-3.コラボ光からドコモ光に乗り換える場合

2020年1月から、フレッツ光以外のNTT回線を使用した光コラボレーション事業者からの乗り換えが工事不要で行えることになりました。

基本的な手続きはフレッツ光からドコモ光に転用する場合と同じですが、光コラボレーション事業者からの乗り換えの場合は「事業者変更承諾番号」と呼ばれる、フレッツ光における転用承諾番号のような番号が必要です。

事業者変更承諾番号の取得に関しての連絡は各業者により異なります。詳しくはこちらをご覧ください。

5-4.契約時の注意点

ドコモ光の契約時に注意してもらいたいこととして、ドコモ光をどこで契約するか、ということが挙げられます。

ドコモ光の申込方法として、以下の手段があります。

申込先 特徴 キャンペーンの充実度
プロバイダ 電話や公式HPからの契約が主。

各社独自のキャンペーンを展開しており、ユーザーへの還元度が高い。

多額のキャッシュバック、無料WiFiルーターのレンタル、セキュリティソフトなど豊富。

非常におすすめ。

ドコモ光公式HP プロバイダ独自のキャンペーンが無いため、インターネットからの契約の中では還元率は低い。 dポイント20000pt還元、工事費無料など。

ただし、これらはプロバイダからの申込みでも適用されるためプロバイダからのほうがお得。

実店舗のドコモショップ 店員と直接会話ができるため疑問点は解決しやすい、ただしインターネットでの契約に比べると還元率は低い 店舗により異なる
価格.com 高額キャッシュバックが多い。

月額の割引など、魅力的なキャンペーンも多いが総合的に見るとあまり還元率は良くない。

現金20088円キャッシュバックなど。

 

訪問販売・電話などの営業 人件費やマージンなどの費用が多くかかるため代理店にも夜が還元率は良くない。

トラブルも多いためおすすめしない。

代理店により異なる。

 

 

様々な申込みの手段がありますが、この中で最もお得なのがプロバイダからの申込みです。

「ドコモ光のおすすめプロバイダは?」の見出しでもお話した通り、プロバイダの公式サイトからドコモ光を申し込みすることで様々なキャンペーンを受けられます。

ドコモ光の契約はプロバイダから行うことをおすすめします。

6.光回線を契約をする際に覚えといた方がいいこと

ここでは、光回線を契約する際に、注意しておいたほうが良いことについていくつか解説します。

6-1.初期契約解除制度

初期契約解除制度とは、利用開始から8日以内であれば、契約を違約金なしで解除できる制度です。

  • WiMAXなどのモバイル回線インターネット
  • ドコモ等の携帯電話のキャリア
  • 光回線

等の通信サービスに適用されます。

誤って契約を結んでしまった消費者を守る「クーリングオフ」のような制度と捉えるといいでしょう。

ドコモ光の場合

ドコモ光は光回線なので、この制度が適応されます。

対象となるのは

  • 「ドコモ光」の新規契約
  • プラン変更
  • タイプA対応プロバイダである「ドコモnet」の申し込み

です。

ただし、プロバイダがセットになったプランを契約した場合、ドコモ光の契約を解除してもプロバイダからの月額が発生したり、解約金を請求される場合があります。

契約したプロバイダによって異なるので、各プロバイダの注意事項を確認してください。確認はこちらのページから行えます。

またドコモ光では初期契約解除に関しての連絡先、書面送付先が定められています。

詳細は「初期契約解除」のページをご覧ください。

6-2.キャンペーンの条件をチェック

参照:@nifty

ドコモ光の契約時にキャンペーンを受ける際、いくつか注意することがあるので解説していきます。

契約したあとに公開しないためにも、しっかりと確認しておくと良いでしょう。

キャッシュバック費用だけで比較すると合計で損することも

「〇〇万円キャッシュバック」、「月々の料金を2年間〇〇円割引」など、魅力的な案内を広告や営業の電話などで受けることがあります。

ただし、やけに大きな金額のキャッシュバックや月額料金の割引はキャッシュバックの条件が複雑でお得ではなかったり、2年目以降に料金が跳ね上がるなど合計では得しないどころか損する場合が多いので注意が必要です。

ドコモ公式サイトやプロバイダの公式HPからの申し込みは基本的に大丈夫ですが、その他の代理店では一見お得なキャンペーンを謳って高額なオプションを取り付ける等の場合もあるので注意しましょう。

キャッシュバックは申請しないと受け取れないことがほとんど

各プロバイダが行っているキャッシュバックはこちらから請求しないと受け取れないことがほとんどです。

多くの場合はキャッシュバックを受け取れる期間が定められており、その期間をすぎると受け取ることができないので忘れずに申請をするようにしましょう。

解約する際はキャッシュバックの期間を考えるとお得に

先ほど説明しようにキャッシュバックは契約してから一定期間が経過したあとに受け取ることができます。

そのため、何らかの理由で回線を解約することになっても、時期によってはキャッシュバックを待って解約したほうがお得になるため、その場合はしっかりとキャッシュバックを受け取ってから解約したほうがお得になります。

契約からネットを利用できるまで10日間〜1ヶ月前後かかる

新規でドコモ光を契約した場合、フレッツ光の工事をしたことがない住居であれば、光回線を開通させるための工事が必要になります。

そのため申込みから実際に工事が開始されるまでの期間はインターネットが利用できないので、注意が必要です。

基本的には申し込んでから10日〜1ヶ月ほどで工事が開始されますが、2月〜4月の引っ越しシーズンは光回線の契約も多くなるため工事までの期間が長くなります。

引っ越してすぐにインターネットを利用したいという場合は、なるべく早くインターネットを申し込むようにしましょう。

7.ドコモ光のよくある疑問点

最後に、ドコモ光のよくある疑問点について解説していきます。

ドコモ光の申し込み前、申し込み後、開通後に出てくる疑問点を前もって紹介します。

前もって覚えとくことで、どう対応すればいいか?どこに問い合わせすればいいか?などスムーズに解決できると思います。

7-1.ドコモ光と携帯セット割で結局いくら安くなる?

参照:コラボ光

ドコモ光の携帯セット割はプランによって変わるので、自分の契約しているプランと照らし合わせて見るといいでしょう。

  • ギガホ、ギガライトを契約している場合
料金プラン ドコモ光セット割(割引額)
ギガホ 1000円
ギガライト 〜7GB 1000円
〜5GB 1000円
〜3GB 500円
〜1GB
    • 「カケホーダイ&パケあえる」を契約している場合
    パケットパック ドコモ光セット割(割引額)
    ウルトラシェアパック100 3500円
    ウルトラシェアパック50 2900円
    ウルトラシェアパック30 2500円
    ベーシックシェアパック <ステップ4:~30GB> 1800円
    <ステップ3:~15GB> 1800円
    <ステップ2:~10GB> 1200円
    <ステップ1:~5GB> 800円
    ウルトラデータLLパック 1600円
    ウルトラデータLパック 1400円
    ベーシックパック <ステップ4:~20GB> 800円
    <ステップ3:~5GB> 800円
    <ステップ2:~3GB> 200円
    <ステップ1:~1GB> 100円

    用承

    例えばギガライトの7GBプランを契約している場合、ドコモ光のマンションプラン タイプAを使用していると

    ドコモ光の月額料金4000円ー携帯セット割1000円=3000円(割引後月額料金)となります。

    またこの割引は家族全員に適用されるので、例えば家族4人がギガライトの7GBプランを契約している場合、

    ドコモ光の月額料金4000円ー携帯セット割1000円×4人=0円(割引後月額料金)と実質無料でドコモ光を利用することができます。

    7-2.契約期間は?

    ドコモ光の契約期間は2年間のプランと、契約期間が無いプランがあります。

    それぞれの料金は

    住居タイプ(タイプAの場合) マンション 戸建て
    2年契約 4000円 5200円
    契約期間なし 5000円 6700円

    となっています。

    解約金のことを考えても2年契約の方が割安なため、2年契約のプランがおすすめです。

    7-3.違約金は?

    ドコモ光の違約金は以下のようになります。

    マンション 戸建て
    8000円 13000円

    ドコモ光の契約期間は2年間なので、2年以内に解約した場合は上記の違約金が取られてしまいます。

    更新月に注意

    ドコモ光は2年以上経過したらいつでも違約金なしで解約ができる、というシステムではありません。

    ドコモ光の契約は2年が経過した時点で自動更新されます。

    しかし、これだといつ解約しても違約金を支払う必要が出てくることになりますね。

    そこで、ドコモ光では自動更新された1ヶ月目と2ヶ月目を更新月に設定し、更新月に解約すれば違約金なしで解約ができる、というシステムを取っています。

    そのため違約金を払わずに解約したい場合は、自動更新された1ヶ月目と2ヶ月目の更新月に解約するようにしましょう。

    7-4.工事後に設定は必要?

    ドコモ光などの光回線は、工事後に設定を行うことで光回線が利用できるようになります。

    ここでは光回線の接続方法を簡単に解説していきます。

    無線ルーターを利用しない接続方法

    無線ルーターを使用せず、LANケーブルで直接パソコンに接続する場合、必要なものは以下の通りです。

    • パソコン
    • LANケーブル1本
    • プロバイダ提供の「ユーザーID」「パスワード」

    最初にONU(ドコモ光等の光回線を契約したときに貸し出される機器)とパソコン本体をLANケーブルで接続します。

    接続が完了したら、以下の手順でセットアップを行います。

    1. 「設定」から「ネットワークとインターネット」をクリック
    2. 「新しい接続を設定する」→「インターネットに接続します」をクリック 
    3. ブロードバンド(PPPoE)を選ぶ
    4. プロバイダの情報欄に、プロバイダの「ユーザーID」「パスワード」を入力、接続名を入力し「接続」をクリックする
    5. 接続完了

    無線ルーターを使用し複数の機器に接続する場合

    無線ルーターを使用し複数の端末でインターネットを利用したり、WiFiを利用したりする場合、必要なものは以下の通りです。

    • ONUと無線ルーター
    • パソコンまたはスマートフォン、タブレットなど
    • LANケーブル2本
    • プロバイダ提供の「ユーザーID」「パスワード」
    パソコンでセットアップ

    パソコンでセットアップを行う場合、ONU、ルーター、パソコンをLANケーブルで接続します。

    接続が完了したら、以下の手順でセットアップを行います。

    1. パソコンのブラウザを開く
    2. アドレスバーにルーターのセットアップ画面アドレスを入力
    3. ログイン画面が表示されたら、ルーターの設定用ユーザー名とパスワードでログイン
    4. プロバイダ提供の「ユーザーID」と「パスワード」を入力し、接続
    5. 接続完了
    スマートフォンやタブレットでセットアップ

    スマートフォンやタブレットなどでセットアップを行う場合も、接続の手順はパソコンと同じです。

    ただしスマートフォンやタブレットはLANケーブルを差すことができないため、無線LANの設定を行う必要があります。

    設定の手順は

    1. ルーターに記載されているSSIDを確認
    2. スマートフォンのWIFi設定で1の情報を入力

    です。

    うまく設定できないときは

    インターネットの設定がうまく行えないときは、電話サポートや訪問サポートが無料になるドコモ光の「ネットトータルサポート」がおすすめです。

    利用料は通常月額500円ですが、申し込みから31日間は無料で利用でき、解約の条件などもないため、設定がうまく行かないときは試してみると良いでしょう。

    7-5.プロバイダの変更はできる?

    ドコモ光は契約中でもプロバイダの変更が可能です。

    「ドコモショップに足を運ぶ」又は「ドコモインフォメーションセンターへ電話する」の2つの方法でプロバイダの変更を行うことができます。

    • ドコモインフォメーションセンター:0120−800−000 受付:午前9時〜午後8時

    また詳しい注意事項などについては、ドコモのプロバイダ変更を参照してください。

    プロバイダ変更の注意点1 事務手数料が発生する

    プロバイダ変更で注意することとして、事務手数料が発生することが挙げられます。
    手続き 事務手数料
    同一タイプ内(タイプA/B)でのプロバイダ変更 3000円
    タイプA対応プロバイダからタイプB対応プロバイダへの変更

    またはタイプB対応プロバイダからタイプA対応プロバイダへの変更

    注:料金プランが変更になります。

    3000円
    タイプA/タイプB対応プロバイダの廃止

    注:料金プランがタイプA/タイプBから単独プランに変更となります。
    3000円
    以上の手続きを行った場合、事務手数料として3000円が請求されるので注意してください。

    プロバイダ変更の注意点2 以前のプロバイダから違約金が発生する場合がある

    基本的にはドコモ光でプロバイダを変更した場合、請求される金額は事務手数料の3000円のみです。

    しかし、プロバイダによっては短期の解約で違約金が発生する場合もあるため、プロバイダを変更する場合は違約金について確認しておくと良いでしょう。

    7-6.解約方法は?

    ドコモ光の解約は「ドコモショップに足を運ぶ」又は「ドコモインフォメーションセンターへ電話する」の2つの方法で行うことができます。

    • ドコモインフォメーションセンター:0120−800−000 受付:午前9時〜午後8時

    また、解約時にかかる費用は以下の通りです。

    • ドコモ光の解約金
    • 分割工事費の残債分
    • 解約月の月額料金

    ドコモ光の解約の流れ

    ドコモ光の解約は以下の流れに沿って行われます。

    1. 必要なものを事前に確認
    2. ドコモの窓口へ解約の連絡
    3. 撤去工事およびレンタル機器の返却
    必要なものを事前に確認

      ドコモ光の解約時に必要なものは以下の通りです。

      • ドコモの携帯電話を利用している場合:ネットワーク暗証番号などの契約情報
      • ドコモの携帯電話を利用していない場合:契約ID
      ドコモの窓口へ解約の連絡

      次にドコモの窓口へ解約の連絡を行います。

      ドコモショップまたはドコモインフォメーションセンターで解約の手続きができるので、どちらかの方法で手続きを行ってください。

      • ドコモインフォメーションセンター:0120−800−000 受付:午前9時〜午後8時

      なお、プロバイダを単独タイプで別途契約している場合、プロバイダへの連絡も必要になるため、注意してしてください。

      撤去工事及びレンタル機器の返却

      最後に撤去工事とレンタル機器の返却を行います。

      撤去工事については賃貸などで工事が必要な場合のみ行いますが、レンタル機器の返却は必須です。

      撤去工事を行わない場合、返却用の箱が自宅に届きますので、返却物を入れて所定の場所へ郵送してください。

      以上で解約の手続きは終了です。

      7-7.状況別問い合わせ先一覧

      ドコモ光でなにか困ったことがあったときに、問い合わせたい受付を状況別にまとめました。

      内容 窓口 電話番号 受付時間
      ・申し込み
      ・契約内容の照会
      ・機器の接続設定
      ・解約
      ・その他不明点 (光テレビ・光電話など)
      ドコモインフォメーションセンター 0120−800−000

      ドコモ携帯から:151

      9〜20時
      工事に関する問い合わせ ドコモ光サービスセンター 0120−766−156

      ドコモ携帯から:15715

      9〜21時
      故障に関する問い合わせ ドコモ113センター 0120-800-000

      ドコモ携帯から:113

      24時間
      機器の設定サポート ネットトータルサポートセンター (オプションサービス) 0120-825-360 9〜20時
      プロバイダに関する問い合わせ 各プロバイダの問い合わせ窓口 下記参照 下記参照

      とりあえず困ったとき ドコモインフォメーションセンター

      ドコモ光を利用していてなにかわからないことがあった場合は、とりあえずドコモインフォメーションセンターに連絡してみると良いでしょう。

      申込みや契約内容の確認、解約などのよくある内容の受付を行っている他、どこの窓口に相談すれば良いかも教えてくれます。

      ドコモインフォメーションセンター
      • 電話番号:0120-800-000
      • ドコモ携帯から:151
      • 受付時間:9:00~20:00(年中無休)

      工事に関する問い合わせ ドコモ光サービスセンター

      ドコモ光の工事の日程や工事日の変更に関しての問い合わせは、ドコモ光サービスセンターでおこなうことができます。

      工事前のキャンセルにも対応しているので、申込みから工事までになにかあった場合はこちらに問い合わせるといいでしょう。

      ドコモ光サービスセンター
      • 電話番号:0120-766-156
      • ドコモ携帯から:15715
      • 受付時間:9:00~21:00(年中無休)

      機器の故障など技術的な問い合わせ ドコモ113センター

      ドコモ光の機器が壊れた、ドコモ光が繋がらない等の故障と思われることがあった場合はドコモ113センターに連絡してください。

      不具合別の対処の仕方や障害の発生状況など、技術的なことを教えてくれます。

      また、機器の修理が必要になった場合はそのまま電話で修理の申し込みをすることも可能です。(ただし9:00〜18:00以外の時間帯は折返しの電話になります)

      ドコモ113センター
      • 電話番号:0120-800-000
      • ドコモ携帯から:113
      • 受付時間:365日24時間受付

      機器の設定方法に関してのお問い合わせ ネットトータルサポートセンター (オプションサービス)

      ドコモ光の機器についての設定でわからないことがある場合には、有料のネットトータルサービスがおすすめです。

      月額料金は500円ですが、最初の31日は無料のため初期設定等の問い合わせであれば期間内であればむりょうで行うことができます。

      さらに電話のサポートに加え、自宅に訪問してくれるサービスもあるので、機器の設定に不安がある方はこのサービスを使ってみると良いでしょう。

      ネットトータルサポートセンター
      • 電話番号:0120-825-360
      • 受付時間:9:00~20:00(年中無休)

      プロバイダに関してのお問い合わせは各プロバイダのサポートへ

      プロバイダに関してのお問い合わせはドコモのサポートセンターでは無く、各プロバイダの窓口に問い合わせる必要があります。

      そこで各プロバイダの相談窓口を表にしたので、参照してください。

      プロバイダ名 電話番号 受付時間
      ドコモnet 0120-800-000
      (ドコモ インフォメーションセンター)
      9:00~20:00
      OCN 0120-506-506 10:00~19:00
      BIGLOBE 0120-86-0962 9:00~18:00
      ぷらら 009192-33 10:00~19:00
      GMOとくとくBB 0570-045-109 10:00~19:00
      So-net 0120-80-7761 9:00~18:00
      @nifty 0570-03-2210 10:00~19:00
      DTI (186)-0120-719-020 10:00~19:00

      まとめ

      今回はドコモ光の評判や開通するまでの手順、契約の際に注意すべきことなどについて詳しくお話してきました。

      使っている人の満足度も非常に高く、特にドコモの携帯電話を利用している方は料金が割引になりますので新しく回線を契約したい、今の回線に不満があるといった方は検討してみてはいかがでしょうか。